見出し画像

TikTok提携承認予測、まとめレポート

PredictionGeeksで行われた予測トピック「TikTokの提携案が10月中に米国中国両政府に承認されるか?」についてのまとめレポートです。

予測結果

最終的な予測の平均値:6%(提携案が承認される確率は6%だと予測されていた)

実際の結果:10月中に提携案は承認されていない

この予測トピックは、混迷を極めているTikTokの支配権をめぐる米中の対立が決着を見せるかどうかを考えるために行われた。

TikTokに関してグローバル事業を分離し米オラクルなどと新会社を設立し提携することに9月に合意している。しかし、その支配権を巡り米中両政府が対立しており、10月中には提携案に関する最終的な合意には至っていない。

混迷の提携案

8月6日、安全上の理由などからTikTokの運営会社などに対してTikTokの米国事業を米国企業に売却を命じる大統領令が発せられた。その後、バイトダンスとオラクル・ウォルマートが提携することが発表された。

しかし、この提携案についてトランプ大統領は一時期は好意的に評価したものの、正式には承認していない。さらに中国企業がTikTokのレコメンドアルゴリズムなどの技術を輸出することを制限する規則を中国政府は新たに課しており、提携案の混迷に拍車がかかっている。

この提携案が米中両政府により承認され落ち着くかが注目されているが、10月中にはまとまらなかった。

一部のメディアでは、取引の承認は11月3日の大統領選挙以降にずれ込む可能性があると報じられている。

予測の動向

予測期間:2020/10/01 ~ 2020/10/25

スクリーンショット 2020-10-31 13.32.14

予測開始当初から承認される可能性は低いと予想されていた。その後およそ1ヶ月ほど、提携案に関する情報がほとんど無かったため、承認されないとの予想が増加、最終的には6%の水準になった。コミュニティの予測は比較的正確であったと言える。

PredictionGeeksについて

PredictionGeeksではその他様々な予測を行っています。予測を通じて健全な情報共有・議論を行うことを目指しています。予測精度の高いユーザーには賞金もあります。是非ご参加ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
「集合知をデザインし社会をアップデートする」というVISIONの下、集合知に関するサービスの開発・運営・研究を行っています。 PredicitonGeeks:https://predictiongeeks.com メールアドレス:info@crop-pm.com

こちらでもピックアップされています

予測まとめレポート
予測まとめレポート
  • 9本

PredictionGeeks内で行われた予測のまとめレポートです。どのような予測が行われていたか、みんなどう予測していたのか、結局どのような結果になったのか、についてまとめられています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。