佐原 誠

情報整理する上で一度アウトプットするのも良いかと思ってきたので、最近はそんな感じです。(備忘録っす)https://www.saharamakoto.com/

佐原 誠

情報整理する上で一度アウトプットするのも良いかと思ってきたので、最近はそんな感じです。(備忘録っす)https://www.saharamakoto.com/

    マガジン

    • ♡「スキ」まとめ。パン屑みたいなもの。

      ☆から♡にアイコンが変わった♪ https://note.mu/fladdict/n/ncf1b60148e27 →スキの一覧が標準装備になった♪ https://note.mu/info/n/nf5a332584161

    • 赤穂ギャベを通して見える景色

      綿糸でつくる手織りの椅子敷き「赤穂ギャベ」を通して、見えていることや感じていることをまとめてみようかと思っているところです。https://www.akogabbeh.com

    • ランニングがもたらすこと

      頻度は少ないけれど定期的にランニングを続けていることになるので、趣味の一つと言っても良いかと思っている。https://www.saharamakoto.com/running

    ストア

    • 商品の画像

      【現品あり】水玉(薄黄、苔、白)

      【現品在庫あります】 1点、1点手織りのため個体差がございます。 こちらは赤穂緞通の特徴である整える程度ですが、鋏入れ(摘み工程)も施しております。 丸型の赤穂ギャベです。地色で使っているのはオーガニックコットンをクチナシで染めたもの。こちらのオーガニックコットンは細い綿糸(20番手)の中に繊維が短い茶綿が含まれており、ほど良いコシもあって、しっとりとした柔らかさに仕上がっています。 使い勝手の良いおよそ2.0cmの厚み、綿糸特有の肌触りは、100年は持つとされる赤穂緞通のノウハウの上に生み出されています。日常使いとして長い年月を重ねていただけます。 【商品詳細】 名称:水玉(みずたま) 配色:薄黄、苔、白 およそのサイズ:35x35(cm) およその厚み:2.0(cm) 素材:綿糸(薄黄のみオーガニックコットン)
      35,000円
      赤穂ギャベ / 綿糸でつくる手織りの椅子敷き
    • 商品の画像

      【現品あり】水玉(青、濃赤、水色)

      【現品在庫あります】 1点、1点手織りのため個体差がございます。 こちらは、赤穂緞通の特徴である鋏入れ(摘み工程)を施しております。 青いシェルチェアのための丸型の赤穂ギャベ。ミッドセンチュリーモダンの巨匠と呼ばれるチャールズ・イームズの合理的で美しいプロダクトに合わせて使っていただくために制作しました。鮮やかな青色は床に直接敷いても映えます。 使い勝手の良いおよそ2.0cmの厚み、綿糸特有の肌触りは、100年は持つとされる赤穂緞通のノウハウの上に生み出されています。日常使いとして長い年月を重ねていただけます。 【商品詳細】 名称:水玉(みずたま) 配色:青、濃赤、水色 およそのサイズ:35x35(cm) およその厚み:2.0(cm) 素材:綿糸
      25,000円
      赤穂ギャベ / 綿糸でつくる手織りの椅子敷き
    • 商品の画像

      【現品あり】水玉(薄黄、苔、白)

      【現品在庫あります】 1点、1点手織りのため個体差がございます。 こちらは赤穂緞通の特徴である整える程度ですが、鋏入れ(摘み工程)も施しております。 丸型の赤穂ギャベです。地色で使っているのはオーガニックコットンをクチナシで染めたもの。こちらのオーガニックコットンは細い綿糸(20番手)の中に繊維が短い茶綿が含まれており、ほど良いコシもあって、しっとりとした柔らかさに仕上がっています。 使い勝手の良いおよそ2.0cmの厚み、綿糸特有の肌触りは、100年は持つとされる赤穂緞通のノウハウの上に生み出されています。日常使いとして長い年月を重ねていただけます。 【商品詳細】 名称:水玉(みずたま) 配色:薄黄、苔、白 およそのサイズ:35x35(cm) およその厚み:2.0(cm) 素材:綿糸(薄黄のみオーガニックコットン)
      35,000円
      赤穂ギャベ / 綿糸でつくる手織りの椅子敷き
    • 商品の画像

