sakurai

書かなければ明日には忘れてしまうような、なんでもない日常に思ったことを文字にしています…

sakurai

書かなければ明日には忘れてしまうような、なんでもない日常に思ったことを文字にしています。趣味はピアノ、と言ってもいいのかどうなのか。もうすぐ4歳になる孫あり。リンスはお湯で溶いていた世代。ISFJ-Aです。

マガジン

  • 三十一文字日記

    三十一文字で表してから、水を注いで薄めてみたりです。

  • Sakuraful Stories

    過去に書いたショートストーリー

    • 三十一文字日記

    • Sakuraful Stories

最近の記事

2月もあと少しで終わる

今月は引きこもりがちだ。あと数日、毎日出かける予定はあるけれど、ちゃんと自分が悦べる時間を持ちたいな。 人の為になるとか、人に喜んでもらえる、という視点が実はあまり好きじゃない。喜んでもらいたくてやってるわけじゃないなーと思う。誰かが喜ぶのは偶然の結果。 誰より先に、私が喜びたい。

    • お手伝いの小人さんはいない

      洗濯物を浴室に干すので、お風呂の用意は夕方か夜、洗濯物を片付けてからしていた。 その浴槽磨きを、最近は朝、洗濯物を干す前にするようにしている。夜はお湯を張る前にざっと繊維を流せばいい状態だ。 それでも長年の習慣で、夜になると「あ、お風呂の掃除しなきゃ!」と思う。そうして、ああ、もう終わってるんだと思い出して、サンキュー、朝の私! と晴れやかな気分になり、ああ、これが自分を悦ばすということなんだなー…なんて、 そう思ったのは最初のうちだけで。 朝にやるのが習慣になりつつ

      • 雨の休日

        金曜日からの3連休は珍しいんじゃないだろうか。 一日中家にいて、特にこれといったこともしなかったような、いつもの1日だった。 今年の初めに、自分を悦ばすことをしよう!ということが書かれた本を読んで、そうだそうだと思ったのだが、自分自身を楽しませるのは、なかなかに難しい。

        • さいざんす細断です

          古い年賀状をシュレッダーにかけた。 いつでも捨てられるんだから今じゃなくてもいいやと溜め込んでいたハガキたち。前の前の住所のものまであった。ハガキ代50円の時代だ。 「見ない、読まない、確認しない」で、どんどん放り込む。写真付きのものは厚みがあって音が違う。この子達も大きくなったんだろうなぁ…とか、感情は極力持たずに放り込む。 それでも、3年分くらいやったらもう、うんざりした。一度に燃やしてしまえればいいのに。 昭和の頃は庭先でゴミを燃やせた。古い手紙や日記、古くなくて

        2月もあと少しで終わる

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 三十一文字日記
          sakurai
        • Sakuraful Stories
          sakurai

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          去年と同じにできないじゃん

          いつだったか書いたと思う「今年はサクライさんが全部やってね」案件。「去年と同じにやれば大丈夫」と言われて、まあ、それならと思っていたのに、いざ相手方と打ち合わせしてみたら「いや、主催団体が変わることになるので、新たにやっていきましょう」ときた。 話が違うじゃーん。 チラシも、去年はその前の年のものを加工するだけで済んだのに「今年は新たに」って、それ、私にやらせたら「好きだから拘りすぎて要領悪い」が大爆発して時間ばかりがどんどん溶けてなくなるに決まってるんだから、相談とか苦

          去年と同じにできないじゃん

          And you?

          朝、歩道の脇で小さい女の子が泣いていた。ビルの前の低い塀に座らされて、両腕両脚をぶんぶんさせながら泣いている。 その顔を、若いお母さんが一生懸命拭っていた。 転んじゃったんだろうか。 女の子は泣きながら大きな声で何か訴えているのだが、私には何を言っているのか分からない。 「かーあーゆーれー!」 顔が痛いとか、痒いとか? 聞き取ろうとしているうちに、 How are you,today?!  にしか聞こえなくなって来た。 歩道を行く人に両手をブンブンしながら、 How

          風が強い

          花粉なのか風邪気味なのか、頭がぼーっとする。肩も重くて眠くて仕方がない。 3週間ぶりのピアノの日だった。練習はしていたけれど、やはりレッスンを受けると「違いがわかる」 もっと早く先生に見てもらっていれば、絡まりも解けてもっとすんなり先に進めていたのにと思った。 それにしても眠いのだ。 カフェインが足りないのかと、珍しくひとりカフェでコーヒーを飲んだ。老眼鏡をかけて、noteを読んで、少しのんびりしたら僅かに復活。 昔、というかコロナ前はよくひとりカフェ時間を持っていたけ

          風が強い

          コートは便利だった

          暖かい日だった。着るものに悩む季節になってきた。 寒い季節は、とりあえず何を着ていたって「コートを着ればわからないしあったかい」状態だった。これが楽でねぇ…。ユニフォームのTシャツだって着て行けるから着替える手間がないし、お尻の隠れる安心感よ。 でもこれからはそうはいかない。そうはいかないぞ。

