ブレーキの基礎 握り方と姿勢
見出し画像

ブレーキの基礎 握り方と姿勢

マウンテンバイクにおけるブレーキは非常に奥深いものがあります。
特に下りの場面においては、スピードを落とす制動力を求めたブレーキだけでなく、速度を調整すると言う役割も担っていますから、とてもデリケートなテクニックが必要になってきます。
スクールをやっていると速度が出すぎたら「ぎゅっ」と強く握って速度を落とし、そしてまたブレーキを離して速度が出すぎたらまた握ると言う方も実際にいらっしゃいましたが、そういったブレーキの使い方はサスペンションの動きが不安定になり、またタイヤと路面のグリップによっては滑っていきなり転んでしまうと言うことも招きかねません。
適切なブレーキを覚えるためにまずは平坦なところで「じんわりと握る」そして前後のタイヤに対する加重のバランスをしっかりと整えたブレーキをマスターしてください!

ちなみに、たまに聞かれるのですが、内嶋は前後共に人差し指一本でレバーを握っています。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

DIRTLIFE MAGAZINE

月額1,500円

MTBライディングテクニック動画や解説、MTBやパーツインプレッション、その他情報を配信するMTBオンラインマガジン。 記事により無料、有…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1997年から2008年までMTBダウンヒルプロレーサーとして数度のチャンピオンを獲得。 現在はMTBイベント運営を行う株式会社ダイナコ代表を勤めながら、MTB、モータサイクル両ジャンルでメーカーとスポンサー契約を結ぶプロとしてレース参戦、スクール講師やインプレッションなど行う