見出し画像

戦術と戦略の違いとは?組織全体の視点からガソリンスタンドを活性化!

1.はじめに


 「戦術」と「戦略」は多くの場面で使われる言葉ですが、その違いを理解している人は意外と少ないかもしれません。本記事では、戦略と戦術の明確な違いを説明し、ガソリンスタンドの現場でどのように活用するべきかを解説し、理解促進を図ります。

 なお当記事は、ガソリンスタンドの経営者やリーダーだけでなく、組織として成果を挙げたい多くの方を対象としています。

2.戦術と戦略の基本理解

 戦術は、個人のスキルに依存するものです。技術、芸術、武術など、「術」のつく言葉が示すように、個人の才能や経験がものを言います。優れた戦術は、まさに勝利へのショートカットと言えるでしょう。

 しかし、どんなに優れた戦術も、それ単独では目標達成を保証するものではありません。戦術を最大限に活かすためには、全体を見渡せる「戦略」という羅針盤が必要です。

 戦略は、組織全体の動きを統率し、勝利へと導くための指針であり、長期的もしくは全体的な視点から目標達成までの道筋を設計します。戦術は、この戦略という土台の上に構築されるものです。ガソリンスタンドを例に挙げてみましょう。

3.戦術志向のガソリンスタンド店長の事例

 21年間、ガソリンスタンドの現場に身を置いた私は、多くのアルバイトスタッフと出会ってきました。その中には、圧倒的な販売力を持つスタッフもおりました。彼らは、タイヤ、エンジンオイル、洗車…どんな商品でも次々と売りさばいていきます。

 しかし、そんな販売力を持つスタッフに対して、高い時給と長時間の勤務を条件に、戦力として彼らをフル活用しようとする店長も少なくありません。しかし、その結果は往々にして、早期退職という悲劇を招きました。

 つまり、長時間労働による疲労は、彼らスタッフのモチベーションを徐々に奪い、ついには店を去られてしまうということです。そして、彼らの去った後には、再び低迷する売上という現実が残ります。

 そこで、上記のような個人のスキルに依存する戦術志向だけでなく、戦略志向も必要と言えます。以下で、戦略志向のガソリンスタンド店長の事例を述べ、戦術と戦略の違いを明確にしていきます。

 ここからの記事は有料(980円)ですが、月額9,800円のマガジンを購入いただければ、毎日投稿される有料記事が、ひと月間読み放題になります。また、LINEに登録の上、読みたい有料記事のタイトルを教えていただければ(LINEのメッセージ1通につき、タイトル1つでお願いします)、ご希望の多かった記事の有料部分を毎週日曜日に配信をします。登録はこちらから↓↓↓

続きをみるには

残り 892字
この記事のみ ¥ 0〜
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?