_1180347編集

【SSW01:WORKS】エンターテインメント性を意識しつつ、『聴かせる』音楽を届けていく

アコースティックギターの弾き語りで活動しているシンガーソングライター、前田有加里(まえだ・ゆかり)。彼女の楽曲群の特徴や、バースデイワンマンライブのコンセプトなどを聴いた。

多様性のある、親しみやすいJ-POP

現在、ライブのレパートリーは60曲程度だという前田。「基本的にはギターでコードを弾きながら作曲しています。でも最近は、メロディを作ってからアレンジしたり、サポートメンバーに相談しながらアレンジをしたり、工夫しています」。

小説や映画から着想を得て作る楽曲もある。「日常生活はパターン化しがちなので、なるべく色んな作品に触れて『自分が本当に思ったこと』を歌にしています。実感に基づいた歌じゃないと、説得力を出せないので」。

「私は言葉を伝えるんだ!熱く歌うんだ!と、活動を始めた頃からずっと掲げているんですけど、最近は『より伝わりやすい方法はなんだろう』と考えてます」と前田は語る。

「今までやってきたことを全部生かしたくて、ライブにダンスを取り入れたり、ストーリー仕立てにしてみたり。楽曲も『弾き語りだから』っていう固定観念に囚われたくないなと。ジャンルにこだわらず、入り口を広くして、多くの方に伝えられるような曲を作ろうとしています」。

代表曲は?と訊くと、彼女は腕組みして唸った。「難しい質問ですね。私が推したい曲と、ライブでの定番曲が少し違います」。

『前田組』と呼ばれるファンから人気がある定番曲は、夏を感じさせる爽やかなナンバーの『バカンスアロハ』や、童謡のような可愛らしさがありつつも前向きな歌詞に励まされる『前田製作所』だ。

サビではタオルを回したり、みんなで踊ったり、会場全体が一体となって盛り上がる楽曲たちである。

「個人的には『一縷の糸』などのカッコ良い系の曲を推したいけど、キャッチーな曲の方がいろんな人に聞いてもらえます。ショッピングモールなどでも、明るい曲を演奏していると足を止めてもらいやすいです。まず興味を持ってもらって、そこから『聴かせる曲』をやっていかないと、と思います」。

筆者は『一縷の糸』や『積み木』など、彼女の美しくも力強い歌声、サビの歌詞が印象的なバラードが好きだ。しかしライブで鑑賞した『バカンスアロハ』は、歌唱も会場全体の雰囲気も含めて素晴らしかった。

彼女のレパートリーには、バラードもアップテンポも、明るい曲も暗い曲もバランスよく揃っているからいいのだろう。前田の音楽は、多くの人の心をとらえるJ-POPだと感じた。

2020年大宮ソニックシティワンマンライブに向けて

19年11月に栄タイトロープ、Soap Opera Classics-umeda-、横浜O-Siteの三ヶ所で開催したバースデイワンマンツアー『MYSTERION』。特にツアーファイナルの内容は、翌年の大宮ソニックシティを見据えて「今、ここでやっておきたいもの」となった。

「O-Siteさんはステージが広いし、後ろで映像も流せるので、ストーリー仕立ての演出がやりやすいです。今回はホラーっぽいというかハロウィンっぽいお話をやってみたいな、と思って『MYSTERION』とタイトルをつけました。アコースティック編成にバイオリン、チェロの弦楽器を加えて、ダンサーと一緒に繰り広げる最高のワンマンライブにします」。

取材後に開催されたツアーファイナルには、筆者も足を運んだ。演奏はもちろん、映像や衣装、ダンスといった総合的な演出が素晴らしく、実に幻想的な時間を楽しむことができた。単なる音楽のライブの域を超え、隅々までこだわって作り上げられたエンターテインメントだと感じた。

画像1

来年のバースデイワンマンライブは、どんなコンセプトで行うのだろうか。

「10年間の集大成にしたいです。アルバムも作りたいですね。せっかくのホールワンマンなので、がっつり『音楽を聴かせる』ライブにする予定です!」。

いったいどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろう。ぜひ、観客席で味わいたいものだ。

text:Tsubasa Suzuki,Momiji edit:Momiji

INFORMATION

2020.11.23(Mon) open 17:30 / start 18:00
10th Anniversary Birthday
MAEDAYUKARI ONE MAN LIVE

[会場] 大宮ソニックシティ 小ホール
  (さいたま市大宮区桜木町1-7-5 2F)
[料金] 前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500

2020.2.13(Thu) open 18:30 / start 19:30
GRAPES KITASANDO 4th Anniversary
前田有加里presents ワンマンライブmaterial vol.10
〜今日が本当のバレンタインデー〜

[会場] GRAPES KITASANDO(渋谷区千駄ヶ谷4-3-11)
[料金] ¥3,000 +1D&1スナック ¥1,000/1D&ディナープレート ¥1,800

関連記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき、ありがとうございます。皆さまからのご支援は、新たな「好き」探しに役立て、各地のアーティストさんへ還元してまいります!

わたしもスキです!!
3
『REASNOT(リースノット)』は、夢を大切にしている人々や、「好き」を追求する人々を紹介するフリーメディアです。現在は『音楽』分野を中心に様々なアーティストの物語を掲載しています。毎月1,8,15,22,29日更新。◆公式HP https://www.reasnot.com/