見出し画像

拝啓 スマートキャンプ・マネーフォワードの皆様

こんにちは。スマートキャンプ株式会社代表取締役の古橋です。
本日正式に発表しましたが、スマートキャンプ株式会社は2019年11月を以てマネーフォワードグループにジョインします。

ここに来るまで、決して楽ではない道のりがあったのですが、少し振り返りつつ、お世話になった皆様へのお礼と、これからお世話になる皆様へのご挨拶とさせて頂ければと思います。
また、マネーフォワードの皆様におかれましては、初めましての方ばかりだと思います。

私がどんな人間なのか、スマートキャンプ(スマキャンと呼んでください!)がどんな会社なのか、こちらを読んで少しでも理解してもらえると嬉しいです。
同じタイミングで、辻さんもnoteを書いているので、是非併せて読んでください!

これまでの歩み


私の経歴を約2〜3行でザックリ振り返ると、

立教大学で水上スキー部というマイナースポーツに打ち込み、新卒でみずほ銀行に入って馴染めずに1年で辞めて、タイで車修理ビジネスやって失敗して、ベンチャーで1年修行して起業。最初は船を貸すビジネスを個人でやりましたが、これも敢え無く撤退。25歳でスマートキャンプ株式会社を設立。

です。華々しい経歴ではなく、申し訳ありません。笑
恐らく日経新聞の「私の履歴書」オファーは一生来ないと思っています。

学生時代は、水上スキーのことばかりで、社会に出たらどんなことをしたいとか、どんな大人になりたいとか、全然考えていませんでした。親不孝者だったので、有名な会社に入れば喜んでくれるだろう、と短絡的な思考をしていたかもしれません。(みずほ銀行の皆様、大変ご迷惑をおかけいたしました。その後会社として取引させて頂き、少しは恩返し出来たと勝手に思っています。)

そこから、自分が何がしたいのか、どうやって生きていきたいのか考えました。
当時出した結論は、

「自分らしく、働くヒト・コトが面白くなるような世界をつくりたい」

でした。
実は最初「お笑い芸人」を本気でチャレンジしようかなと思ったんですが、冷静に考えて向いてないなと思って、起業を選択しました。笑
そして前述の通り、働いてる人が面白くなるように、ということで、原体験になっているBtoB領域でサービスを開発することしました。

当初「SKET」という資料作成のクラウドソーシング事業を始めましたが、スケールさせることできませんでした。。。そして悩み抜いた結果、

これからSaaSマーケティングが活況になる!!

と信じて開発したのが「BOXIL(ボクシル)」でした。
リリース当初はSaaSの数も少なかったのでBtoBサービス全般を掲載していたのですが、徐々にSaaSが増えてきたのでSaaS特化に変更しました。
こちらも2年くらい無風or微風の中を進んでいたのですが、コツコツと事業を作ったおかげで3年目から一気に花開いてくれました。
今となってはSaaSは注目されていますが、私が起業した時は誰も見向きもしてくれない時代でした。(※個人の感想です)

当時を振り返ると、若い起業家が成功したり、超大型調達が世間を賑わせたり、ピッチコンテストで優勝を総ナメする起業家が生まれたり、私には縁のないことが、毎日のように起きて、周囲に置いていかれてるような、そんな気分になることがたくさんありました。

画像2

(↑創業期、お金が無くてカップ焼きそば食べていた頃w)

ただ、自分が進むべき道を決めてからは、何が起きても諦めずに確実に一歩ずつ、「地味に地道に」泥臭く事業に向き合ってきたと思います。
そしてそれはスマキャンメンバー全員にDNAとして刻まれていると思っています。結果、「BALES」や「Biscuet」などの新規事業も数多く立ち上げることができました。

今回の意思決定について

今回、マネーフォワードグループにジョインする意思決定はかなりのスピード感でしたが、最大の決め手は

「一緒に仕事したら楽しそうだし、一緒に事業を作った方がもっと早く成長できる」

と確信したからです。マネーフォワードは、創業7年にして上場企業、社員数600名。経営、ファイナンス、プロダクト、組織作りなど、学べること・一緒にやれることは数え切れないほどあります。(本当に未知数すぎてワクワクが止まりません)
経営陣も優秀な方ばかり&フランクな方が多く、カルチャーフィットも意思決定をする上でとても大切な決めての一つとなりました。