          コートは便利だった

          暗譜できてからが楽しい

          暗譜は得意な方だ。練習しているうちに覚えてしまう。そして、覚えてからの練習は、楽しい。 ピアノの前に座ってから楽譜を広げるという動作は、意外と面倒臭い。(はい、”面倒臭い”は私のnoteの頻出単語です。テストには出ませんが)長い曲ならばコピーをしたものをずらずらと広げなければならないし、曲の途中に自分で楽譜を捲るのはもっと厄介だ。 暗譜ができていれば、ピアノの前に座るだけで弾き始めることができる。譜面を見ている時よりも、自分の演奏や音に集中できる。そうやって、まあ、難しい

          暗譜できてからが楽しい

          こんな日でした(02.16)

          組み立て家具を組み立てるのが好きだ。 頑丈な梱包を解いて、重さのある部品をひとつずつ出して床に並べるところからもう好きだ。 説明書通りにやっていけば必ずできるという約束された未来がいい。ネジを絞めたり角度を整えたりして、立体的になっていく過程がいい。 まあ、そんな楽しい作業を1時間以上して、そろそろ仕上げという時、説明書に「二人がかりで上部を持ち上げて…」とあった。 ひとりだしっ。 このまま誰かが帰る夜まで放置しておくのはなんだか悔しくて、エイヤとひとりで持ち上げた。

          こんな日でした(02.16)

          こんな日でした

          今日の空。曇天。 春一番が吹き荒れた。例年より2週間くらい早いらしい。 美容院に行くためにセットをするのも面倒もったいないから、きゅっと一つに結んで帽子を被って出かけた。帰りも頭が寒いから帽子を被って帰った。せっかくセットしてくれた髪も台無しだけど、買い物して家に帰るだけだからいいのいいの。…で、帰宅して鏡を見たら髪がぺっちゃんこで、あまりの酷さに笑ってしまった。 予約本の引き取りを頼まれて、久しぶりに図書館に行った。 私自身はもう何年も本を借りたりしていないけれど、以

          こんな日でした

          お天道様はちゃんと見ていてほしい

          ライブ会場など人の集まる場所では様々な禁止事項がある。場内の撮影は禁止だとか、大きな会場であれば終演時に退場規制があって、しばらく(場合によってはかなり長く)席で待たされる。ほとんどの人はそれに従う。 そして、ごくごく少数の、従わない人たちがいる。 禁止と知っているのに平然と写真を撮る。係の人が「撮影は禁止です」と言うけれど、直接その人に厳しく言うわけでもない。だからまた撮る。そしてまた「撮影は禁止です」と言われるけれど、別にスマホをチェックして該当の写真を削除されるわけ

          お天道様はちゃんと見ていてほしい

          消さなきゃよかったかもしれないが改めて書くほどのことでもない

          趣味の教室で10年以上一緒だった人が急に辞めた。介護のためだ。そういうことはたまにある。教室で会うだけとはいえ長く付き合って来たから、その人の不在をとても寂しく感じる。でもその寂しさも遠からず忘れて、いずれ「思い出すと懐かしい人」になるだけなのも分かっている。 自分の教えている教室で辞める人が出るのは、もう少し複雑だ。大抵は日程が合わなくなってとか体調が理由だけど、直接聞くわけではないので、本当かどうか分からない。前以て言ってくれる人はまた別なんだけど。 体験教室に参加し

          消さなきゃよかったかもしれないが改めて書くほどのことでもない

          ごめん、昨日の私。今日もこんな時間で、そして、書けることがない。大きく頭を占めていることがあって、でもそれについては書けなくて、他のことも考えられないというやつです。

          ごめん、昨日の私。今日もこんな時間で、そして、書けることがない。大きく頭を占めていることがあって、でもそれについては書けなくて、他のことも考えられないというやつです。

          落ち着いて書きたまえ

          毎晩、その日が終わりかけてからチャチャッと書くというのが習慣になってしまって、それで「毎日書いてます」というのも申し訳ないような気がする。チャチャッと書いたから、チャチャッと斜めに読んでくれれば、いや、読まれなくてもいいとはいえ…。 一度0時を跨いでしまったので、公式な記録は途絶えたけれど、私的な連続記録は去年の10月1日から続いている。10月は誕生月で、それで始めたところもあるから、一年は続けたい。 でも、 そこに愛は意味はあるんか? わからない。

          落ち着いて書きたまえ

          噛み締めて食いしばって

          歯を食いしばる癖があるので、寝る時にはマウスピースをしている。歯の保護だ。 それが鬱陶しくて噛み切りたくなる。 キリキリキリキリ!! 「ほら、歯茎に力瘤ができてる」と歯医者に言われて俄には信じられなかったけれど、この力、何かに使えないものか。寝ている間に自家発電とか。

          噛み締めて食いしばって