見出し画像

#InternationalTeaDay お茶でSDGsを学ぼう!

イベント開催のご報告

特定非営利活動法人 桜茶meet は、2021年5月21日(金)第一衆議院議員会館内におい て「茶でSDGsを学ぼう(英語名:Japanese Tea Culture for Sustainable Development )#InternationalTeaDay2021」を開催いたしました。

5月21日は、国連が2019年12月に採択した「国際お茶の日」です。本イベントでは、茶 の湯とSDGs(持続可能な開発目標)を結びつけて日本を世界に紹介することを目的と し、米国やイスラエルに生中継しました。

日本には「自然と調和した暮らし」が古くからあり、SDGsの考え方そのものです。その 「知恵」を世界の人に知っていただくことを主眼に企画しました。なお、本イベントは、 来年以降も継続開催を予定しています。

※当日の様子はアーカイブ動画からもご覧になれます(後日追加アップロードいたします)


▼アメリカからの参加者が多かった前半は、赤い毛氈で行いました

画像3


▼当法人が加盟する国連NGOアライアンスディレクターからもメッセージを寄せていただきました。実は、初めてのコラボレーションです

画像8


▼イスラエルからの参加者が中心となる午後は、青い毛氈に模様替え

画像5


▼緊急事態宣言下、限られた環境での開催となりましたが、たくさんのお力添えの下、無事に開催できました

画像6


▼休憩時間には恒例の阿波踊り

画像4


 後援:

外務省

協賛:

JA京都やましろ

協力:

<スピーカー協力>

• フアン・パストール・イヴァールス(国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット研究員)
• 吉田利一(16代目 宇治茶生産者。全国茶生産団体連合会・会長)
• ピーター・ゴギ(全米茶協会・会長)
• ホスナ・アハマド・アビ(国連NGOアライアンス・理事)
• 篠原朱音(熊本市環境局環境推進部水保全課)
• 田村千夏(日本茶鑑定士・日本茶インストラクター兵庫県支部長)

<コンテンツ協力>

• 千玄室大宗匠(裏千家)
• 和田高甫(いけばな 華道未生流・家元)
• 京都府茶業会議所
• 丹後織物工業組合
• 日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)

<総合空間プロデュース協力>

• 引野勲(引野造園株式会社・代表取締役)

<撮影協力>

• 安田浩健(あみの食堂・オーナー経営者)

<配信技術指導協力>

• 安田俊哉(安田ラボ・代表取締役)

<告知協力>

• 国連大学
• 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニッ

• ナシュビル日本領事館
• テキサス州 サンアントニオ市
• 全米茶協会
• 日米協会ワシントンDC
• イスラエル日本親善協会
※その他多くの国内外の団体個人の皆様にご協力いただきました

<ご協力>

• 飯村豊(元フランス大使) • 遠藤洋路
• 中山泰秀
• 森下康弘


イベントコラボレーション:

• 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニッ ト

取材掲載:

• 共同通信社
 • 京都新聞社

(敬称は省略させていただきました)


京都新聞(5月22日 朝刊)

画像1


熊本日日(5月25日 夕刊)

画像2

西日本新聞(5月25日 夕刊)

画像7




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています