SAC about YODAN

125

『木皿泉』に見る、わたしのすきな夫婦のかたち

木皿泉という脚本家がいる。 ドラマ『すいか』『野ぶた。をプロデュース』『セクシーボイスアンドロボ』などを手がけており、『木皿泉』とは、和泉 務…

アッコにおまかせしない −「仕事って何だろう」の途中で見えたもの報告

こどものころから「こうしたらいいのに」「なんでこうしないんだろう」という(うるさい)目線をもっていた。同時に、全体を把握できないと一部として動…

何年たっても「じぶんのリーダーは、じぶんです」だよねという話

「毎年、3月11日になると『あのとき、何してた?』って話になるじゃないですか」 数年前の3月11日、喫茶店である女の子がそう話しだした。 「すごくた…

「分人主義」は、中学生の必須科目にしたらいいと思う。

平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ』を読んだ。本の感想や紹介は苦手なので、読んだときの心の動きを、アホみたいにそのままお見せしよう…