      【現品あり】水玉(青、濃赤、水色)

      【現品在庫あります】 1点、1点手織りのため個体差がございます。 こちらは、赤穂緞通の特徴である鋏入れ(摘み工程)を施しております。 青いシェルチェアのための丸型の赤穂ギャベ。ミッドセンチュリーモダンの巨匠と呼ばれるチャールズ・イームズの合理的で美しいプロダクトに合わせて使っていただくために制作しました。鮮やかな青色は床に直接敷いても映えます。 使い勝手の良いおよそ2.0cmの厚み、綿糸特有の肌触りは、100年は持つとされる赤穂緞通のノウハウの上に生み出されています。日常使いとして長い年月を重ねていただけます。 【商品詳細】 名称:水玉(みずたま) 配色:青、濃赤、水色 およそのサイズ:35x35(cm) およその厚み:2.0(cm) 素材:綿糸
      25,000円
      赤穂ギャベ / 綿糸でつくる手織りの椅子敷き
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    2021年のふりかえり

    こんにちは、佐原 誠(さはらまこと)です。 京都府宇治市にて生まれ育ち、京都市内を生活拠点としています。デジタル・アナログの垣根はなく、話をお聞きしてから、道を指し示したり一緒に歩ませていただくことが多いです。ランニング(マラソン・トレイル)はボチボチ再開しようかと思っています。 。。。。。。。。 備忘録として2021年を振り返っておきます。冒頭写真はご近所にある木嶋神社のニノ鳥居。2021年11月に新調されました。どうも珍しいようで朱塗りなどの表面加工は一切していない

      • 悠久の古都、奈良ならまちでの赤穂ギャベの展示会

        奈良紀寺町の艸小路ギャラリーの貸町家「木屋」での展示会が始まっており、今年で3回目を迎えるが、秋になると奈良を訪れるサイクルが少しずつできつつある。 京都駅から特急に乗って奈良に向かうんだけれど、もうすぐ出る急行とまだ来ていない特急の微妙なタイミングにホームに着いたので、駅員さんに相談してみると、微妙な感じ… ホームのコンビニでミネラルウォーターを買って、ちょっと悩んでみたけど、今回は奈良行きの急行で向かうことにした。特急は奈良行きでなかったので、大和西大寺駅で乗り換えが必

        • NFTって何? ってことを反芻するためのメモ書き

          ■非代替性トークン(ひだいたいせいトークン、Non-Fungible Token) Wikipediaを紐解く! Non-Fungible Token の略称が NFT ってこと。 ちなみに、BitcoinやEthereumなどの暗号資産(仮想通貨)は代替することができるのでFungible Tokenとなる。 2014年 最初のNFT『Quantum』が生まれる。 2017年〜2021年 急速に関心が高まり、多くのトピックスが生まれる。 2019年 NIKEは物理

          • 初めてNFTを購入。成長するmarimoのサービス設計が最高にすばらしいんだわ♪

            初めてNFTを購入したので、備忘録を残しておく。(適時更新予定) そもそも、仮想通貨自体、投資対象としてのワチャワチャと世間を賑わせていたこともあって、まったく興味がなかったんだけれど、最近、NFT(Non-Fungible Token 非代替性トークン)そのものが、ザクッと言うWeb3の主軸であるので、いずれは試してみたいと思っていたところであった。 そう言えば、2020年に FiNANCiE でトークンを入手して支援したことはあるが、全部 FiNANCiEに任せる仕組

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ♡「スキ」まとめ。パン屑みたいなもの。
            佐原 誠
          • 赤穂ギャベを通して見える景色
            佐原 誠
          • ランニングがもたらすこと
            佐原 誠
          • 赤穂ギャベ
            御崎灯台が丘 他
          • よく読まれている記事
            佐原 誠
          • Dabel ユーザーまとめ
            Dabel(ダベル) 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            龍にまつわる意匠を紐解くと、紀元前から伝わる瑞獣として畏怖の象徴でもあるらしい...

