見出し画像

【0453】農家の人手不足問題解消の技術

農機のクボタとGPUのエヌビディアがこんな取組をはじめたそうです。

AIに使われるGPU、普通の車の自動運転のための提携は多かったものの、農機でも取組が進みそうです。

農作物という大事な資産を傷つけないようにではありますが、対人での事故よりはマシだろうし、畑はある程度区画や環境が整備されていると考えると、色んな試行が早く進み、こっちのほうが早く社会実装される可能性もありえますね。高そうとか、扱える人材不足とか、農家との相性みたいな話は課題としてありそうだけど。

AIまわりだけでなく、天候やその他周辺情報との連携も必要になるので、ネットワーク関係も農地に拡充されていくかもしれませんね。

これ、ドローンと同じく目視環境じゃなきゃダメで遠隔操作しちゃいけないとか法律はあるのかな?無さそうであれば、農業の仕方自体が変わっちゃえるイノベーションですね。

かっちょいい農機だけど、なんで未来像ってこう、メタリックなんでしょうねw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうござます!持続可能なペースで続けていきます!
9
広告会社でコミュニケーションプランナー&事業開発ディレクターとして従事。SDGs起点の事業支援/ワークショップデザイン&ファシリテーションに携わる中、「毎日SDGsに触れてみたら何が起こるか」にチャレンジする様子を投稿していくことにしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。