翻訳の学習にアメリアを活用する

翻訳の学習にアメリアを活用する

ぶみにゃんご a.k.a. サギニクイ

アメリア(Amelia)、ご存知ですか? 翻訳学校のフェロー・アカデミーと同じ運営の「翻訳者ネットワーク」です。
https://www.amelia.ne.jp/
私はスクールに通っていた頃に入会しました。翻訳学習者、駆け出しさん、海外在住の方の翻訳学習に役立つと思います。
ということで、活用法まとめてみました。

定例トライアル、求人サイト、コラム、翻訳者インタビューなど情報が豊富、ツールが安く買える、カウンセリングが受けられる等が主なメリットでしょうか。喘息で寝付いていた私にとって、アメリアはスクールでハローワークで図書館でした。

学習に最も活用できるのが、定例トライアル です。1回1500円。添削ではなく項目別の評価が出るので、レベルチェックに最適。過去問を遡って学習できるのもメリット。年間スケジュールを見れば短期目標立てやすいですよ。

定例トライアルを受け始めた最初は、Cが多かったです。凹みますが、頑張って過去問で学習したり、基礎知識を付けてください。B→Aになるころには、翻訳会社のトライアルに合格するようになりました。AA1回又はA2回で分野別の「クラウン」が取れます。クラウンのみの案件がありますし、スカウトの確率もあがってきますので、仕事につながりますよ。(ただし分野によります。特許は募集自体がアメリアではあまりありませんしね…ビジネス、技術、メディカルの方は、未経験から挑戦できる案件がたくさんありますよ)

幅を広げたい翻訳者、分野を決めかねている学習者には、翻訳トライアスロン もあります。年1回、3つの分野のトライアルの総合点を競います。ハードだけど価値はある! 残念ながら私は映像のハードルが高くてチャレンジしたことはありませんが、課題は毎年楽しみに見ています。

学び始めたばかりの人におススメなのが、「翻訳お料理番」と「一行翻訳」。お料理番は短い課題で、上位はAmazonギフト券がもらえます。丁寧な解説、入賞者の訳文と訳例を読めるので、気を付けるポイントや調査の勉強に。名前が出ると自信つきますよ♪ 一行はマーケティング翻訳の勉強にも。コンテストがあれば、レーティング(評価)だけ参加しても。他人の訳を真剣に見るのってすごく勉強になりますよね。

アメリアにはコラムも満載です。分野別、日本語学習、英訳、チェッカー、いろんな情報があります。セミナーや書籍何万円分にも匹敵する内容です。読まないのはもったいない!役に立ったものを挙げますが、人によるので、ご自分で見てみてくださいね。
フリーランスの知恵袋:どれもいい!
翻訳者のためのマクロ入門:新田さんのコラム
帽子屋の翻訳十二夜:高橋聡さんの辞書の話
翻訳会社の舞台裏:案件の流れ、PMの仕事、ツールのタグ…
伝・近藤のトライアル現場主義!:トライアル前に読むべし!
チェッカーの目:自分の訳文見直しにも
日本語を磨く、英訳
応募から登録まで 誌上トライアル・シミュレーション
ベテラン翻訳者&翻訳会社が伝授する 専門分野の情報源と調べ方
納品までの時間割:人によって分野によっていろいろで面白い

コラムの情報が古くて参照できなかったりソフトが使えなくなったりする場合もありますが、エッセンスは変わらないはず。新しい情報を調べなおすのも、翻訳の学習の1つと思ってやってみてくださいね。

アメリアに入会するなら友人紹介!紹介した人もされた人もAmazonギフト券が3000円もらえます♪(本が買えますよ♪)
かなりの人数紹介したのですが制限はないみたいなので、入会していそうな知り合いに聞いてみてください。

求人編はまた後日♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝感激雨あられ♪(昭和)
ぶみにゃんご a.k.a. サギニクイ
40代後半から翻訳の学習を始めた産業翻訳者(チェッカー3年、翻訳4年)です。Twitterで連ツイにしていた初学者向けのお勧め、技術英検についてまとめています。高額翻訳詐欺講座撲滅! ご質問は→Twitter @bumicchu ぶみにゃんご までDMでどうぞ♪