見出し画像

J.B.アーバン『アーバン金管教本』 J.B.Arban “Complete Conservatory Method for the Cornet” / “La grande methode complete de cornet a piston et de saxhorn par Arban”

画像1

言わずと知れたトランペットのバイブル、アーバンの教本。トランペットを学ぶすべての人のための必須教本。

著者/教本名称

J.B.アーバン『アーバン金管教則本』
Joseph Jean-Baptiste Laurent Arban “Complete Conservatory Method for the Cornet by Arban”
/ “La grande methode complete de cornet a piston et de saxhorn par Arban”

出版社

全音楽譜出版社, Carl Fischer, Leduc など

難易度

 初心者~上級者

内容

コルネットやトランペットの基礎的・応用的な技術が総合的に網羅された教則本。発音、タンギング(シンコペーション、符点、16分音符、8分の6拍子などを含む)、リップスラー(コリンの教本のような広い音域のものは含まれない。リップトリルに近い。)、音階、半音階、装飾音、跳躍、和音(アルペジオ)、トリプル・タンギング、ダブル・タンギングなど。

解説

J.B.アーバン(1825~1889年/フランス)は、リヨンに生まれパリ音楽院に学んだコルネット奏者であり、後の同音楽院教授。コルネットという楽器を初めてソロ楽器に高めた名手であった。『アーバン金管教則本』は、1864年にフランスで出版されたが、後には他者により様々な改訂・編集がなされ出版されてきた。日本での全音による旧版(黄色い表紙のアーバン)は、アメリカでE.F.ゴールドマンやW.M.スミスにより編集されたカール・フィッシャー社版を元にしたものであった(彼らの解釈が盛り込まれたものであった)。しかし全音より新しく出版されたもの(白い表紙)は、フランス初版をもとにオリジナルに近い姿へと曽我部清典氏により校訂が加えられたものである。現在でもなお、トランペットを学ぶ者の必須の教則本である。

補足

IMSLPからPDFファイルで無料ダウンロード可能(Carl Fischer版。ただし枚数は膨大なので閲覧目的以外は購入をお勧めします…)。
IMSLPからのダウンロードはこちら(Method for the Cornet, Arban)

入手方法/価格

全音版(新版・白い表紙)は一般的な楽器店で購入可。約3,000円。

Amazonリンク ISM (トランペット) アーバン金管教則本 (ISM Collection International S)

楽天リンク

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
4
トランペット奏者。インディアナ大学ジェイコブス音楽院演奏家ディプロマ修了。慶應義塾大学文学部教育学専攻卒業。著書『パワーアップ吹奏楽!からだの使い方』(ヤマハミュージックメディア)。www.satoshitakagaki.com