渾然誘拐狂騒曲
見出し画像

渾然誘拐狂騒曲

 モーニングコーヒーを飲みつつキューバ葉巻ロメオ・イ・フリエタを燻らせていると、事務所に依頼人がやってきた。
 黒いキートンのスーツを着た若い男。名刺には大層な肩書き。

「殺しの依頼を」
「事情を聞きましょう」
「ゴロツキが10人ばかし、娘を誘拐した」
「そいつらを殺せと?」
「いや、殺してほしいのは娘の方だ。……私には婚約者がいてね。お互いにこれが初婚となる」

 私は顎髭を撫でて溜息をつき、そばの壁掛け棚に触れた。
 棚の下半分が展開し、拳銃とナイフを納めた隠し収納が現れる。

「つまり、あれかね。あなたは非嫡の娘を殺してゴロツキに罪を押し付け、自分は素知らぬ顔で婚約者との結婚を進めようと?」
「その通り。式は来週だ、それまでに頼む」

 男は小切手をテーブルに置いた。金額欄は白紙。

「好きな額を書きたまえ。それが報酬だ」

 私はもう一度溜め息をつき、小切手を受け取った。

 ◇

「――というわけなんだがね」

 その日の昼前、放棄された埃っぽい廃ビル。
 私は正面からそこに乗り込み、『誘拐犯』と顔を合わせていた。

「ロクでもねぇオヤジだな」
「許せねぇッ! あのクソ野郎ッ!」

 顔に入れ墨を入れた男たちの横で、金髪を逆立てたパンク風の女が叫ぶ。
 彼女が依頼人の娘で、入れ墨男らはその悪い仲間といったところ。
 案の定、実情は依頼主の説明とはだいぶ食い違っているようだった。

「さて、諸君。聞いてくれたまえ」

 私は帽子を脱ぎ、その場に座った。

「第一に、我々は利害を共有している。お嬢さん、お父上は君を殺す気だ。バッドボーイ諸君、君たちはその罪を被せられて、やはり殺されるだろう。かくいう私はプライドと信用の危機だ。殺し屋といっても、金さえ積めばどんな汚れ仕事もする奴だとは思われたくない」
「なるほど」
「そこで提案だ」

 私は続けた。

「来週の結婚式の前に、我々で彼を誘拐しよう。彼には身代金として、己の不実の代償を支払ってもらう」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
海雀撃鳥

おひねりはこちらです 本とか買います

◇キャバァーン◇
文を書くのが好きです