見出し画像

“ダメな上司“から学んだこと

過去にこんなツイートをしたことがある。

どこの企業にも「仕事における学びを得られない上司」というのは存在する。少なくとも僕が在籍してきた企業には存在していた。

彼らから学んだことは「こういう上司になってはいけないな...」ということだ。反面教師として非常に参考になる点は多い。

今回は過去に僕が見てきた上司の話を書いてみようと思う。

他責思考のS課長

僕が平社員として営業をやっていたときの上司の話だ。直属の上司である課長のSさんは「部長や役員に怒られないこと」を目的に仕事をしていた。

部長「S課長、今月の数字の進捗悪いけど、どうなってんの?」

S課長「今月はですね、A社の決済が遅れたことで数字がズレ込んでまして...」

部長「じゃあ来月はその分の数字が乗るってこと?上に報告しなくちゃいけないから、また進捗教えてよ」

S課長「わかりました」

転職したばかりの僕にはよくある光景に思えたが、部長が“何か”を疑っているような雰囲気はなんとなく察した。

S課長の下につくことになった僕は、彼のクライアントも一部引継ぐことになった。その中にA社があった。

この続きをみるには

この続き: 2,162文字
記事を購入する

“ダメな上司“から学んだこと

moto / 戸塚 俊介

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
moto / 戸塚 俊介

転職や副業、営業ノウハウについて実体験から書いています。サポート頂けたら嬉しいです🥺

🥺
116
moto株式会社の代表取締役。ホームセンターからリクルートなどに転職した後、個人メディアを上場企業へM&Aしました。著書『転職と副業のかけ算』→http://amzn.to/2Zc2naD ブログ→https://tenshoku-antenna.com/