豆苗
2022 中山金杯 回顧

2022 中山金杯 回顧

豆苗

【評価】
◎トーセンスーリヤ


1着:レッドガラン M OP〜G3
圧勝しているがあくまでG3が限界というレベルの挙動。今後もOP〜G3なら安定出来るがトーセンスーリア同様、良質な馬ではない。

2着:スカーフェイス LSM OP
鮮度の恩恵を受けてリズムで持っていった形で若干上跳ねている。本質はLのS駆動タイプで、今後基本的にはOPの18〜24でというイメージ。

3着:ヒートオンビート LS OP
かなり悪い1人気3着。このクラスのメンバーを相手にして1人気で着を拾いに行っているようでは未来は暗い。4コーナーで飲み込むような動きすら出来ないのは良くない。ちょこちょこ掲示板には来るかもしれないが重賞で単をケアする必要はないでしょう。

4着:タガノディアマンテ LS OP
上2頭のLSより肉体への偏りが強い体力系のLS。休み明けを考慮すれば上々という4着だが、掲示板が限界という前提の中での4着という結果なのでこれで評価を上方修正する必要はない。

5着:トーセンスーリヤ SL G3
レースレベル的に無理がないので良い形の競馬は出来ていたが2着に残せないのはちょっとした能力の不足だったり、斤量差だったり、ちょっとした展開の差という5着。順張りでコレというのは悪くない選択だったと思うが馬がここを問題なく勝ち切るほど抜けてはいなかったという事。

6着:ウインイクシード MLC OP
やはりC質を保有しているだけあって挙動は悪くない。これ以上のクラスでどうこうという話ではないが、あくまでOPならまだ保つ馬質。

7着:シャムロックヒル SL OP〜G3
持続質の強い流れを長く脚を使って押し切るというタイプではない。余力を残した緩い逃げでラストにもう一段Sを光らせるという瞬発力系の逃げ馬というイメージ。展開次第でSの一跳ねがあるのでG3以下では警戒しておいた方が良い。今回は結局持続質の流れになった事でダウンはあまり機能していないが、オプションとしてはダウン向きの馬。

8着:アールスター LS OP
OPレベルのLS系の雪崩れ込み。僅差だったとしても特に評価する必要はない。

9着:サトノクロニクル ML OP
決定的にSが足りない。駆動させている要素が薄い。

10着:ジェットモーション SM OP
14番人気の馬がやる事ではない。流石に体力切れで垂れたが悪い挙動は見せていないのでOPで1回くらいは馬券になっても良いと思う。

11着:アトミックフォース SL OP
大幅馬体増の通り重さのあるパフォーマンスだった。この後詰めて使うならちょっと見てあげても良い。

12着:アドマイヤアルバ L OP
ほぼ参加していないようなものでこれは特にない。現状は駆動のない体力のみの馬。

13着:ヴィクティファルス LM OP
ギリギリで僅かにCを残しているのでLSではなくLM評価にしたが種類としてはアールスターが近い。今回も何か理由があっての凡走という印象ではないのであくまでOPクラスのLM系差し馬という評価で。

14着:オウケンムーン M OP
体力に振れているわけではないのでやはりバランスは悪くないのだがとにかく足りていない。この感じだとOPでも厳しいのでは。

15着:ブレステイキング L OP
S切れかな。体力のみで惰性で走っている。と思ったら引退していました。お疲れ様でした。

16着:ロザムール SL OP
質の悪さがモロに出た形。ピンパー系ではあるのでツボに入るタイミングは警戒。

17着:コスモカレンドゥラ LC OP
特にない。

スクリーンショット 2022-01-12 0.40.44


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
豆苗
Mの法則を使って競馬予想をしています