そして、創業7年と創業5年という、社歴の近いスタートアップ同士が一緒になる事例は国内でもあまりないことだと思っています。(しかもオフィスがお互い田町という奇跡もあり、運命を感じずにはいられませんw)
数年後に「業界にとってエポックメイキングだった」と言ってもらえるような結果を必ず出します。
具体的な事業シナジーなどは先程の記者会見にて辻さんと話しておりますので、そちらをご覧ください。
※この資料作成に全力で取り組んでくれた酒井さん始めMFの皆様、本当にお疲れ様でした、、約束通り焼き肉おごります。笑

また、ここに至るまでのM&Aプロセスはテキストとして残すことが総合的に「勿体ない」と判断しましたので、私と会う機会があれば話せる範囲で話しますので、ご連絡ください。

お世話になった皆様へのお礼

画像1

創業から5年、苦楽を共にしてくれているスマキャンのみんな、突然の発表で驚かせてごめんなさい。誰よりもいち早く伝えたかったのですが、大人の事情で当日になったことを心からお詫びします。皆のおかげで、ここまで成長することが出来ました。皆のことを、本気で家族だと思っています。これまでも、これからも変わらないスタンスで、同じ船に乗って一緒に事業大きくしていきましょう。

そして、輝かしいキャリアを捨ててスマキャンにジョインしてくれたCFO峰島(特に今回はずっと先頭で動き、私の良き相談役になってくれて本当にありがとう。)、今やSaaSを語るには欠かせない存在になったCOO阿部、10年近くマーケティングに取り憑かれているCMO林には、いつも無茶振りばかりで申し訳ないのですが、もうしばらくお付き合いください。
最近では私を除いた3人で「トリニティ」という秘密結社を作っていることも聞いていますが、知らないフリをしておきます。笑

画像3

(トリニティと私)

更に、初期投資家であるソラシード柴田さん、STRIVE(旧GV)堤さん、元VU丸山さん、ATV福井さん・淳さん、元ITV(現ANRI)河野さん→小川さん、MUCAP、SMBCベンチャーキャピタル、KOIFの皆様。これまで育てて頂き本当にありがとうございました。
皆様のご支援無くしては、今のスマキャン、私はありません。今回の発表で、正式に皆様から卒業となります。これから自立した一人の大人として、事業成長にコミットしていきます。

また、いつも仲良くしてくれる起業家仲間やスタートアップの皆様へ。特に創業期たくさん刺激をくれたヤブちゃん、困っている時にオフィスを間借りさせてくれた仲子さん、一緒にいて最高に楽しい水谷さん(後輩なのに生意気ですいません)、ゴルフも仕事の話(主にゴルフ)もたくさんしてるちくりん(竹林)、オーダースーツ買うならFABRIC TOKYO森さん(今日の会見も着たよ)、
私なんかと遊んでくれて、ありがとうございます。皆プライドが高いので、これからも喧嘩(笑)するかもしれませんが、また酒の席で会いましょう。

マネーフォワードの皆様へ

画像5

改めまして、スマートキャンプ古橋です。
マネーフォワードは、本当に素敵な会社だと思っています。辻さん、金坂さん始め経営陣、メンバーがとてもとても優秀で、話をする度に自分の知識・経験不足を思い知らされます。皆さんとなら、スマキャンをもっと強く出来る!と確信しています。
これからマネーフォワードグループの一員として、SaaS業界、スタートアップ業界をもっともっと盛り上げていきましょう!!!

画像6

(会見当日、急遽弊社に来てパネルディスカッションしました。)

最後に

長々と書いてしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございます。
そして、この結論に至るまでとにかく悩みました。メンバーのこと、事業のこと、1年近く悩み続けて、ようやく今日の発表を迎えることができました。これからまた一層忙しくなりますが、とても楽しみです。

すごく個人的な話ですが、今後エンジェル投資はしない予定です。(とか言ってやっていたらすいませんw)引き続き事業にフルコミットしたいのと、スタートアップ全体を応援しているので、資金以外でエコシステムに還元していきたいと思っています。起業関連で悩んでいる方がもしいれば、壁打ちなど手伝います。(主に知り合い経由で受けています)
※マネーフォワード、スマートキャンプとしてシナジーがありそうな場合には最優先でお話聞きますので、いつでもお問い合わせください!

余談:
今回の記者会見の際、念の為「Let’s start today Tシャツ」を用意していたのですが、総合的に判断し、袖を通さないことにしました。笑

画像4

(着ることはなかったLet's start today)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

155
スマートキャンプ株式会社代表取締役。BOXIL、BALES、Biscuetを運営しています。マネーフォワードグループジョインしました!! 個人でWinnyを題材にした映画製作をしています。

この記事が入っているマガジン

#スタートアップ 記事まとめ
#スタートアップ 記事まとめ
  • 985本

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。