vsベティス

【ラ・リーガ】アトレティコ・マドリ―VSレアル・ベティス

前回の記事はこちら

オサスナ戦はサボりました。すみません。

試合は2-0と勝利し、リーグ戦では久しぶりの複数得点と得点力不足に喘ぐチーム・サポーターには良い試合だっただろうと思います。

スタメン

vsベティス

(この戦術ボードを作られた方です@jun_kanomata

アトレティコ:コケが負傷でメンバー外に。SBはロディ、トリッピアー。SHはルマル、エレーラというチョイス。
ベティス:前に乾が在籍していて、ポジショナルプレー志向な監督がいて解任されたくらいの知識です。バルトラがアンカー??


【前半】ベティスの攻撃の型

ベティス1

ビルドアップ時は3-3-3-1のような形になるベティス。そこからゴール前に迫る手順としては

①バルトラがCB間に落ちる(サリーダ・ラボルピアーナ)動きを行い、最終ラインの3人+カナレスでひし形を形成

②マンディorフェダルにボールを預け、アトレティコのブロックを左右に揺さぶる

③同サイドのSB(エメルソンorモレノ)にパス

④エメルソンの単独突破orCB-SB間のスペースに走り込んだ選手にパス

といった流れでペナルティエリアの平行線まで侵入していました。ただこれだけ複数パターンがあると、プレッシングの鬼アトレティコ・マドリ―も狙いどころを定めることが出来ません。サイドで手詰まりになってもバルトラ経由でサイドチェンジをして、アトレティコのブロックを大きく動かしたことも、狙いどころ・奪いどころが定まらなかった理由でしょうか

要所でのインターセプトも見られましたが、同じ場所・選手でインターセプトはできなかったので、たまたま成功したとみて良いでしょう。

ですがベティスには決定機らしい決定機は無く、得点の匂いはしませんでした。


【前半】アトレティコの攻撃

触れない訳にはいきません。とりあえず触れます。ポゼッション対カウンターの構図となったこの試合。もちろんアトレティコがカウンター側です。

ボールを回収したらとりあえずモラタ。アバウトなボールをモラタ目掛けて蹴る。もしくはフェリックスが降りてボールを受け、モラタに当てるか。

モラタがサイドに流れてボールをキープし、味方の攻め上がりを待ち、味方が走力でベティスに勝ち、深いエリアまで侵入するシーンが多々見られました。

チャンスシーンはロングカウンターからモラタが抜け出し、GKとの一対一を決めきれなかったシーンくらいですかね。思わず、あれ外すかと思ってしまいました。


【後半】身体に染み付いたハイプレスからの先制点

前半同様、ポゼッションのベティス、カウンターのアトレティコという構図で時間は過ぎていきます。ファールゲームになっていき、次第にカードが両チームに出るように。

試合の流れが変わったのは56分。ルマルに代わり、コレアが投入されました。

直後にアトレティコは自陣深くでFK。ロングボールが入り、フェリックスが競るものの、ベティスのモレノがこぼれ球を拾います。で、モレノがパスorクリアしようとしたところ、モレノに対してプレスに行っていたコレアにボールが当たってしまい、こぼれ球をそのままコレアが運び、シュート。アトレティコが先制に成功します。

僕がここで注目したのは、コレアが当然のようにモレノにプレッシングを仕掛けに行っていた部分です。アトレティコを見続けている方には当たり前なことかもしれませんが、この動きを体に浸み込ませるのは相当大変なことです。また、どうしても味方選手との連動性も気にしてしまうので、チームとしてまずは前からプレッシングを行うという決まり事があったからこその得点だったと思います。


【後半】焦るベティス ファイヤーベティス

自分たちが試合を支配、いやボールを支配していた中での失点。おそらくゲームプランとしては、ボール保持の時間を多くしてどこかで1点取って逃げ切ることだったと思いますが、プランが崩れ、ホームで追いつかねばならなくなったベティスは、最終ラインを上げてピッチの半分のエリアに相手を押し込みます。 

最終ラインをあげるということは、リスキーでもあります。カウンターに秀でたアトレティコ相手にラインを高く設定するということはカウンターが炸裂しやすく、失点のリスクが高まります。

またベティスは右のエメルソンがまるでWGのような高い位置を取り始め、単独で突破していきますが、ピッチのなかでの意思統一が失点後は上手くいかず、チームとして間延びし始め、なかなかゴール前に迫ることが出来ませんでした。

一方アトレティコは83分ごろに2点目を挙げ、ベティスも1点返しましたが、時すでに遅しと試合終了。


さいごに

2週間ぶりのアトレティコ戦のレビューでした。試合の印象としてはベティスはいいサッカーしているけれど、強くはないという印象で、もっとゴールに迫れるようになったら怖いなと思います。一方アトレティコは取るべきと所で得点できだと思われます。

とりあえず勝ててよかったです!!

今回もお読みいただきありがとうございました!

【試合結果】
ベティス 1-2 アトレティコ

58分 コレア
84分 モラタ
90+3 バルトラ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

何か不満な点はありませんでしたか?
3
文系大学生/FC町田ゼルビア/アトレティコ(西)/サッカーの戦術ブログを書いてます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。