マガジンのカバー画像

心の癒やし系

384
心を癒やす言葉達を集めてみました。
運営しているクリエイター

記事一覧

期待すると裏切られる、けれど期待しないのは虚しい

わたし達が毎日活動をして行く時、何かを期待しながら行動をしていますよね。 でもその行動が必ずしも、期待通りに行かなかったりします。 わたしも、今間での人生で、いろんな期待をしてきましたが、なかなかそれが叶った事の方が少ないぐらいです。 ✅他人は期待通りには動かないものアドラー心理学でも学んだ事なのですが、自分と他人は分離して考えた方がよさそうです。 自分の事はいろいろできますが、他人が何かをする事は期待する事はできますが、コントロールする事はできません。 往々にして、よくそ

スキ
57

気持ちが落ちたら、元気が無いのが当たり前

時には、気持ちが落ち込む事があります。 よくやってしまいがちなのが、落ち込んで元気が無くなってしまったら、慌てて元気になろうとすると、逆にしんどい思いになることになりますね。 そういう時はおとなしく、落ち込んだまま、その状態を受け入れて行く方が逆に早く解決したりします。 ✅落ち込んでいる人は元気がない落ち込んでいる人が、元気が無いのが当然の人間の反応です。 これで、元気だったら、無理をしているか、何かおかしい事が起きているかのどちらかになります。 気分が上がらないのに無理を

スキ
53

自分の評価を誰かに委ねないで

学校なんかでは、評価は先生がする事が多いですよね。 その影響か、自分で自分をきちんと評価できない人が多い様な気がします。 人に評価される事に慣れてしまっている人は、自分で自分をうまく評価する事ができなかったりします。 ✅自分が許せればいい本当であれば、自分の評価は自分でするのが一番なんですよね。 他人の評価ってあやふやで、かなり不確かだったりします。 たまに当たる事もあるかもしれませんが、それはあなたのホンの一部だったりするんですよね。 癖になっている他人の評価で動くよりも

スキ
58

無いものは光輝いて見えてくる

人は全てのものを手に入れる事はできません。 そして、なぜだか分からないけれど、自分が持っていないものが、光輝いて見えてくるのが不思議ですよね。 あの人は、勉強ができる。 あの人は、沢山稼いでいる。 あの人は、素敵なパートナーがいる。 などなど。 ✅つまり、となりの芝生は青いって事結局古くから言われている言葉で言い表すと、「となりの芝生は青い」っていう事ですね。 やっぱり人は自分の事ってよく見えていなかったりするんですよね。 だから、人の持っているものが青く見えたり、輝いて見

スキ
47

疲れているとろくな事しないって話

わたしの仕事は年末がめっちゃ忙しくなる業種。 これを書いている今日は、本当に疲れのピークがきています。 けれど、今日までは仕事があるので、何とか今日一日を乗り越えなくてはいけなんですよね。 でも、疲れが溜まってくると、思考が良くない方向に行きがちになります。 ✅真面目すぎてはいけない、さぼろう人は、真面目過ぎると、自分の体調や疲れの状態などを無視して、人の迷惑の事ばかりを考えてしまいます。 そうすると、どんなに疲れていても、仕事をしてしまったり、誰かを助けルために生真面目に

スキ
39

言葉の魔力

言葉には魔力があるんじゃないかと思うぐらい、強力が力が宿っているのは、なんとなくわかっているのではないでしょうか? わたしたちは、言葉によって傷つけられて、言葉によって癒やされて来た経験があるはずです。 ✅攻撃力も強力直接に言葉で攻撃、暴言や、誹謗中傷などを浴びせられると、どんなに筋力のある男性でも、心が傷ついてしまったりするものです。 それに言葉の攻撃には、バリエーションがあって、直接的に発する意外にも、陰でこそこそ言うタイプのあとからじんわり効いてくるものや、大勢で非難

スキ
42

自分の悪い癖「被害妄想癖」

小さい頃から、ガチガチの家庭で育ったせいなのか、生まれ持った自分の性質なのかは、分からないのですが、どうしても誰かから攻撃をされているような気分になってしまいます。 それでも、最近は軽くなっては来たのですが、未だに抜けきれていませんね。 「被害妄想癖」を今日は考えてみます。 ✅悪い方向に考えがち悪い方向に考えがちなのは、癖というからには、癖の一つなんですよね。 くせになっているので、結構直すのが大変で、何もしていないと自然と被害妄想気味になってしまう。 でも、一番最初はこの

