サンガを応援してくださっていた皆様へ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

サンガを応援してくださっていた皆様へ

ご挨拶

この文書は、株式会社サンガの元社員一同より書かせていただいています。
株式会社サンガは、2021年1月27日(水)に裁判所に破産手続開始申し立てを行いました。

皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしております。また、そのようななかで、たくさんの応援のお言葉をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。そこでここに、今までの経緯と現在の状況、そしてこれからのことをお知らせさせていただきます。


破産までの経緯

株式会社サンガは2021年1月27日(水)に、裁判所に破産申告をいたしました。(https://samgha.co.jp/7015/)。

社員は即日解雇となり、仙台本社はその日のうちに閉鎖され、破産管財人の管理下に置かれました。

これまでの経緯を簡単にお伝えします。

株式会社サンガは仏教の書籍を中心に置きつつ、幅広いテーマの書籍を刊行する出版社として、かつては毎月3冊程度を刊行しておりました。

しかし、計画よりも売上が伸びず、多くの在庫を抱えることとなり、経営状態は悪化を続けてきました。そこで令和元年後半頃から、売上が見込める本を厳選して刊行する方針に切り替えましたが、その分売り上げが減り、預貯金は減少していきました。

そのような中、創業者で代表取締役の島影透氏が2020年7月に急逝しました。そのため、その妻である島影由美子氏が新しい代表取締役に就任しました。その後の2020年後半は、減少した売上を補うために、オンラインセミナーを実施するなど努力を続けてきましたが、その後も負債の返済に見合うほどの売上の増加が見込めなかったため、代表取締役が2021年1月27日に営業停止を判断されました。

社員4名は、1月27日当日の朝に初めて破産申請を聞き、全員、即日解雇となりました。

仙台本社は閉鎖され、志半ばでサンガは活動を停止しました。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けた金融機関への返済猶予期間である約2年間で、なんとか売上を改善し、その後も会社を継続していこうと励まし合い、来季の刊行スケジュールを確認した矢先のことでした。

株式会社サンガとは

株式会社サンガは、1999年、創業者・島影透氏の「仏教を広めたい」という志によって設立されました。その活動はスリランカの僧侶・アルボムッレ・スマナサーラ長老の書籍刊行を発端にスタートしました。

島影透氏は、株式会社サンガを始める前は、仙台で「しまかげアイスクリーム」という会社を経営していました。創業当初は、右も左も分からない異業種からの参入で、悪戦苦闘の日々でした。そのなかでもいくつかのヒットコンテンツを世に送り出します。『怒らないこと』(アルボムッレ・スマナサーラ[著])、『禅マインド・ビギナーズマインド』(鈴木俊隆[著]、松永太郎[訳])、『呼吸の本』(谷川俊太郎/加藤俊朗[著])、『EQ2.0』(トラヴィス・ブラッドベリー/ジーン・グリーブス[著]、関美和[訳])などです。

活動に一貫して通底していたのは、読者の皆様の心が軽くなり、幸福に生きるための手助けとなるような、書籍、コンテンツを制作していきたいという思いです。そしてその根底には、仏教を、信仰が不可欠で宗派に制限された「宗教」としてとらえるのではなく、「心の科学」としてとらえたいという価値観があります。

そのような方向性があったからこそ、仏教書を軸としながらも、現代の科学と仏教の接点であるマインドフルネス関連書や、心という側面に焦点をあてたビジネス書も制作し、サンガは活動の幅を広げていくことができました。

たくさんの励ましと応援の声

サンガの破産の知らせを聞いた読者の方々、著者の方々より、多くのお言葉をいただきました。

「サンガの本を心の支えにしていた」という方がとても多くおられること、そして人生の深いところでサンガの本を求めていただいたことを教えていただきました。「サンガの功績はとても大きいので、何らかのかたちで復活してもらえないでしょうか?」「何かできることあれば協力します」というお声もたくさんいただいております。

サンガが真剣に取り組み提供してきたことが、みなさんにこんなに愛していただいていたことを知り、目頭が熱くなることもしばしばでした。

私たち元社員は、解散後も、毎朝zoomでミーティングを続けてきています。その中で「自分たちにできることはないか」という話題が中心になっていきました。

私たちは、株式会社サンガを離れた、「元サンガ社員」という立場でしかありません。しかし、「元社員だからこそできることがあるのではないか? すべきことがあるのではないか?」。そのような使命感をもって、今、この現実に向き合っています。

