見出し画像

正しい屍の作り方

Sayaka Ishizuka

(注:不穏なタイトルですが真面目な話です。)
私がかれこれ5年ほど関わっている「ともに考え、ともに創る」をテーマに全国のシビックテック活動を支援するCode for Japanでは、毎年Code for Japan Summitというイベントを行っている。
2016年に開催したサミット会場は、横浜市金沢区にある区役所庁舎。
そして、会場側のまとめ役をしたのが当時地域振興課にいた私だった。

きっかけ
はじまりはその1年前にさかのぼる。
2015年のサミット開催場所として選ばれたのは東京都豊島区。
会場はなんと庁舎移転で使わなくなった区議会議場だった。
私はGLOCOMの庄司先生にお声掛けいただき、金沢区におけるオープンデータ等の取組みについて話すために訪れたが、はっきり言ってその会場は衝撃的だった。
「〇〇党控室」と書かれたプレートのある部屋に入ると、みんながお茶を飲んで悩み事相談していたり、子供が楽し気にプログラミングツールをいじっている。
議場では行政職員、シビックテック関係者、民間企業が入り混じって「ともに考え、ともに創る」を実践するがごとく、様々なテーマでセッションが展開されている。
「行政ってほんとはすごく自由なものなんじゃないか…?」と思わず考え込む時間だった。(と私が感動したのに、運営していた人からは「掃除が大変でねぇ!」という話しか聞こえてこないのがアレだがw)

そんなことがあったのでその翌年に「豊島区で出来て金沢区でできないってことはないでしょう!」と上司を説き伏せて、現役稼働中の金沢区総合庁舎を舞台にCode for Japan Summitを開くことになる。
公式サイト

画像1

私は豊島区会場の方が衝撃だったので、自分の職場でもある庁舎を使うことがすごいことだとは本当に思っていなくて、自分の職場だから勝手がわかっててラッキー♪くらいの感じだったのだが、来場したみんなが「は!?この庁舎って現役稼働中なの!?すごいことすんね!!」と口々に言うので「あれ?もしかしてそれってすごいことなのか?(-_-;)」とようやく思ったくらいナチュラルに受け止めていた。

そのサミットは2日間で31のワークショップが開かれ、延べ650名の来場者を記録した。
開催レポート

庁舎を会場として使うにあたり最も気をつかったのは「いかに地域に開かれたイベントにするか」ということ。
そのため、Code for Saitamaメンバーと区内自治会町内会の協力による防災マッピングパーティーや、子育てがしやすい地域とはどういうところなのかを民生委員や保健活動推進員、産後ケアを推進するNPO、区の職員が膝を突き合わせて考えるワークショップ、様々なプログラミングツールを集めたワークショップなど、老若男女問わず参加できるようなイベントを盛り込んで行った。

【Code for japan Summit 2016 無事に出航しました。】 2日間に渡るCode for japan Summit 2016-Voyage-...

Posted by 石塚 清香 on Monday, November 21, 2016

その後
金沢区の段階で自治体巡業というのが定着したのか、その翌年は神戸市、そして2018年は新潟市での開催となったサミットだが、新潟では神戸市開催の時に尽力をした三田市の高橋さんに声掛けしてもらい、私と豊島区の安達さんも加わって「サミット振り返りセッション」を行った。

サミット自体はできるだけ多くの地域に関わってほしいが、開催地が変わっていくことで行政側がサミットに関わる上で持つべき知識を引き継ぐことは困難になるという課題感を3者が共有していたことがセッションを実施した理由である。

サミット開催にあたっては、会場の確保というイベントには当たり前にある手順以上に、多数のワークショップを行うにあたってどういう情報を事務局側に提供しておけばいいか、庁内合議にあたっての説明(行政課題とサミットの開催をどう政策的に結びつけるのかという点)や、地元への呼びかけを行うために行政の広報スケジュールに合わせて必要な要素をどう揃えておくかなど、様々な留意すべき点がある。
理想的なのは、行政の側にCode forの活動に理解があり、かつ業務としてしっかりと担当してくれる人がいることだが、状況(地元Code forブリゲートと行政の関係性や担当者の異動など)によってはそれも難しい場合が予想される。

そういう知見をどう引き継いでいったらいいかという話をしているうちに、安達さんがスライドタイトルとしてつけていた「俺の屍を越えていけ」というのが非常に象徴的なキーワードだと感じはじめてきた。

そうか。大事なのは経験をしてきた私たちが正しく屍となり肥やしとなることであり、そのためにどう知見を残していくかを考えることなんだ。

具体的な方法などはまだ検討しないといけないけれど、そういうアーカイブづくりを通して、各地の行政職員と新たな繋がりを作っていくことも公務員的シビックテック活動なのかな~と思ったのでした。

Sayaka Ishizuka
横浜市デジタル統括本部デジタル専任職・総務省地域情報化アドバイザー・Code for YOKOHAMA・横浜市職員自主勉強会「よこはまYYラボ」・「地方公務員が、本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017」受賞