見出し画像

マルチ商法に勧誘されてきた

こんにちは~、バリーです。
手の込んだマルチ商法の勧誘を受けました。
身元が特定されかねませんが、せっかくなので記事にしておきます。
特定してもそっとしといてください。

出会い

昨年の夏ごろだったでしょうか。上司の指示で、よくある社外の勉強会に参加しました。
何名かの登壇者の話を聞いて、そのあとにタダ酒が飲めるという神イベだったのですが、そこである男性に話しかけられました。
お酒が金麦と氷結だけかと思ったらプレモルも出てきたので上機嫌になっていた僕は、彼との会話を楽しむことにしました。

男「お仕事大変ですか?」
僕「残業は全然無いですね~」
男「いいですね~。体調崩したりしてないです?」
僕「基本大丈夫ですね。お酒飲みすぎた時だけです(笑)」
男「(笑)」
〜〜〜
僕「これ(写真を見せる)、僕が最近推してる地下アイドルなんですけど可愛くないですか!?」
男「可愛いですね」
僕「推しメンとツーショットチェキ撮るのに月5万くらい使ってます……」
男「使いすぎでは……」

男はいい人でした。

読書会

男「本とか読みます?」
僕「読みますねぇ!(泥酔)」
男「じゃぁこのイベント来ません?」

既に酒が回っていた僕は、ノリで「読書会」というイベントに参加することになりました。

数日後、某所で開催されている「読書会」に参加しました。
参加者の中に推しメンと似ている女性がいてテンションが上がりました。
自己紹介で「ローソンから発売されたALC.12%のチューハイがヤバい」という話をしたら、場にお酒を飲む人が全然いなくて盛大にすべりました。

会の形式としては、参加者一人一人が事前に読んできた本を紹介し合うというものでした。僕も一冊紹介しましたが、その場でコメントが返ってくるので普通にためになりました。
本の系統としては「新しい働き方」「日本と海外」「不労所得」などをキーワードとしたビジネス書が多かったと思います。
最後に次回も来ないか誘われ、「毎回本を読んでくるのは面倒臭いなぁ」という考えが頭をよぎりましたが、前述の推しメン似の女性が気になっていた僕は参加を継続することにしました(オタク)(邪悪)。

勧誘

半年ほど、読書会をはじめとした数々のイベントに参加し続けました。テーマを1つに絞ったセミナーやBBQのようなレクリエーションなど、イベントは多岐に渡りましたが、推していた地下アイドルが引退して暇だったので全て参加しました。

イベントの参加率やそのコミュニティの思想に対する理解度が評価されたのか、ある日、特別なセミナーに参加することになりました。

そこでは登壇者のアツい考えと、(おそらく偏見を恐れて)「ネットワークビジネス」や「MLM(マルチレベルマーケティング)」という名称でビジネスを紹介されましたが、いわゆるマルチ商法でした。
商材は健康維持のサプリメントが中心でしたが、思い返してみると確かに日頃から体調管理の話題が多かったことに気付き、舌を巻きました。

このコミュニティの意味をやっと理解した僕は怪訝な表情を隠せませんでしたが、優しい説明とともに商品のサンプルや書籍などをいただき、その日はまっすぐ家に帰りました。

辞退

ヤバいところまで来ていることは直感で分かりましたが、当時そのコミュニティの思想に結構どっぷり浸かっていた僕は悩みました。
せっかく得た選択肢を無下にして良いものか……? でも単純にやりたくないしな~……。3日くらい考えましたが、やはりお断りすることにしました。

誘いを辞退した理由は簡単に言うと2つです。

・作業の中心が「商品の営業」と「人材育成」であること
・日本では偏見が強すぎること

現職の技術者としての仕事がそこそこ好きなので、同じ言語ならタイ語とかよりPythonの方が勉強したいなぁと言うのが個人的な感想です。

僕は手を引きましたが、当事者の方々の名誉のために述べておくと、あのコミュニティは本当に真面目でいい人ばかりでした。
「ネットワークビジネス」についても、自分の後発の人を育てることが自分の儲けに直結する点が素敵だと思います。向いてる人に誘いの手が伸びることを願います。

おわりに

今回は貴重な体験をしました。
本を読む習慣が付いたのがメリットでした。
色々誘ってくれた例の男性には感謝しています。

この記事がマルチ商法に勧誘する/される人の参考になれば幸いです。
おわり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
Twitter : @recobarry
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。