#16_日本文化をコンサルティングする Consulting on Japanese Culture
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

#16_日本文化をコンサルティングする Consulting on Japanese Culture

桜茶meet事務局メンバーの古村と申します。
世界における日本の地位低下に問題意識を感じつつ、日本の持つソフトパワーをもっと活用すれば世界の調和にも生かせるのではと思い、この活動に参画しています。

My name is Komura, and I am a member of the Sakuracha Meet.
I have been participating in this activity because I am aware of the problem of Japan's declining status in the world, and I think that if we can utilize Japan's soft power more, we can make use of it to harmonize the world.

今回は当会代表の河合さんから「日本文化をコンサルティングせよ」という無茶ぶりを貰い、投稿することとしました。(笑)

This time, Mrs. Kawai, the representative of the association, asked me to "advise on Japanese culture," and I decided to contribute. (Laughter)

まずは問題認識から整理したいと思いますが、日本の経済規模はGDPで見ると依然世界第3位で国際的にも高い地位にあると言えると思います。ただし、中国の台頭によりその差は開いており、また、少子高齢化の中、今後の成長率は低下すると予想されています。国の規模をGDPのみで語るのは時代錯誤になりつつありますが、人口減少によるインパクトは相応にあるものと思います。

First of all, I would like to start by recognizing the problem. Japan's economy is still the third largest in the world in terms of GDP, and I think it can be said that Japan has a high international standing. However, the gap is widening due to the rise of China, and with the declining birthrate and aging population, the growth rate is expected to decline in the future. It is becoming an anachronism to talk about the size of a country only in terms of GDP, but I believe that the impact of a declining population will have a reasonable impact.

一方で、日本には西洋文化にはない独特な文化が存在しており、それに関する海外からの関心は高いものがあると思います。

On the other hand, Japan has a unique culture that cannot be found in the West, and I believe that there is a high level of interest in this culture from overseas.

日本人は主張が苦手と言われますが、この日本文化の持つソフトパワーを発信し、日本のブランド力向上(それによる付加価値、生産性の向上)と国際的な地位向上につなげることが出来れば、ドラスティックな地位低下は避けられるのではと考えます。

It is said that Japanese people are not good at asserting themselves, but if we can communicate the soft power of Japanese culture, and link it to the enhancement of Japan's brand power (which in turn increases added value and productivity) and international status, I think we can avoid a drastic decline in our status.

ざっと整理すると以下の通りかと思います。

The following is a brief summary of what I think is going on.

1.問題
世界における日本のポジションが低下している(日本文化というより日本自体のコンサルティングかもですが)

1. Problem
Japan's position in the world is declining (although this may be more of an issue for Japan itself rather than Japanese culture).

2.課題
日本は発信力が弱く、独特の文化を持っているにもかかわらずそれを対外的に十分アピールできていない(その結果、ブランド力が向上せず、生産性も低い)

2. Issue
Japan's ability to communicate is weak, and even though Japan has a unique culture, it has not been able to fully promote it to the outside world (as a result, its brand power has not improved and productivity is low).

3.あるべき姿(ゴール)
日本文化を多くの外国人に理解してもらい、日本のブランド力が向上する。その結果、国際的な地位確保につながり、経済規模も相応を維持できる。
もっと理想を言えば、世界の人々が日本文化の良い点を理解し、世界の調和が保たれる。

3. Ideal state (goal)
To have many foreigners understand Japanese culture and to improve the brand power of Japan. As a result, Japan's international standing will be secured, and its economic scale will be maintained at a reasonable level.
More ideally, the people of the world will understand the good points of Japanese culture, and the harmony of the world will be maintained.

4.打ち手(案)
日本人自らが日本文化の価値を再認識する。(内容を理解しなければ発信しても意味が無い)
その上で適切な形で発信する(いまはSNSやウェブ会議等、様々なツールを安価で使用できるため、それらを活用する)

4. Proposed measures
Japanese people themselves should reaffirm the value of Japanese culture. (There is no point in sharing the information if you don't understand the content. In addition, if you are sharing the information send it out in an appropriate form (nowadays, various tools such as SNS and web conferencing are available at low cost, so use them).

打ち手については国民全員に強制する訳にはいきませんので、草の根的に、そう感じた人が自ら実施し、伝播していくということかと思います(それが本桜茶meetの活動となります)
ただ、そう感じる人を増やすためにも、国の教育として日本文化を学ぶ機会をもっと増やしても良いかもしれません。

We can't force everyone to take action, so those who feel that way should take action themselves and spread the word, in a grassroots manner ( this is the action that Sakura Cha meet takes).
However, in order to increase the number of people who feel this way, it may be a good idea to increase the number of opportunities to learn about Japanese culture as part of national education.

日本文化の特徴としては色々ありますが、やはり今世界で求められているのは「わび・さび」の精神なのではと思います。

There are many characteristics of Japanese culture, but I think the spirit of "wabi-sabi" is what the world is looking for now.

世間ではいまSDGsが流行っていますが、「派手な装飾等で地球環境を破壊せず、静けさや雰囲気に趣を感じる」という点や、新型コロナの影響等によるメンタルイルネスの問題に対しては「自然を見て心を落ち着かせる」といった「わび・さび」に通じる考え方が求められているのではと思います。

The SDGs are now in vogue, and I believe that people are looking for ways of thinking that are similar to "wabi-sabi", such as "not destroying the global environment with flashy decorations, but feeling the atmosphere of tranquility", and "calming the mind by looking at nature" in response to mental illness issues caused by the new coronavirus.

また、日本の茶文化についていえば、元々は戦国時代に時の為政者にうまく利用されて花開いたとも考えられますが、茶室に入る際は刀の持ち込みは禁止され、戦の多い混沌とした時代における「心の安らぎ」にもなったのではと推測します。

As for the tea culture in Japan, it is thought to have originally blossomed during the Warring States period, when the government of the time took advantage of it, but since swords were not allowed to be brought into the tea room, I suppose it became a "peace of mind" during the chaotic period of many wars.

この精神は現代にも通じるものがあり、紛争が絶えない現代の世界において、茶の精神を各国で共有し、調和を保つことが出来れば素晴らしい事と思います。

It would be wonderful if we could share the spirit of tea with other countries and maintain harmony in a world of constant conflict.

という訳で、ざっくりと日本文化について考えてみましたが、自分自身が「なぜこの活動を続けるのか」の拠り所の整理だったかもしれません。もしこのような考えに賛同いただける方は是非一緒に活動して頂ければ幸いです!

So, I have briefly thought about Japanese culture, but it may have been a way of organizing the basis of why I continue this activity. If you agree with these thoughts, I would be happy to work with you!

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
特定非営利活動法人 桜茶meet は「世界における日本の存在力低下」という課題に対し「茶楽(さくら)」をコンセプトとする茶会を通して相互理解を促進する「草の根×民間」による茶の湯外交を展開しています