20190131baccarat2011xx様_

6ヶ月で年収1000万を超えたあきばの自己紹介

初めまして。ご存知の方はこんにちは。あきばと申します。

普段はブログやTwitterで情報発信しており、会社員をしながら物販やMNP、他諸々の副業を独立で成功、初年度から年収1000万プレイヤーとして日々あらゆる副業に挑戦しています。

これまでnoteは読む専門で、使っていたのですが、今後は情報発信する上でブログと切り分けて活用したいと考え、この度改めて記事を書くことに至りました。

6ヶ月で年収1000万を超えたあきばについて

早速ですが簡単に自己紹介になります。

1986年生まれ33歳男/既婚/兵庫県生まれ/東京都内在住/会社員/最終学歴高卒

私自身は頭もスペックも決して良い方ではありません。高校卒業して就職した飲食店を退職してから、アルバイトや日雇いの生活で食いつなぎ、20代前半の頃は100万以上の借金を抱え、貧困に喘いでいた時期もありました。

地方から都会に出てから長い間翻弄され、2度もマルチに引っかかり、大金を失ったことも経験しました。

転機は25歳の時に派遣社員として入社した会社の居心地が良く、会社の規模や将来性もあり、学歴も関係なく正社員を目指せる環境ということもあり、死ぬ気で働いて出世してやろうと腹を括りました。

同年代の友人は既に結婚したり、中には子供もいたりして、着実に差ができていることをひしひしと感じていました。その差を解消させるために必死で働き、休日でも仕事のことを考えたり、本を読んだりして、ひたすら能力を高める努力をしました。

そこから7年念願の正社員(総合職)の試験に受かり、東京の本社への栄転、係長職への昇格。これまでの努力が報われた瞬間でした。年収も待遇も跳ね上がった一方、ストレスや残業時間、プレッシャーといった負の側面も大きくなっていきました。

それ以外にも付き合った女性と3ヶ月入籍、引っ越ししたりで、生活環境自体も一人暮らしの頃に比べて著しく変わりました。

結果、2019年9月精神を病んでうつ病となりました。

自分の理解が浅く仕事に全くついていけず、交渉に負けたり、常に失敗して迷惑をかけてばかりでした。クライアント、現場部門、あらゆる人からバッシングされ、会議では的外れなことばかり失言して白い目で見られたりと、毎日が地獄のようでした。

これまでは生きがいも、自尊心も、生きる意味、何もかも全てを会社に依存していた私は現状の役立たずな自分自身に心底から耐えられなかったのだと思います。

会社を辞めるべきかも考えましたがこの時は「休職」という選択をとりました。この選択は人生の中でも、大きな分かれ道になりました。

休職してからの生活と副業との出会い

休職後の生活は、ほぼ廃人状態でした。何もせず家に引きこもり、ユーチューブや課金ゲーム、漫画を読み、ネット衝動買い等、金遣いはどんどん荒くなっていきました。自己嫌悪を感じては、現実逃避のため次の日も、また次の日も変わらない生活を送る日々です。最初から少なかった貯金がみるみるうちに少なくなってくるのは死ぬほど不安でした。

そんな廃人のような生活をしている中で、会社員という働き方について疑問に感じます。これまで当たり前のように、老後まで今の会社で働き続け人並みの生活をすることこそ安定だと考えていましたが、実際には違うのではないか?

これだけ精神をすり減らして辛い思いをしてまで働かなければいけない理由、それは結局のところ「お金」にたどり着きます。
逆に「お金」さえあれば、今の生活から脱出できるのではないかと。

休職中に考えていたことは、復職についての恐怖です。もし復職できなかったらどうしようか、復職してからストレスに耐えられるだろうか、退職したとして転職はできるのか、生活はやっていけるのだろうか・・。

うつ病という精神状態も作用して、このようなネガティブなことばかり四六時中考えていました。

それならいっその事、自分でビジネスをやった方が良いのではないかと思い立ち、インターネットであらゆる副業についての情報を探しました。「アフィリエイト」「せどり」「FX」とにかくパソコン1台で誰とも関わらず、家にいながら一人で黙々とできるようなものがベストでした。

