新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

おおらかに知恵をシェアできる人は、こつこつとリアルな実践を重ねてる人だけ。



新型コロナでさまざまな潮目が変わり始めている。

そのせいかtwitterが一層荒れてきているように感じるのは僕だけだろうか?

Twitterの発言は基本的に何かに対する否定が多いと思うけれど、
しかしそれが肝のすわったカウンターなのか、
自分の立つ位置から見える景色こそが正しいと相手を見下ろす否定なのか。

そこを見極めるのがとても大事だ。

コロナ以降の世界は
「一方的な非難」と「闇雲な擁護」のラリーではなく
対話を前提に、互いに気づきと反省が得られやすい世の中になればいいなと
梨泰院クラス(イテウォンクラス)見てても思う(ドラマの話!?)。

てか観てない人は、ほんと早く観た方がいいよ。
いま僕は12話まで見てるけど
めちゃめちゃ面白くて寝る時間削られてる。
でも幸福。

ちなみにうちの娘は
『愛の不時着』派です。
イテウォン観終わったら即見るつもりだけど。

まあ韓国ドラマおよびネトフリの圧倒的なクオリティの話は置いておいて……

この続きをみるには

この続き: 2,028文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ようやく更新開始です。先行して購入いただいた方、ありがとうございます!

2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日…

または、記事単体で購入する

おおらかに知恵をシェアできる人は、こつこつとリアルな実践を重ねてる人だけ。

藤本智士(Re:S)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければぜひシェアしてください。
17
編集者。1974年兵庫県在住。『Re:S』『のんびり』編集長。著書に『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』共にリトルモア、『魔法をかける編集』インプレス。『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』など手掛けた書籍多数。

この記事が入っているマガジン

Re:S note(りすノート)
Re:S note(りすノート)
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日々のこと。旅のこと。地方のこと。編集のこと。 記事アップは月4回以上かなぁ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。