見出し画像

リマーケティングの特徴と注意点【19歳Webマーケターが解説】

こんにちは!19歳Webマーケターの佐藤と申します。

本日はWeb広告の「リマーケティング」について解説していきます。

聞いたことはあるけど、具体的にどんな広告なのか知らないという方も多いでしょう。

リマーケティングは知っておいて損はない広告です。

なぜなら最適な設定の仕方を覚えてしまえば、CVを獲得しやすくなるから。

19歳でWebマーケターになった僕が、リマーケティングの設定方法をお教えします。

2分くらいでザックリ読める記事になっているので、最後までじっくり読み込んでください。

リマーケティングとは

一度サイトを訪れた人などに再度広告を表示するという手法。

Amazonを見た後にAmazonの広告が出てきたことありませんか?

それがまさにリマーケティング広告です。

少しずつ広告を見せて、購買の潜在意識を高める役割があります。

同じ広告が何度も表示されると、さすがにウザいですけどね。

フリークエンシーとは

フリークエンシーとは、Web広告と特定ユーザーの接触頻度のことです。

1日あたり何回広告を表示するか設定することでフリークエンシーを変えられます。

どんなユーザーに向けて広告を配信するのかで、フリークエンシーを変えるのがポイント。

トップページで離脱した人と詳細ページで離脱した人では、購買意欲に差がありますよね。

こういった購買意欲の差によって、接触頻度は変えたほうがいいですよ。

リーセンシーとは

リーセンシーとは、WEB広告と特定ユーザーの接触間隔のことです。

一度広告を表示してからどれくらいの時間をあけて再度広告を表示するのか設定することで、リーセンシーを変えられます。

・うまく設定すればユーザーの購買意欲を高められる
・あまりに間隔が短すぎると広告がウザがられる

こういった特徴があります。

フリークエンシーと同様、リーセンシーも購買意欲の差によって変えたほうがいいと思います。

リマーケティングの注意点

リマーケティングで注意してほしいのは、フリークエンシーとリーセンシーの設定。

1日に10回も広告が表示されたらあなたはどう思いますか?

めっっっちゃウザいですよね!

分かります。僕もウザいって思いますもん。

何が言いたいのかというと、広告が嫌われないようにフリークエンシーとリーセンシーはうまい具合に設定しようってこと。

表示されなさすぎても忘れ去られるだけだから、本当にいい感じの調整が必要です。

商材によっても適切な頻度や間隔は変わるので、リマーケティングの配信はよく仮説を立ててから行うようにしましょう。

まとめ:リマーケティングは程よく流そう

リマーケティングについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

分かりにくい点もあったかと思いますので、最後に内容をまとめます。

・リマーケティングは一度サイトを訪れた人に再度広告を表示する広告手法
・フリークエンシーは接触頻度。
・リーセンシーは接触間隔。
・あまり表示しすぎるとうざがられるので注意

リマーケティングはうまく扱えばCV取れますが、下手に扱うと広告が嫌われてしまいます。

広告が嫌われない程度にリマーケティングの設定を最適化しましょう!

それでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!サポートでもらったお金は将来の資金にします。サポートでなくとも、フォローやスキしていただけると嬉しいです。引き続き頑張ります!

嬉しいです!
7
福島のWeb会社に就職したマーケター見習い🧩リスティング広告を毎日勉強しています💪🏻今までに書いたブログは100本以上。気楽にやるスタンスで、毎日のようにブログ書いてます😇
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。