正攻法でいくのなら、コンサルやスクール、塾に入って学ぶ方が近道かもしれませんが、あいにくそんな金銭的な余裕は一切ありません。

2018年12月ブログを開設。せどりを取り組み始める

2018年12月にまずは、ブログを開設。そして「せどり」を独学で取り組み始めました。その時の熱量は半端じゃなかったです。毎日リサーチを朝から晩まで行い、他の人のブログのノウハウを書き起こしたりとこれまで1つの物事に没頭したことは初めてだったかもしれません。

その時の現金の預金残高としては40万弱。クレジットカードがあったので、実際の仕入れ金額としてはそれ以上でしたが、使えるお金は多くはありません。徹底的に調べ上げ、確実に即売れて、かつ利益額の大きい商品を選定して仕入れを行いました。

初月月商34万円(利益6万)

金額よりも、自分の力で0からお金を生み出せることに大きな可能性を感じました。当時の自分は会社を辞めることしか考えていませんでしたので、休職中に絶対に会社の給料を超えてやるという強い動機が原動力となっていました。

得た利益は再投資、さらに仕入額を増やしたり、販売チャネルも増やしていき、忙しくなりましたが、2ヶ月目から会社員としての手取り額を超えることに成功。

2ヶ月目月商159万円(利益23万)

この頃は仕入れにほぼ全額投資していたので、入金のタイミングによっては、キャッシュフロー的には際どい状態が続いており、今ほど余裕がありませんでしたが、お金への不安、復職への恐怖は徐々に小さくなっていきました。

復職してから精神的に耐えられなかったら辞めても食べていける。そう思えるようになってから、生きること自体が楽になりましたね。

復職してからも、せっかく築いたビジネスを継続して続けられるに自動化していくことに注力し、両親を雇い、発送や在庫管理といった業務は手放すこことにも成功。毎月5〜6万円を両親に支払い、私はほぼ仕入れと購入者とのやりとりに専念しています(それでも結構忙しい)。

復職後も売上は順調に推移

2019年3月に無事職場へ復職しましたが、売上はさらに伸び226万(利益40万)を達成。

実働時間としては、50時間程度なので、時給換算すると約8000円。普通に会社で働く4倍以上の生産性になります。

その後も上昇を続け、この記事を執筆している2019年5月22日現在で月商280万と、今年の目標だった300万を超えるところレベルまで近づいてきました。利

MNPでもがっつり稼いでいます

こちらも独学ですが、MNPといって携帯のキャンペーンのキャッシュバックを逆手にとり、定期的な収益確保することもできました。


まだ煮詰めている最中ですが、コンサルの依頼も入り始め、6月から順次実施する予定です。

アフィリエイト、FX、仮想通貨他諸々

今のところ、物販とMNPが収入の軸になっておりますが、アフィリエイト、FX、仮想通貨、YouTube、稼げそうなビジネスにはどんどん乗っかっていくつもりです。

気が付けば年収1000万を超えていた

世間のイメージ的に年収1000万超えると、成功者の仲間入りというイメージがありますが、このペースでいけば軽く超えることができます。

<収入の内訳>
・会社給料:600万(ほぼ確定)
・物販:500万(控えめに)
・MNP:150万(控えめに)
・コンサル:50万(控えめに)
・その他:∞(不明)

一般的に世帯年収1500万を超えても幸福度は上昇しなくなると言われていますが、次の目標は「億を貯めること」です。

収入が増えても、生活水準がこれ以上大きく変わることはありませんが、漠然とした老後の不安は無くなりません。その不安を拭い去るには「1億以上の金融資産」を保有することです。

会社員+副業が最強の生き方

ここからが私が社会へ発信していきたい思いとなります。

会社員の安定をとるか?フリーランスの自由か?

答えはシンプルに、どちらにしても死ぬまで困らないお金を稼いでセミリタイアしてしませば良い話なんです。

どちらが上で、どちらが下とかいう優劣ではありません。
今軌道に乗っているビジネスで起業して、会社を辞めて一生稼いでいける根拠はどこにあるんでしょうか?

