小学生なりにミスチルに共感した話。

Rio Hosokawa


シンガーソングライター、作詞家やってます、Rio Hosokawaです。

小学生の頃の話。

私にはヒカリちゃんという友達がいた。
めちゃくちゃ可愛くて、スタイル抜群でよく漫画に出てくる主人公みたいな子だった。

保育園から一緒でとっても気が合った。

小学生高学年になると、女子というのはだんだんアイドルや音楽に興味を持ち始めるようになる。


そしてヒカリちゃんはお兄ちゃんの影響もあってバンドもよく聴いていた。
大人だと思った。


これ、お兄ちゃんのなんだけど、超良いよ。


そう言ってMr.Childrenのアルバム
「It’s a wonderful world」を貸してくれた。

大人が聞くやつだ。
そんなことを思いながらその夜、CDプレイヤーにヘッドホンを繋いで畳に寝転んで聞いた。

超良かった。
何がどう良かったか、その頃言葉にできなかったけど、
そもそも小学生が脱落せずに黙って一枚まるまる聴けるアルバムって、すごいと思う。

ありがとう。

全部聞いた。


これで全てが通じ合えたあの頃。

ファスナーという曲の某有名ヒーローが出てくるサビを2人で大合唱してケラケラ笑ってた(意味がわからないからケラケラ笑えてた)。


そしてその一年後、ヒカリちゃんは
Mr.Children「くるみ/掌」のシングルを貸してくれた。

ざっくり超良いと感じた「it’s a wonderful world 」の経験から一年。


小学生の一年というのは、大人の一年とは大きく異なり、価値観の変化や心の成長がすざまじい。

私は塾に通い始めたり、目立ちたがり屋が功を奏し児童会長になったり、友達のことで悩んだり、小さいけれど少し先の未来について考えることが増えていた。


CDプレイヤーにヘッドホンを繋いで畳に寝転んで、くるみを流す。

優しい歌が流れた。

そして歌詞のひとつひとつが、私の当時ある悩みに寄り添い始めた。

「昨日お母さんに優しくできなかったな」
「塾の勉強も難しくなってきて、今より頑張りたいけど怖いな」
「もう楽観的な児童じゃいられないんだ」
「これからどんどん環境が変わっていくんだ
あっという間に中学、高校と移り変わっていくんだ」

今思うとなんて小さな悩みだと思う笑。
けれど当時はこれが私の全てだった。

今以上を求めるけど、ここにいたい気持ち、変化が楽しみだけど不安に感じる気持ち。

会ったこともないのに、私の気持ちのことを歌っている。
友達や先生ではない、会ったことのない人に心を当てられた気がした。

初めて音楽に共感する、
という経験をした。

多分ミスチルはこんな瀬戸内海の端くれの児童にクリーンヒットしているとは夢にも思わないだろう。

これが、いわば私にとってのミスチル記念日となった。



それから私は誕生日だかクリスマスだかなんだかの日に、親にWALKMANを買ってもらって、
いらないものを持って来てはいけないという小学校の鉄の掟を破ってまで、くるみを聞きながら登校した。


児童会長でありながら、だ。


これが政治家なら間違いなく政治生命を絶たれ、
現代であればTwitterで吊し上げられ、
ボコボコのネットリンチに合い、
救いようのない謝罪会見の上に、
どこかの孤島で生涯身を潜めただろう。
(そもそも当時の家は因島だなのから、はじめから島流しはあってないようなものだ。)

そんな危険を犯す価値が、くるみにはあった。


そうして小学生〜大人へ、どの時代もくるみは姿を変えながら何度も私を救ってくれた。
寄り添ってくれた。

ミスチルってすげえ。

いつかミスチルに思いを伝えられる日が来るとしたなら、私はこの話をしたい。


あんな小さい島にも届いていました、
当時の小さいけど、その世界が全てだった自分の心の支えだったと、お礼が言いたい。


くるみのことを思い出すたびに、
私の中の歯車が回るのであった。

そんな、ミスチルの、話。



お後がよろしいようで。


—————————————————————

【Rio Hosokawa】
SNSや曲を聞くにはこちらから。

【ライブ】
【日程】2023年1月26日(木)
【公演名】未完三十七  帰ってきた通常未完
【時間】OPEN 18:30/START19:00  ※配信は18:45から待機画面
【料金】前売2,400円(D別)/当日2,900(D別)・配信チケット2,200円
【チケット購入URL】
https://tiget.net/events/221923
【配信チケット購入URL】
https://twitcasting.tv/yotsuyalotus/shopcart/207022
【出演】ウオウサオウ/Rio Hosokawa/三輪美樹生/天田優子/近藤田付也

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!