            ふりかえると、2020年1月に初めて赤穂ギャベの「虺竜(きりゅう)」という図案を紹介している。その際にも記載しているが、赤穂ギャベ用の図案として整える作業は僕が担当していた。 当時も、古代の青銅器でも見られると触れているが、今回、その辺りを深堀りする機会もあったので、改めてまとめ直しておく。 その青銅器については、赤穂ギャベの運営に関わる前、2019年6月の記事に京都にある泉屋博古館と、和鏡を作っている山本合金製作所を訪問している。興味の矛先はいずれ繋がっていくようで、素

            まだ見ぬ大牟田市に思いをはせて... 民芸奥村展2022 に赤穂ギャベを数点出品。

            赤穂ギャベは年間に何度か商品を直に触れていただく機会を設けている。 少し振り返ると、事業を始めたのが2019年の夏頃(だいたいこの辺りw)で、潤沢な資金も用意していないので、認知訴求は少しずつできれば良いかと考えており、販路にしても基本的にはオンラインショップと展示会の2つを軸にしていくことは当初から予定をしていた。が、その翌年コロナが状況を一変させる。 展示会は中止や予定変更となり、織り手とのコミュニケーションも慣れないリモートを軸とする環境となっていった。Zoomなど

            【ランニング日誌】 2022.8.4「広隆寺-妙心寺-龍安寺-仁和寺-福王寺神社-広沢池-広隆寺」

            前回は6月23日以来、1ヶ月ほどブランク。梅雨らしい季節をほとんど感じることなく猛暑到来ということだけど、ブランクの要因はギックリ腰(2022年6月26日発症)である。癖が残るような話も聞くが、1ヶ月の経過でほとんど違和感がなくなっている。連日の猛暑が続く中、久しぶりに雨の前の比較的安全なコンディション(30℃、70%...)であったことと、ランニング仲間から愛宕山ランニングのお誘いもあったので、ちょっと身体を作り直すことにする。 冒頭写真は、広沢池のコスモス。秋だね。って

            赤穂ギャベの運営に携わって3年目。いろいろ変わってきており嬉しい♪

            京都駅から岡山行きの新幹線に乗ったんだけど、西明石駅で停車しており、2回ほど後から来た新幹線に抜かれる。どうやら「ひかり」に乗っていることが判明した。相生駅でも同じく、2回ほど後から来た新幹線に抜かされた。 そう言えば西明石駅だったか、後の新幹線に乗り換えた方が岡山に早く着くってアナウンスをしていた気がする。 のぞみと比べると30分遅れぐらいで岡山駅に到着した♪ 移動するって大事なことだと思ってる最近、倉敷、尾道など、赤穂ギャベの展示会をキッカケ(言い訳)にして、中国地方

            Google Workspace (有償版)にて Googleグループを使う際の備忘録

            Google Workspace (有償版)では登録したドメインを用いて、組織内のメンバーにアカウントを振り分けることで、さまざまな機能が享受されている。その中に「グループ」という機能があるんだけれど、僕が主に利用している使い方があるので備忘録としてまとめておく。 組織内の全員/任意のグループへの連絡基本的にはメールを用いるので、「連絡先」にて「ラベル」を使う方法もあるが、グループ機能を用いることでも同じように、対象メンバーにメールを送ることができる。 僕が関わっている組

            ギックリ腰(軽度の)を初めて体験したので、備忘録。

            初老、昔は40歳を言い換える言葉だったらしいのだけれど、アラフォーとかアラフィフとか妙にカタカタ表現も多用されるようになったことと、その世代のライフスタイルも変わってきたこともあってか、初老という枠が50歳、60歳と後ろにズレて使われるような気がしている。 僕は1971年生まれなので、今年は51歳。初老という感じだろう。改めて身体的な老いを振り返ってみると、40歳後半に入ったぐらいから老眼が進み、髪の毛や髭には年々白髪が増えてきている。昨年末、急に左肩が上がらなくなり、五十