向き不向きもあるとは思います。組織では馴染めず、コンビニすら首になるような人がYouTubeやFXで億万長者になれる世の中です。何がヒットするかもわかりません。それでもやはり10年後に残るのは本当に数少ない一部の人でしょう。

フリーランスの辛さは、いつ収入が途切れるか分からない漠然とした経済的な不安や社会的信用によるリスクです。この辺りのことを考えず、勢いだけで独立したり、会社員を社畜と煽り、フリーランスを勧めたりする風潮が強く見受けられるように感じて仕方がありません。

かといって会社員が安定だと主張するわけでもありません。会社のストレスや拘束時間、病気による自分側の都合や、リストラや倒産、減給といった会社側の都合。その結果定年まで働いて、得られるのはわずかな退職金と支給されるかどうかも分からない年金制度。高齢になってからも、まだ働かなければならないかもしれません。全ては自己責任です。

そんな会社員生活に嫌気がさし、何の束縛もないフリーランスの世界に渇望する気持ちは、うつ病で休職した身にとっても痛いくらい理解できます。

しかし私があえて選択するのは会社員+副業の二刀流です。

副業で収入があることで、会社でのストレスや関わり方は大きく違ってきます。出世するために無理に頑張ったり、ライバルを蹴落としたり、それに負けた時の劣等感、これら全ては会社に依存し過ぎた場合に起こる症状だと知りました。

実際に復職してから、仕事内容が楽になったということもあるのですが、ほぼストレスを感じていません。かといって仕事を適当しているかというと、そんなことはなく、以前に比べて会社や顧客の利益を最優先して取り組めるようになったと思います。目に見える表面的な実績で自分を良く魅せる必要がありませんからね。

それが要因かは不明ですが、夏頃からは中間管理職としてマネージャー業務に復帰することになりました。

控えめに言って「今」幸せです

極論を言うと、何よりも大切なのは「今」が幸せかどうか。それが全てだと思います。

老後のためにコツコツ働いてやりたい事も我慢して、将来のことを考えるのも大切ですが、ふと道を歩いていたら暴走車に突っ込まれ突然人生の幕が降りる可能性だって0ではありません。

欲望のままに生きるのとも違いますが、自分にとっての幸せを定義し、その為に価値がある時間やお金はどんどん使った方が良いと思います。

あとはやはり一番の基盤は健康ですね。
過去に虫歯になり激痛がするのに健康保険料が未納で、治療に行くお金がなく、給料が入るまで悶え苦しんだことがあります。そんな思いは2度とごめんです。これからは毎年人間ドッグにも通い病気を予防し、無駄のない保険にも入り、夫婦揃って健康的でできる限り長生きしたいと思っています。

私は服やブランド品は昔から好きですが、タワーマンションや高級車、そんなものには一切興味がありません。タワーマンションなんて毎日高層階まで上り下りするのがめんどくさいですし、月2〜3回しか使わないのに高額な維持費を払って車を買う気はしないのでカーシェアで十分。

なので収入が1000万超えたらからと言ってがらっと生活が変わることもなく、外食する店のランクが少し上がったり、スーパーでは国産の食材を買うくらいのレベル感です。

しいて言えば、犬を飼う為に3LDK の一戸建てに引っ越しをしたり、海外旅行にビジネスクラスを使って旅行を予定しているくらいです。

あと嫁にエステサロンやネイルのお小遣いを渡してあげたり、突然欲しがってたPS4を買って帰って驚かせたり、と家族内でのお金に関する紛争は0です。

「お金」が全てではない、しかし悩みや不安の大半は「お金」だという現実

「世の中お金じゃねぇ」と言う人は、よほどお金の苦労を知らない恵まれた人か、現状の自分を認めたくない自己防衛によるものだと思います。

後者の気持ちは長年自分自身コンプレックスだったので良くわかります。
金の亡者となり、人を騙して、信じられる家族や友達、恋人もおらず、富を築いたとしても幸せにはなれないと思います。大切なのは周りとのバランスや強調性です。

