プロeスポーツチーム「REJECT」公式noteを始めます
見出し画像

プロeスポーツチーム「REJECT」公式noteを始めます

はじめまして。プロeスポーツチーム「REJECT」のnote編集部です。

この度、みなさんにeスポーツの魅力REJECTの舞台裏をお届けする場として「REJECT」のnote公式アカウントを立ち上げることになりました。

初投稿となる今回は、ご挨拶の代わりにREJECTの紹介や公式noteを立ち上げた経緯、これからnoteでどんなことを発信していくのかについてお届けします。

🦉

私たちREJECTは2018年末に京都で産声をあげたプロeスポーツチームです。世界的に人気のあるシューティングゲームを中心に8つのゲームタイトルで日本トップレベルのプロeスポーツ選手たちが所属しています。

reject-黒地

チーム名である「REJECT」には"払拭する"という意味が込められており、代表の甲山翔也がプレイヤー目線で感じてきた海外と日本のギャップ、発展途上なトレーニング環境、ゲームに対するマイナスなイメージを払拭したいという強い思いから名付けられています。

そんな思いのもとに集まったプレイヤーたちは、急成長・急拡大を続ける大舞台で、ファンの期待や日の丸を背負いひたむきに戦っています。

画像1

画像2

🦉

みなさんは、今どんな夢を持っていますか?
何に夢中になっていますか?

「プロ野球選手になって、憧れの選手と対戦したい」
「コンクールに向けてトランペットの練習に夢中になっている」

多くの若者にとって、夢を持つこと・何かに夢中になることが生きる原動力になり、毎日を彩っていることだと思います。そんな夢にむけて周囲の大人の応援や、社会のサポートの力を借りてひたむきに努力することは結果を問わずとも素敵なことだと思います

では、

プロゲーマーになって、世界一のトッププレイヤーになりたい
初めて出場する大会に向けてオンラインゲームに夢中になっている

どう感じましたか?

🦉

私たちはeスポーツを通して夢に本気で挑戦できる社会を創ることをミッションに日々活動しています。

今や若者の将来なりたい職業ランキング上位に入るeスポーツ選手。
そんなeスポーツ選手という職業や、eスポーツを取り巻く環境について、これまで表に出る情報は少なくブラックボックス化していました。

それ故に、eスポーツやゲーマーに対するネガティブなイメージを持っている方も少なくありません。

eスポーツは世界的に市場が急拡大しており、2021年からは国内でも賞金総額3億円のプロリーグが発足や、多くの大企業の参入するなど、今ではeスポーツは新時代の興行として注目されており、今後も更なる成長が見込まれます。

そんな今こそ我々は国内トップレベルのプロeスポーツチームとして、プレーだけではなく、SNSでの情報発信やこれから立ち上げる事業を通して「eスポーツに本気で取り組める社会」をつくることを使命だと感じています。

そんな想いから、この度noteを開設することにしました。

🦉

具体的にnoteで発信していくことは、主に2つを考えています。

私たちからeスポーツの魅力やREJECTの舞台裏を発信していくこと
そして、これからの日本のeスポーツの未来を考える時間をつくること

私たちから発信するプロeスポーツの魅力やREJECTの舞台裏では、チーム運営スタッフや選手のみなさんの想いを織り交ぜながらお届けする予定です。

そして、「感動したシーン」や「この選手が好きな理由」、「未来のeスポーツ」など。そんな「eスポーツへの想い」を題材にしたnoteの投稿コンテストなどを実施して、この場で紹介することで皆さんとeスポーツの未来を考える時間をつくれればと思っています。

🦉

これからnoteで繋がったみなさんと、eスポーツを通して夢に向かって本気で挑戦できる社会を一緒につくっていけると嬉しいです。

Not Just a Game -所詮ゲームとは言わせない-


この記事が参加している募集

自己紹介

プロeスポーツチーム「REJECT」がみなさんにeスポーツの魅力とREJECTの舞台裏をお届けします。