私のパラレルワールド考。
見出し画像

私のパラレルワールド考。

Sara

パラレルワールド=平行する世界。

スピリチュアルに興味がある人なら、一度は聞いたことがあるかもしれません。

過去も、現在も、未来も、いま同時に存在している。
「そんなことを言われても、どういうこと⁉️」って頭は混乱するばかり。

だって私たちは物理次元である3次元世界に、時間軸を持って生きているのだから、頭で理解しようと思っても無理な話ですよね💦

過去も書き換えられる。

「ええー!そしたら歴史の教科書はどうなるの?」

そう言われたら私も理論的な説明ができませんが、、😅

例えば「坂本龍馬が暗殺されなかった過去に出来るの?」って話になりますよね。
もし彼が長く生きていたら、世の中の流れも大きく変わっていたかもしれませんよね。

このようなみんなが認識している過去は、強い集合意識があって、私一人が「歴史を書き変える❗️」と念じたとしても、歴史を変えることは難しいのだと思います。

でも、もしもそのような強い固定観念を取り払うことができて、みんなが認識している集合意識から抜けることができたら、もしかしたら、坂本龍馬が生き延びた平行世界を垣間見ることができるかもしれません☺️

私は個人的にはパラレルワールドをそのように認識しています。

ところで映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」を覚えていますか?

タイムマシンを使って、未来のスポーツの試合結果が書かれた本を悪用したビフにより、すっかり荒廃した世界へと変貌していたのでした。

それ是正すべく、その元凶である本を抹消したところで、元の現在の世界へと戻る・・

それを映画の中ではこう説明していました。

過去のどこかで時間の線がゆがんでしまい、別の世界を作ってしまったんだと。

パラレルワールド。
本当は人生のタイムラインは無数に存在していて、ただ単に、自分がどの世界にいるのか?というだけなんですよね。

そして実は、過去も未来も今も同時に存在している。例えば、映画のすべてのコマを俯瞰しているようなイメージをすると分かりやすいと思います。

俯瞰しているということは、その映画の最初(過去)も終わり(未来)も、今、目の前に同時に存在しているってことです。


さて、「バック・トゥー・ザ・フューチャー3」の最後の博士の言葉がとても印象的でした。

「Dr.ブラウン、これ未来から持ち帰ったんですけど、字が消えたんです。」
「消えるのが当然だ」
「でもどうしてですか?」
「つまりだね、君の未来はまだ決まっていないと言うこと。誰でもそうだ。未来は自分で切り拓くものなんだよ。だから頑張るんだ。二人ともな!」

「これ、宇宙からのメッセージ?」って思いましたねぇ。。。
30年前とは、全く違った感覚で観られてとても面白かった‼️
もし観ていない人がいたら、おすすめの映画ですよ~👍

今日も記事をお読みいただきありがとうございました♪

~みんなが愛と光の世界へ~
Sara

*インスタグラム*
https://www.instagram.com/ihatov_forest/ 
☆オンラインでカラーセラピーによる個人カウンセリングも行っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Grazie!私もスキです♪
Sara
カラーセラピスト・そらかな点描曼荼羅画・グラスアートインストラクター。ライトワーカー。猫使い。趣味はクラシック音楽、oboe吹き。四つ葉探し。好きなものだけ集めたネットショップもやっています♪ ★サロンHP www.ihatov-forest.com/