salmix
ポスプロだけど猫を飼っていた話(3匹も)
見出し画像

ポスプロだけど猫を飼っていた話(3匹も)

salmix

あけましておめでとうございます!
本年もサルミックスを何卒どうぞよろしくお願いいたします!
さて年末のM-1グランプリ、最終決戦で錦鯉が「猿を捕まえたい」というネタで優勝しましたね。
ついに今年はきますね、猿が。寅年ですけども。
そういえば、昨年の秋に世田谷区で頻繁に目撃された猿、その後めっきり情報が途絶えましたが何処へ行ったんでしょうね。あまり居心地が良くなかったんでしょうか。物価が高いですしね。

ところでまだ丑年だった昨年末、サルミックスのなんちゃって社史を3回にわたって公開させていただきました。そのラストに登場したサルミックスの幻の看板…。

お気づきだろうか?

サルミックスの看板だというのに、猫の画がメインに描かれていたことを。

にゃー

しかし理由を聞けば納得も納得。
創業当時、サルミックスは猫を飼っていたのです。最終的に3匹も。
猫を飼っているポスプロを、わたくし弊社以外で聞いたことがありません。
スタジオ内にはさすがに入ってきませんでしたが、誰もそのことに言及するお客様はいらっしゃいませんでした。ただただそこに、ナチュラルに、可愛く、猫はおりました。
そして私たち映像戦士に癒しを与え続けてくれたのでした。



映像戦士て!



末っ子の ルンルン。当時の社内にて


お客様の出入りを監視する ノンノン


奥の眠り猫が ランラン(レアキャラ)


完全に仕事に使う何かの上でおたわむれ



というわけで、以上、くれぐれもポストプロダクションの一場面でした。
もちろん今はノーアニマルでございます。
安心してご来社くださいませ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
♪ ありがとうございます♪
salmix
私たちは映像と音声の会社です。 自由が丘に2つのスタジオがあり、日々映像・音声に携わる方たちのサポートをしています。 人とのつながり、心のつながりを大切にした「音づくり」「作品づくり」をめざしています。