            【ランニング日誌】 2022.6.23「広隆寺-広沢池-大覚寺-観空寺谷起点(折り返し)-福王寺神社-広隆寺」

            走り始めたのが、AM9時、気温27.4℃、湿度76% で、1時間ほど走って29.5℃、65%で、もう無理!ってなってる♪ このシーズンは早朝や夜間の方が良いんだろうけど、その時間帯にランニングを充てがうことができないので、AM9時からでいけるところまでいこうかと思っている。 今日は久しぶりに林道(トレラン)の入り口まで行ったんだけど、時間と体力を考慮して、折り返すことにしたんだけれど、環境としてはかなり涼しい感じだったので、時間と体力が整えば突入したい♪ 冒頭写真は、広沢

            【ランニング日誌】 2022.6.18「木嶋神社-妙心寺-龍安寺-金閣寺(折り返し)-龍安寺-仁和寺-福王寺神社-木嶋神社」

            梅雨の合間の曇り空、朝9時台のランニングだと、若干湿度は感じるがまずまずの条件なので、前回(5月28日)から少し間が空いたけど、何とか10kmを走りきれた。 今年は京都の祇園祭も簡易ながらも概ね再開される。僕は西御座の御神輿渡御のご奉仕ということもあるので、当面、そのための体力管理としてモチベーションが維持できる。 定点観測

            突然インターネットが繋がらなくなった原因は僕でした...

            一ヶ月ほど前からだろうか、スマホで特定のアプリが繋がりにくくなっている症状が起こり始めた。 「アプリはTwitter、端末はスマホ(iPhone)、通信環境はWiFi」という条件で、Twitterを開けた時のみ表示が不安定のようだったので、WiFiから4Gに切り替えると、問題なく解決し、再びWiFiに戻しても、通信はできているような症状であったので、正確に調べることなく、アプリのバージョンに問題があるのだろうかと推測し、定期的なアプリのアップデートで修復されると思い、そのま

            生き方って環境で作られるだろうなっと、尾道水道の情景から感じる展示会。

            京都駅から新幹線で尾道に向かう。そう言えば、京都から西へ向かう新幹線って乗る機会が多くないので、意識していなかったけれど本数が少ない。特に広島県尾道市の最寄りの停車駅は「福山駅」ということもあって、さらに本数が少ないようだった。先方と時間を約束していたわけではなかったこともあって、初めて訪問する「尾道」ではゆっくり過ごす時間を取れればと思っている。 初めて訪れる尾道京都駅のホームに到着すると、福山駅に停車する新幹線が30分後だったので、その一つ前に乗ってみる。どうやら新大阪

            【ランニング日誌】 2022.5.28「木嶋神社-福王寺神社-平岡八幡宮(折り返し)」

            10kmの距離を超えるのは2019年12月以来らしい。コロナ禍以前、ってすでに別世界だわ。当時、10kmの目安として金閣寺、鷹峯、桂離宮といったスポットが記録されている。冬の10kmと夏の10kmでは比較にならないけど、夏は高度を上げて、気温を下げるルートを選択したようなので、じわじわと身体を戻していこう。 平岡八幡宮の近くにモリアオガエルが見られる池があるらしいが、いつか見てみたい。(今は産卵シーズンっぽいんだが…) 定点観測

            【ランニング日誌】 2022.5.14「木嶋神社-福王寺神社-広沢池(折り返し)」

            雨上がりの京都。湿度が70%近いんだけれど、気温は20℃ほどなので、ランニングするには絶好のコンディション。 そのためだろう…、久しぶりに距離が8kmまで延びた。このまま梅雨に入ると雨天で走れる日も少なくなるかも知れないけれど、多少の小雨だとシャワーランも気持ち良い季節に突入する気がする。 定点観測