Facebookに投稿できなかった2021年のごあいさつ
見出し画像

Facebookに投稿できなかった2021年のごあいさつ

るこ

ごあいさつもしないまま、いつのまにか4月になっていました。
皆さんお元気ですか?

最近Facebookを開く機会に恵まれ、ちまちま覗いては、懐かしい気持ちになっています。

ご縁とは一瞬、交差した瞬間だけ濃密に交わるものだと思っているクチでしたが、「友だちの友だちにあの人が!」という発見をするたびに、ご縁のベクトルは直線ではなく、離れたようでいて、どこかですれ違ってるのかも知れないなぁと考えを改めました。

彗星みたいに強烈に交わるインパクトもあれば、惑星と衛星みたいな寄り添い方もあったり、つかず離れず軌道が近くなったり離れたりと、ゆらぎとロマンがある感じです。

私はというと、ここ2年半くらいは事業会社でwebディレクターをしていたんですが、最近またクライアントワークの世界に帰ってきました。

一度道を外れてから戻ってくると、少し視点が変わり、サイト制作は企業のデジタルマーケティング活動のほんの一部で、デザインはさらにそのうちの一部。予算の配分に納得……。

とまぁ、中の人の気持ちが少しはわかる大人になりました(年齢的にはとっくに大人なんですけどもね)。

「もう母親になったんだからわたしは堅実に生きる!」とか考えてたくせに、結局自分のやりがいを追いかけ出しました。

制作の仕事は、遊んでるのか仕事してるのか良くわからなくなって、境界線がどこか行っちゃうのが楽しいんだよなぁとか、母親失格だとか、まぁ色んな思いがひしめくのですが、不思議なことに心の余裕は増えました。

失われた10年の不完全燃焼感と、やっとお別れできそうな気がします。

娘もますます可愛いです。

つまり、元気に生きてます。

自粛自粛で直接お会いすることもままなりませんが、またどこかで皆さまの元気なお顔を拝見したい今日この頃です。

それではまた、1年後くらいに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
るこ

「いいね」「サポート」とっても励みになります♪

ありがとうございます〜!
るこ
iPadとイラストが大好物。Web業界の片隅に生息しているマダムです。肩書きは特にありませんが、コアスキルはデザイン。脳も使わないと筋肉みたいに衰えるのだとわかり、アウトプットにいそしんでいます。(当noteでの発信内容は、個人の見解であり、所属組織とは一切の関係がございません)