見出し画像

[ミャンマー-03]シュエダゴン・パゴダを拝むっ

(龍論 2012/08/15 - 12:05)

さて、宿で若干トラブルはありましたが元気にヤンゴン観光へ出発です。

まず最初に向かったのがシュエダゴン・パゴダ。ヤンゴンへきたらまずはこれを見なきゃ(拝まなきゃ)でしょう!

拝観料の$5を払っていざ入場。(ちなみに現地の人は無料)

ご覧下さい、この雄大な姿。

画像1

画像2

画像3

後日、夜にも行ったのですが、夜はライトアップされてますます美麗な姿。

画像4

画像5

バンコクでも見たような寝っ転がってる大仏や、

画像6

でっかい鐘もあります。

画像7

ここは半日いても飽きないです。昼夜どちらも結構時間に余裕があったのでじっくり見ることができて良かったです。

行ってみて気づいたワンポイントテクニック。

①自分が生まれた曜日を事前に確認しておく。

ミャンマーでは自分が生まれた曜日を非常に重視するそうです。シュエダゴン・パゴダでも曜日ごとに拝む場所が用意されていました。ので、適切な場所で拝めるよう自分が生まれた曜日を予め確認しておくと良いと思います。

②自分が入ってきた方角をしっかり覚えておく。

シュエダゴン・パゴダには東西南北の四方から入ることができるのですが、中をぐるぐる回っているとそのうちに自分がどの入口から来たのか分からなくなります。入場の際に履物を預けるので、そこと同じところに戻らないと履物を回収できません。帰る時にわたわたしないよう、自分が入ってきた方向を意識的にしっかり覚えておくと良いとおもいます。

といった感じのシュエダゴン・パゴダ。今日はこの後夜行列車でマンダレーに向かうのですが、それまでもう少し時間があるので、次は国立博物館へ行ってみることにします。


【2021/01/31 追記】
こういう無条件で畏敬の念を集める存在っていいですよね。キレイでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ムダが大嫌い。 整理整頓、効率化が大好き。