テレワークでの家庭内防音を考えてみる
見出し画像

テレワークでの家庭内防音を考えてみる

コロナで自宅で複数人同時にテレワークになっている…なんてことになっています。

部屋が近かったり共有だったりすると、困るのがビデオ・電話会議。
誰かが会議のとき、同居人は音を出さないようしていなければなりません。

大人ならともかく、お子さんやペットがいる場合はストレスフルです。

どうにか防音する方法はないか考えてみました(そんなに真面目な記事じゃないです)

画像5

なにを防げばいいのか

会議において

A. 音が外に漏れる
B. 外からの音が入る

の攻守両方を防げば。
同居人が音を出さないようにするストレスを感じたり、聞こえちゃいけないものが聞こえてしまったり、を防げそうです。


音を外に出さないようにする

1. ヘッドフォンかイヤフォンを使う

画像4

Photo by rupixen.com on Unsplash

これがあれば少なくとも会議相手の声が外に漏れることはないはずです。
たぶん必須です。

2. 防音マイクを使う

画像5


世の中には防音マイク・ミュートマイクなるものがあるらしいです。
https://shopping.yahoo.co.jp/search/%E9%98%B2%E9%9F%B3+%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF/0/

問題点としては見た目が防毒マスクなことでしょうか。
音声のみの会議と、ビデオ会議ではアバターがあれば使えるかもしれません…。

こんなかっこいいのも出るとか出ないとか。
https://sirabee.com/2017/04/16/20161091125/

3. 変声器を使う

画像6

音の中途半端な知識だと

1. 音は低いほど遠くに伝わり防音が難しい
2. 人間の耳は3-4KHz(結構高い音)の感度が高い

のはずです。
つまり声が高くなるボイスチェンジャー=プライバシーに配慮したあいつを使えば、原理的には外に音が漏れづらくなる…ような気がするのですがさすがに試していません。
(しかしわりと大真面目です)

ボイスチェンジャー使うと勝手に元の声に戻してくれるソフトとかあればいいのかな。


外から音が入らないようにする

書いてて上と同じ意味だと気付きましたが、このままいきます。

1. 防音カーテンを使う

画像7

特に高音域…赤ちゃんの声などはだいぶ防いでくれるようです。
昔使っていましたが、赤ちゃんはわからないものの音楽や声であればそこそこ防いでくれました。

問題点としては、夏暑かったです。

2. 防音+吸音材を貼る/置く

画像8

PCとか使うところや音が漏れそうなあたりに防音シートや吸音材を置く/貼るのも効果がありそうです。
別の理由で実際に使っていますが、そこそこ効果あります。

グラスウールとかでもよさそうですが、どうなんだろう。


音を両方防ぐ

要するに防音室です。

1. 個人用防音室を使う

画像2

個人ごとに簡易でも防音室があればたぶん最強です。
たとえばこんなのとこか。
https://www.danbocchi.com/

問題としてはけっこうお高いということと場所を取るということです。


2. トイレにこもって会議する

画像1

Photo by Kolar.io on Unsplash

実際に試しました。
防音性高で鍵もかかるし効果はあるのですが、ビデオでの背景が問題です。
あと無性に悲しい気分になります。

でも効果はありました。
やはり大真面目です。


まとめると

安くすませるなら、
トイレにこもった上でヘッドフォンをし防毒マスク姿で会議することになりそうです。アバターと背景必須。でも真面目に地味に効果はありそうです。

順当に考えるのなら、やっぱり防音材か個人用防音部屋になるんでしょうか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!お好みあえばシェアもなにとぞ
おしごと関係以外で自作したもの ボカロやAIきりたんで曲をつくります