サンガを愛してくださっていた読者の皆様、著作者の方々、制作に関わっていただいた多くの関係者からの応援のお言葉をいただき、私たちは「サンガ復活」への道を開拓していくことにしました。


サンガ復活への道

「サンガ」とは本来、お釈迦様の弟子の集まりを意味します。そして、お釈迦様が般涅槃された後、2500年以上にわたって、現代まで続いている出家と在家の共同体(コミュニティ)です。

そして、みなさんからの想いのこもった言葉の数々が、「出版社サンガ」をより温かな人とのつながりを体現した「共同体サンガ」に変化させるべく促してくれているのではないかと気づきました。

これまでは、創業者である島影透氏の強いリーダーシップによって、サンガのコンテンツの種が蒔かれ、ここまで大きく成長してきました。日本の仏教界に残した島影透氏のこの偉大な功績を、未来に向けて新しいかたちで引き継ぐ使命があると考えています。

その新しいかたちとは、一人のリーダシップに依存するのではなく、メンバーが和合をもって協力しあうサンガ組織を経営モデルとした「サンガ新社」の発足です。

私たちは 「慈悲と智慧の共同体」である仏教サンガに倣って、「サンガ新社」 というプラットフォームを育てていきたいと願っています。サンガの出版活動を縁とした人々とのつながりから、新たな時代を切り開く価値を創発することに挑戦します。

すべては生きとし生けるものの利益と幸せのために。このビジョンを実現するためには、みなさんの応援とご助力が欠かせません。

「サンガ新社」のスタートに向けて、どうか皆さんの力を貸していただきたいのです。これから私たちがご提案する「サンガ新社」の立ち上げ計画にぜひ注目してください。

2021年2月10日

佐藤由樹(元株式会社サンガ 編集部編集長)
川島栄作(元株式会社サンガ 編集部副編集長)
五十嵐幸司(元株式会社サンガ マーケティング部)
小島信介(元株式会社サンガ 管理部)



* * * * *


To All Who Have Supported Samgha:


Opening Words

This document was written by the former employees of Samgha. The Samgha Corporation began the process of bankruptcy in court on January 27, 2021 (Wednesday).

We have caused great worry and inconvenience to everyone; we have also received many words of encouragement and are full to the brim with gratitude. As such, we are offering information here about what has transpired up until now, the current situation, and what happens next.

What Happened Leading Up to the Bankruptcy

The Samgha Corporation submitted bankruptcy papers to court on January 27, 2021 (Wednesday). (https://samgha.co.jp/7015/) Its employees were dismissed that same day, and the head office in Sendai was closed, released into the charge of the bankruptcy trustee.

Here we will explain in simple terms what transpired up to that point.

The Samgha Corporation, specializing primarily in Buddhist books, published many titles across a broad range of themes, generally publishing about three books each month. However, we weren't able to sell as many books as planned and wound up with a large stock of unsold inventory. These circumstances continued to deteriorate, and in the latter half of the first year of Reiwa, the sale of our books continued to decrease, despite a practice of careful screening based on estimated proceeds, and our operating funds began to dwindle.

In the midst of this, our founder and managing director Tōru Shimakage died unexpectedly in July 2020. As a result, his wife Yumiko took up the post of our new managing director. Later, in the latter part of 2020, we began to produce online seminars in order to make up for diminishing sales. Unfortunately, we did not anticipate how much of the debt repayment we would need to counterbalance with these funds, and the managing director decided to suspend business operations on January 1, 2021.

On the morning of the day in question (1/27) four of our employees filed the petition for bankruptcy, and that same day all employees were formally dismissed.

The headquarters in Sendai were closed and, its work unfinished, the activities of Samgha ground to a halt.

We had been on the brink of approving a publication schedule for 2022 that might somehow improve sales and show a way forward for the company (encouraged by the two year grace period for debt repayment then allowed by financial institutions hit hard by the COVID-19 pandemic), when Samgha declared bankruptcy.

What is the "Samgha Corporation"?

The Samgha Corporation was founded in 1999 upon founder Mr. Shimakage's resolution and earnest desire to propagate Buddhism. The first order of business was to publish a book by the Sri Lankan monk Alubomulle Sumanasara.

