見出し画像

ガソリンの需要縮小時代に生き残る地域密着型ビジネスの成功事例

1.はじめに


 近年、新聞やガソリンスタンドなど、多くの業界が市場縮小に直面しています。しかし、顧客との信頼関係を築き、新たな価値を提供することで、縮小する市場で生き残り、地域に不可欠な存在となることが可能です。

 この記事では、そのような存在になった新聞店、ガソリンスタンド、家電販売店の事例をご紹介し、その秘訣を探っていきます。

 この記事は、以下の方を対象としています。

  • 顧客との信頼関係を築き、地域貢献を実現したい経営者

  • 縮小市場における新たなビジネスモデルを探求する経営者

  • 地域密着型の小売業やサービス業に従事する経営者

 この記事を最後まで読むメリットとして、以下が挙げられます。

  •  顧客との信頼関係を築き、新たな収益源を生み出す具体的な方法を学べる

  • 縮小市場における成功事例から、自社に活かすことのできるヒントを得られる

  • 地域貢献と収益向上を両立する経営戦略を理解できる

 では、本題に入って行きましょう。

2.新聞業界の挑戦と新たなビジネスモデル

 インターネットやスマートフォンの普及により、新聞の発行部数が縮小しています。日本新聞協会によると、2000年には5,370万部を超えていた新聞発行部数は、2023年には2,860万部を下回り、23年間で実に46%以上も減少しています。この厳しい状況は、地域に根差した新聞販売店の経営にも大きな影響を与えています。

 そんな逆風の中、売上高を大幅に伸ばし、地域に不可欠な存在となっている新聞販売店があります。

 同店は、新聞配達や集金という日々の業務を通じて築き上げてきた顧客との信頼関係を活かし、地域の住民に向けて「生活サポートサービス」を開始しました。

 このサービスは、集金時に顧客宅を訪問した際に、電球交換やドアノブの修理、エアコンのフィルター清掃など、日常生活に必要なちょっとした困り事を解決するものです。当初は無料サービスとして提供していましたが、「頼みにくいからお金を払いたい」という顧客の声を受け、現在は1時間3,000円という料金設定で提供しています。

 生活サポートサービスは、顧客の生活を支えるだけでなく、新たな収益源としても大きな貢献を果たしています。同店の売上高は、創業初年度と比較すると222.5%と倍増を達成。新聞販売店という枠を超えた新たなビジネスモデルを確立しました。

 次に、このような取組みを行っている、あるガソリンスタンドの事例を見ていきます。

 ここからの記事は有料(980円)ですが、月額9,800円のマガジンを購入いただければ、毎日投稿される有料記事が、ひと月間読み放題になります。また、LINEに登録の上、読みたい有料記事のタイトルを教えていただければ(LINEのメッセージ1通につき、タイトル1つでお願いします)、ご希望の多かった記事の有料部分を毎週日曜日に配信をします。登録はこちらから↓↓↓

続きをみるには

残り 1,087字

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?