経済的な余裕ができることで、精神的にかなり楽になります。許せることも増えます。余計な揉め事や将来の不安を感じる時間も減ります。

しかし「世の中お金じゃねぇ」という思考回路がある限り「お金」は遠ざかっていく一方です。なぜならこれだけ巷に溢れている稼げる材料を非難してチャンスを見逃し続けているからです。

本当にもったいないことなので、過去に囚われず、固定概念を取っ払った方が良いと思います。

副業弱者を救済したい、悪徳業者をぶっとばす!

長くなりましたが、そろそろ締めたいと思います。

副業で成功をすること自体はそこまで珍しくないことかもしれませんが、コンサルを受けずその全て独学で、半年という時間で構築したというケースはあまりないと自負しています(シンプルにお金がなかっただけなのですが)

正直なところ副業ってかなり怪しいイメージすると思うんですよね。
客観的に自分のTwitterとかブログを見ても、胡散臭くて絶対なんか勧誘してきそうな気がしますからね(笑)

しかしこのイメージは、情報弱者へ再現性のない価値のない情報を高値で売りつけて稼げずトラウマとなるケースが後を立たないからだと思います。

副業を取り組み始めた時、Twitterの勧誘のDM全てに真摯に対応していたことがあります。

音声通話で話していて、今のビジネスのヒントに繋がった部分もあるのですが、決まって最後には数十万の高額塾や商材の話になります。その全てが悪という訳ではないのですが「あなた本当に稼いでるんですか?」と疑問に思うことさえありました。

彼らのビジネスの本質は、高額なコンサル費用であり、当該のビジネスで稼いでいる人はあまりいないように見受けられます。例えば物販界隈では、コンサルをしているのに「何ヶ月も仕入れに行っていない」という講師もいるみたいです。

過去のやり方やノウハウはすぐに廃れ、通用しなくなったノウハウを高額で売り続けているわけですから、稼げるようになるはずはありません。

そもそも普通に考えて、物販で稼げているのになぜわざわざライバルを増やそうとするのかが、理解ができないのです。もしかしたら私がまだまだ未熟なのかもしれませんが。

また最近着手したMNPコンサルですが、他の業者では私の10倍以上のコンサルフィーを取っているところもあります。
(MNPはノウハウを提供しても利害関係が生まれないのでやることにしました)
挙げ句の果てには、近しい弟も中国輸入ビジネスで高額のコンサルを払い、成功せず、クレジットカードの借金まみれになりました。

コンサルを受けた側に努力や行動不足、他力本願、資金力、マインドの問題もあるとは思います。

しかし、努力も苦労もなく安易に稼げるといった甘いキャッチフレーズで誤認させるような輩が多すぎるんですよ。そもそも本当に稼げいるのか、収入証明をまずは出してもらいたいところです。

このような経緯もあり、真っ当に副業もビジネスと捉えてやっている私にとって憤りしかありません。「救済」という言葉はおこがまし過ぎるかもしれませんが、私は自分で培ってきたノウハウをガンガン社会に発信していき、そんなバカみたいな高額を払わなくても、十分稼いで行くことができる人を増やしたいと心から思っています。

もちろんボランティアではないので、私にとってのメリットは、ブログへの集客やSNS上の知名度が上がることでさらに大きなビジネスを展開することができる基盤になるためWIN=WINなのです。日●SPA! に掲載されるくらいにはなれれば嬉しいですね。

敢えて隠さず言いますが、自分自身もっとお金を稼ぎたいと思っています。

かなり長くなってしまいましたが、自己紹介と副業にかける思いについて書きました。これからも「マインド」や「自己啓発」のような曖昧なものではなく、超実践的な副業やノウハウについて順次公開していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
パラレルワーカー。会社員やりながら副業色々やってます。独学で物販月商300万達成。MNPでは半年で7桁稼ぎました。副業初心者向けの情報を発信しています。ゆるめにセミリタイアする予定。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。