Before he founded the Samgha Corporation, Mr. Shimakage managed the company "Shimakage's Ice Cream." From the inception of Samgha, he struggled against the odds as he entered an industry hitherto completely foreign to him. Yet in the midst of these struggles, he turned out a number of bestsellers that included Okoranai koto [Not getting angry] (Author: Alubomulle Sumanasara [Now available in English as Freedom from Anger, Wisdom Publications, 2015]), a translation of Zen Mind, Beginner's Mind (Author: Shunryu Suzuki, Translator: Tarō Matsunaga), Kokyū no hon [The Book of Breathing] (Authors: Shuntarō Tanikawa and Toshirō Katō), EQ2.0 [Emotional Intelligence 2.0] (Authors: Travis Bradberry and Jeane Greaves, Translator: Miwa Seki), among others.

Consistently underlying these efforts was the desire to produce books and other content that would lift the spirits of our readers and offer guidance on how to live a happy life. Fundamentally, we value Buddhism not as a "religion", boxed in by the belief system of a religious sect, but as a "school of the heart/mind."

To that aim, Samgha was able to widen its scope beyond Buddhist books to include the production of books related to mindfulness (which highlights the commonalities between scientific developments and Buddhism) and books that explore how our hearts and minds are engaged in the practice of business.

Many Voices of Encouragement and Support

We received many messages in response to our bankruptcy announcement from our readers, much greater in number than from our writers.

Many people told us that "Samgha's books supported my heart and mind," and that they had longed for books like Samgha's that addressed the deeper aspects of our lives. We received many messages saying "Samgha had such a great impact; is there no way we might revive it?" and "If there's anything I can do, please let me help."

Knowing that so many of our readers loved the books that we worked so earnestly to bring to life brought tears to our eyes.

Even after Samgha's dissolution, we former employees continue to meet every morning on Zoom, primarily to discuss how we might move forward from here.

Now that we no longer have the Samgha Corporation, our position is nothing more than "former Samgha employees." Even so, we wonder, is there something we can do in light of the very fact that we are former employees? Isn't there something we should do? Holding that sense of duty in our hearts, we now turn to face our current reality.

Hearing how much Samgha was loved by our readers, our writers, and the many people involved in the production of its books, we resolved to find a way to venture forward on a new path to revive Samgha.

The Path to Revive Samgha

The word "samgha" originally means the community of Buddha's disciples. This community includes all of the monks and laypeople who have followed the Buddha's teachings in the 2500 years since his parinirvana.

In listening to your heartfelt words, we realized that perhaps it's less the publisher Samgha and more the Samgha community, and the warm connections between people it has enabled, which we should concentrate our efforts into transforming.

Up until now, the success of Samgha's content has been thanks to the strong leadership of our founder Tōru Shimakage. We believe that moving forward, it is our mission to hand down Mr. Shimakage's great achievements in the world of Japanese Buddhism in a new form.

That new form will be directed not by the leadership of one, but by harmonious cooperation modeled on the Samgha organization's management style: the New Samgha (Samgha Shinsha).

Emulating the community of compassion and wisdom of the Buddhist samgha, we wish to cultivate a Samgha Shinsha platform. Through the deep connections we have found with each other through Samgha's publishing activities, we are challenging ourselves to bring something valuable and innovative into this new era.

Everything we do is for the profit and happiness of all living beings, great and small. To bring this vision into reality, we will need everyone's support.

As we turn our hearts and minds towards the emerging Samgha Shinsha, we humbly ask that you lend your strength to this endeavor as you are able. Please keep an eye out for our start-up plan for Samgha Shinsha in the near future.

February 10, 2021

Yuki Satō (Samgha's Former Editor in Chief)
Eisaku Kawashima (Samgha's Former Associate Editor)
Kōji Igarashi (Samgha's Former Marketing Director)
Shinsuke Kojima (Samgha's Former Management Director)

Translated from the original Japanese (accessed 3/26/2021) by Susannah Duerr.


追記

デューク大学大学院で宗教研究をしているスザンナ・ドゥーアさんから、noteの英語訳が届いたので、ここに追記します。ドゥーアさんは、サンガの大切な友人であるデヴィッド・チャドウィック氏(鈴木俊隆老師の直弟子で、評伝『まがったキュウリ』の著者)の友人で、メールを送ってくれました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
2021年7月21日に「株式会社サンガ新社」を設立することができました。 サンガ新社HP: https://samgha-shinsha.jp/ 「元サンガ社員ブログ」としてスタートしたこのnoteは『WEBサンガジャパン note』として展開していきます。