見出し画像

飲みながらできる本屋さん。さばのゆの「ひとおけブックス」始まります。桶のレンタル料金は38円。

さばのゆで「ひとおけブックス」が始まっています。

カウンターで飲んでいる人なら、38円でケロリン桶を借りて、
付箋に値段を書いて、本や雑貨、好きなお店をひらけます。
もちろん本以外のレコードや雑貨なども置いていただけます。
販売手数料ナシ!(笑)

先週、ご近所の編集者、著述家の岡部敬史さんが38円で開いた
ひとおけブックスは、2冊も売ました。

ビール飲みながらが良いですよね〜

カウンターを見ていて、とても良いなーと思いました。
会話が生まれるきっかけになるし、飲みながらケロリン桶の本の魅力を語るひとおけブックス店主と、同じく飲みながら聴きいるお客さん。
やがてお互いにフラットな会話が弾んで、
酔いの力もあってか、手に取った本が買いたくなる(笑)

売上げでビールのお代わりを注文してくれた岡部さん。

これはひょっとして、ありそうでなかった楽しいことかもと思いました。

さばのゆのライブや落語などのイベント以外、
カウンター営業やパーティー中は、オープンできます。

マスターに気軽にお声がけください。

詳しくは、経堂経済新聞の記事を。

経堂のイベント酒場で「ひとおけブックス」 ケロリンのおけを本屋に
   ↓
https://kyodo.keizai.biz/headline/631/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!