たのしいドングリFMの巻
見出し画像

たのしいドングリFMの巻

赤井五郎

2020年3月5日
昼寝研究所寝言レポート#2172

『ワン・モア・ヌーク』は81%まで。
終盤は一気に読みたいので、ちょっと週末までおいておくかなあ……しかし、明日読むのを止めることなどできるかな。
もう物語の始まるずっと前から続く痛みの連鎖。それを終わらせようとするお話です。
重く、おもしろい作品。

=====================

ドングリFMの526回。何気なく525回から続けて聞いていたら、ちょくちょくジングルやらCMやら挟んできて、ああ、これ、以前言っていたラジオっぽいことをやるという回か。と思っていたのですが、いくら聞いていても全然終わらないのです。
このポッドキャスト、1話が大体10分から15分ぐらいの長さなのですが、改めて526回の時間を見ると、なんと1時間6分44秒
そして、526回のタイトルが『たのしいラジオ・ドングリFM』でした!

おお、これは本当に楽しい。聞く方としては嬉しいばかりですが、編集が大変そう……

番組内で紹介されていた『リウーを待ちながら』は1巻だけ読んでいたマンガで、続きをどうしようかと迷ったまま忘れてしまった作品です。
なるほど、いまの状況で読むとまた違った味わいになるな~

いや、しかし、これはいいですね!
月一回ぐらいこの形式、ということを言われていましたが、是非に!

が、それが重荷になってこのポッドキャストが終わってしまっては元も子もないので、まあ、気が向いたらということでお願いします。


=====================

どこぞのイオンでトイレットペーパーが潤沢に売られていた、というニュースがありましたが、わたしの生活圏ではまだ見当たりません。
飲食店などがピンチだそうです。そりゃそうか……

=====================

電源タップにUSBの電源供給用の口がついているものがあるじゃないですか。
これ、なかなか国内メーカーのものが少ないんですよね……

電源周りだから、安心のために国産を選びたいのですが、選択肢がほぼないという……
USB二つまで、というものはかろうじてありますが、海外のものだとUSBのポートが6個や9個もあるんですよ。
どう考えても便利そうだし、実際に会社の机にはメイドインチャイナのそういった電源タップが一人一つずつあって、すごく便利なんですよ。

うーむ……タワー型の電源がおもしろそうなんですよね……しかし、これ、安全なのか? まあ、いまどきそんな心配は不要なのかな。

=====================

Mリーグの2/25日の第二戦。
雷電の黒沢プロ。三位で迎えた最終局になんと四暗刻単騎を上がっての逆転1位。(ダブル役満ではなく32000点)
すごい……マンガか!
あの状況で平然としていられるのが黒沢選手の底知れぬ恐ろしさ。
本当にすごい……

=====================

さくらのブログの方はhttps非対応で、Amazonのリンクがことごとく無効になってしまっているのです。
もう全部noteに引っ越したい……

=====================

というわけで昨日2020年3月4日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版が7冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1956ページ。ありがとうございました。

よく考えたら週末まで読書していたら、小説が書けないな……よし、明日中に読むぞ!

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

*2019年3月以前の1800回分の日記(主に戯れ言)は以下からお読みいただけます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい、ありがとうございます~
赤井五郎
Amazon Kindleでファンタジーのようなミステリーのような小説を出しています。総ダウンロード数は36000冊以上となりました。https://www.amazon.co.jp/GOROAKAI/e/B00GWKGROA