宮崎駿に人生を壊された女

画像1
画像2
画像3
画像4
画像5
画像6
画像7
画像8
画像9
画像10
画像11
画像12
画像13
画像14
画像15
画像16
画像17
画像18
画像19
画像20
画像21
画像22
画像23
画像24
画像25
画像26
画像27

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは自分が落ち込んだ時に元気が出るものを購入させていただきます。だいたい食べ物になります。

嬉しいです!
270
家族、捨ててもいいですか?〜一緒に生きる人は自分で決めるhttps://amzn.to/2VZSklP 生きながら十代に葬られhttps://amzn.to/2Npd7KW わたしがフェミニズムを知らなかった頃http://s-scrap.com/3090

この記事が入っているマガジン

気になるnote
気になるnote
  • 67本

気になるnoteをまとめます。

コメント (35)
昔から、漫画やアニメを見てる人って馬鹿にされるんですよね。平成元年産まれもそうなんですよ(笑)
風月さま たしかにアニメ、漫画好きの肩身がせまいのは今も昔も変わらないのかもしれませんね
私は絵が下手で描けませんが、一番上の娘は上手に描きます。その影響で10歳離れた下の娘も描く事が大好きです。自分の世界はどの分野であっても大事ですよね。宮崎駿さんの世界感は何故か懐かしい風景がそこに在り、私の好きな空がいつも見れて安らぐんですよねぇー。今5歳の末っ子も2歳からジブリ大好きでアンパンマンよりジブリ作品を好んで見てます。あの世界感が好きなんでしょう、おかげで世界遺産になっている風景をネットで見せてとせがみます。小さい頃の感動はその子の持つ感性を育てるんで、それを止めさせるなんて勿体無いです。アニメだって沢山本を読まなきゃストーリーすら思い浮かばないんですから、全てが勉強になると思います。好きこそもののってやつですよね^^
楽しく読ませていただきました。
周りの人たちの無名の頃の宮崎監督に対するバッシング、イジメは辛いものがありますね…。
自分も昔、似たような経験があります。
もしかしたら、その時ファンだった方を少なからず傷つけてしまっていたのかもしれません…。
宮崎監督との確執についてなのですけれど、言いにくいのですが、宮崎監督も悪くないのでは?と考えてしまいます…。壊された、ということですけど壊したのは周りの人たちのような気がします。宮崎監督はしっかりと作品をつくり、小林さんに心をこめて手紙をしたためた。小林さんも同じ…。
僕はこの漫画を通して思ったのは好きなものは好きだと。周りの人たちの意見なんか気にせず貫くことがとても大切だということです。
小林さんも間違っておらず、宮崎さんも間違っていたとは思いません。
小林さんの気に触ってしまっては申し訳ないのですが、僕はこの漫画から本当に好きなものは周りになんと言われても好きでいつづけよう。そう思いました。色んな価値観があるから自分の好きなものを守り抜くのが大切なのかなと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。