見出し画像

サービスデザインクエスト#4回 振り返り -旅行の準備をする体験を考える-

こんにちは、サビクエの川崎です。

先日4/18(木)にサービスデザインクエスト#4を開催しました。忙しい中足を運んでいただいた皆様本当にありがとうございます。今回も当日の様子を振り返り、まとめたいと思います。

※最後に、今回のワークショップで使ったスライドとワークシートがダウンロードできるコーナーがあります。

どんなイベント?

サービスデザインクエストは「デザインのナレッジを、あらゆる職種の実務に織り込む」をテーマにした活動です。

その中で今回の「Quest」シリーズでは、サービスデザインの実践の場として、幅広い層の方に参加いただけるワークショップを提供しています。(ちなみにCampは対話をメインに手法やアプローチなどを伝えていく場として展開しています。)

テーマ

今回のお題は、「旅行の準備をする体験」です。

主催者としての目的は、皆さんに「限られた時間の中でアイディアを作り上げる」ことの難しさやもどかしさも含め、楽しさや頭と体の使い方を体感していただくことでした。

ワークの流れ

ワークは4人1テーブルのグループワーク!

実際にあったターゲットの状況をベースに、問題・価値・解決策を発見、設定していくという内容でした。

最終的にはプレゼンテーションで、ターゲットに解決策を提案します。

ターゲット像をしっかり読み込む

ワークの基礎となったのは、運営が用意した「村人A」というターゲット像です。

ワークショップの内容にリアリティを持たせるために、実在する人の状況を書き連ね、「村人A」としてターゲット像を作り上げました。

ワークの前半でしっかり読み込んでいただき…それにしても矛盾点の多い優柔不断な村人ですね。

会場からも「ダメなやつ〜」というコメントがちらほら・・・

ワーク中の様子

ワークの様子を撮ったので、何枚か貼ります。

最初は余裕がなかったのか、真剣・なかなか表情が硬い方もいらしたのですが徐々にほぐれてきた様子。(ほっ)

ワークシート

今回は2枚のワークシートを用意しました。

1枚目は、簡易的に問題・価値・解決策を書くシートです。

2枚目は作ったアイディアのなかで、不確かなことは何か、それを確認するには何をすればいいか?という検証に向けた計画を書き出すシートです。

検証計画まで書くことで、次のアクションに繋がりやすくなるので、ハードですが書けるグループには書いてもらいました。

プレゼンテーションの様子

ワークを終了し、最後はいよいよ村人Aにプレゼンテーションです。

実は村人Aは・・・じゃん!

はい、私でした。

「お前か〜い!!」というどよめきとともに、プレゼンスタートです。

しっかり目を合わせてプレゼン!私の反応を見ながら話してくれているのがわかったので、安心して聞くことができたのもあり、没入感が高く、内容がより明確に伝わってきました。

この卓は、私のインサイト丸裸に暴かれて聞き応えがすごかったです・・・(汗)

アイディアはどれも素晴らしく、実現して欲しいものばかりでした。驚いたのはシート1枚渡しただけで、ターゲットである私の気持ちを深く読み解いていたことです。

短い時間で斬新、かつ具体的、これまで見落としていた問題をすくい上げるようなサービスのタネがたくさん生まれました。

印象的だったアイディア

①目的や条件に応じて旅行の意思決定を、LINEやSlackなどのコミュニケーションツールでファシリテーションしてくれるBot。

ワーク中、自らジャーニーマップまで作られており、サービスの形や仕組みが具体的にイメージできるほどでした。

②村人Aの予定を埋めるスロットサービス

こちらは、村人Aこと私が「実は旅行に行きたいのではなくて、予定を埋めたいだけなんじゃないか」という、旅行に行く前提を覆したアイディアです。

このチームは途中までは通常通りワークをしていたのですが、村人Aはリフレッシュするために旅行に行くのに、決めることが辛い状態に陥っている。その矛盾が引っかかったそうです。

そこで全部ひっくり返して、もう一度村人Aのことをプロファイリングし直し、結果「旅に行かなくても予定が埋まればこの人は満足するから、予定を決めるスロットがあれば良いのでは」というなんとも大胆なアイディアです。

これはかなり痛いところを突かれた!いや、その通りだ。これ作ってください!

などなど、この他のアイディアも、出来が良すぎて全て紹介をしきれないのですが、たった2時間半で見事なものばかりでした。

アンケート結果


今回のイベントのアンケート結果です。(各5段階評価)

・今日のサービスデザインクエストは楽しめましたか?:4.8

・難易度はどうでしたか?:3.6

・期待していたような内容でしたか?:4.6

・また参加したいと思いますか?:4.7

全体的に高評価をいただけたみたいで一安心です。ヽ(*´ω`)ノ゙ ワッチョーィ♪

とはいえ難易度に物足りなさを覚えた方もいた様子・・・ヒアリングをしてみて検討してみたいと思います。

最後に

参加いただいた皆様、忙しい中足を運んでいただき本当にありがとうございました。

アンケートでいただいた難易度の他、ファシリテーションや運営についてスムーズにいくような改善も施す余地があるので、今後アップデートしていきたいと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

次回は6月開催を予定しております。

興味のある方、リクエストがある方、気軽にコメントください。


スライドのシェア

当日のスライドは、こちらからダウンロードをお願いします。



サービスデザインクエスト代表 川崎




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
「デザイナーじゃない人がデザインを実務で使えるように」をコンセプトとしたプロジェクトです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。