スキ
50

心が全てを決めていく

環境が心の状態を決めて行くのは間違いがないと思います。 確かに、いい環境に育っていると、いい心の状態になりやすいので、生きやすいんですよね。 でも、最終的に全てを決めているのは心なんですよね。 ✅見る聞く事の結果は心が判断するわたし達は、世の中を知るのに使っているのは、主に視覚や聴覚を使って世の中の情報を頭に入れています。 けれど、それらの情報をどんな風に判断するのかは、自分の頭、つまり心が決めているんですよね。 たとえ、いい情報を手に入れたとしても、心が上手く働いていかな

スキ
57

言葉と心の境界線をとる

生きていると、他人の言葉に傷ついてしまうことがあります。 それを防ぐためには、他人の言葉は言葉として、切り分けて行く事が大事になっていきます。 全ての言葉を、無制限に心に入れてしまうと、心が傷ついてしまったりします。 ✅言葉は言葉として他人の事は、単なる他人その1人の意見に過ぎません。 それとあなたのパーソナリティは全然関係がありません。 誰かの言葉は、一つの意見として、そのまま言葉として認識をしていき、自分の心とはすぐには直結しないように癖をつけていきましょう。 言葉の持

スキ
61

ある程度不自由な事が自由

実は完全な自由っていうのは逆に不自由になってしまうんですよね。 ある程度制限があることで本当に自由になれるんです。 なんでも自由過ぎるって事は、選ぶ事が多すぎて、毎日疲れてしまったりします。 ✅自由すぎると起きる弊害あまりにも自由過ぎると、行く方向性を見つけるのが困難になってしまいます。 なぜなら、どこにでも行っていいので、どの方向に行こうか考えるのに時間を取られてしまって、結局は、何もできずに終わってしまうのです。 また、自由になんでも選べて、何でも持てると目標も無くなっ

スキ
41

信じるかどうかのレベルを調整する

何かを信じて裏切られる事が多い人は、信じるってレベル高く設定されすぎています。 信じては行けない人を信じてしまったがために、そうやって裏切られて傷つけられてしまうんですよね。 逆に、信じるレベルが低い人は何でも疑ってしまって、全然自分が前に進めなくなってしまいます。 ✅日々が信じる事の練習信じる事のレベルの調整をうまくして行かないと、生きるのがとても面倒くさい事になりかねません。 きちんと丁度いいレベルで信じる行為するためには、毎日の判断で練習をして行くしかありません。 あ

スキ
37

他人の気になるところが、自分が気にしている事

人の事で、なんだか知らないけれど、気になる事ってありませんか? それって、実は、他人の事に見えて、自分の事だったりします。 自分自身がコンプレックスに思っていることで、それを他人がやっていると同じ様に気になるんですよね。 ✅心理学では「投影」って言われているこれは、わたしの知っている限り、心理学で言う投影というものなんでしょう。 自分の嫌いを表に出せない時などに、これが起こります。 表に出せないから、誰かにそれを投影して、自分の代わりに本当に自分の気持ちを表明しているんです

スキ
51

悩んでいる人は糸が絡まっている

何かに悩んでいる人は、たとえると糸がぐちゃぐちゃにこんがらがっている状態なんだと言えます。 こういう状態になっていると、自分の進み方が分からなくなったり、どうして行くのがいいのか前に進めなくなってしまいます。 ✅面倒くさいけれどほどくとりあえずこれを打破するためには、このこんがらがった糸をほどいて行く必要がありますね。 この作業って実際の糸をほどくのも面倒くさいですが、この心の糸をほどくのもかなり面倒くさいですね。 けれど、これをやらなければ、糸を辿って道を進んで行く事がで

スキ
45

楽しみは自分で作って行くスタイル

基本原理として、自分の事は自分で決めなくてはいけません。 特に大人になったのならば、なおさらです。 コレをいつも誰かに依存をしている考え方だと、世の中に愚痴ばかりで何も進まない自分になってしまいます。 ✅人は決めてくれないみんな、本当は自分のことで精一杯なのです。 たとえ、子育てをしているママでさえも、本当はかなりの無理を重ねて子育てをしています。 子供が可愛く感じる様にプログラミングされているから、なんとかやっているというぐらい、人間を育てていくのは修行の様なんですよね。

スキ
67