見出し画像

WHO推奨のワクチン啓発ゲームソフトで遊んでみました

フィンランドのスタートアップ企業が、ワクチン製造企業の資金協力のもと開発したという、ワクチン啓発無料ゲームソフト「ANTIDOTE」で遊んでみました。

同ソフトは、2018年「フィンランド・ゲームオブザイヤー」を受賞。ユーザーは世界で20億人を超えているといいます。

ゲームの遊び方は簡単。侵入してくる破傷風、麻疹、肺炎球菌、A型肝炎、インフルエンザ、HPV(ヒトパピローマウイルス)などの病原体に対し、プレイヤーが免疫系を組んでその侵入を防ぐというもの。

この続きをみるには

この続き: 2,013文字 / 画像1枚
記事を購入する

WHO推奨のワクチン啓発ゲームソフトで遊んでみました

村中璃子 Riko Muranaka

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
13
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

村中璃子、ちょこっと読み。
村中璃子、ちょこっと読み。
  • ¥980 / 月

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。