見出し画像

進化したiPadOSにトラックパッド&キーボードを接続して、noteを書いてみた

iPad がすきすぎる病にかかっている、るこです。なぜか新型iPad Proとキーボードが欲しくてたまらない今日この頃。

何故こんなにもiPadはわたしの心をくすぐるのでしょう。きっと、なにか「楽しいことがありそう」だと、ワクワクさせてくれる存在だからなんですよね。

ほんとは新型iPad Pro+トラックパッド付きのキーボードが欲しい! でも、今本当に必要なのはMacBookProだと思って涙を飲むことに。

というわけで、本日はiPad Pro12.7インチ(第二世代)+Magic Trackpad&キーボードで、noteを書いてみることにしました!

iPadOS13.4で、トラックパッドに正式対応!

以前からiPadは入力系が弱いと言われていました。
miniサイズならフリック入力でいい感じに文章が書けるんですが、本体サイズが大きくなればなるほど、キーボードを使わないで入力するのは大変になるんですよね。ソフトウェアキーボードは打った感触がしないので、ホームポジションの維持も難しくって。

とまあ、入力自体は外付けキーボードでなんとかなると言えます。しかし、入力が終わったあと、今までは文字を入力したあと編集する作業が非常に面倒。文字をコピペするためには指先で画面をタップする必要がありました。これが非常に操作性が悪く、iPad+キーボードで書くくらいなら、スマホ+フリックの方が快適だな。とすら感じてたんです。

しかし、とうとう画面とキーボードを行き来する煩わしさから解放されました! やっほー!

2本指スクロール、3本指スワイプでアプリ間移動、5本指でアプリ最小化

入力サポート以外にも、しっかり動くみたいです。
たとえば、2本指で上下にすーっと動かせばスクロール。3本指で左右にスワイプするとアプリの切り替え。5本指でギュッとつまむと、アプリの最小化もできるので、使い慣れたら効率が上がりそう。

わたしはiPadでは、手描きアプリを主に使っているため、どのアプリで活用できるのか目処がついていないのですが、noteを書く以外でも、効率があがるんじゃないのかなあ? と期待しています!

試しにスプレッドシートを使ってみたら、入力自体はしやすかったんですが、アプリが不安定で落ちてしまいました。ざんねん。

「ファイル」が使いやすくなった

トラックパッド(またはマウス)があると、ファイルを使って様々なストレージに入っているファイルを整理しやすくなるんですね! なぜならドラッグドロップを手元で行いやすい!
突然PCライクな使い方ができそうなイメージがわきました。

仕事以外では、ほとんどPCを開かないのですが、ファイルだけでも整理できたらなあと思うこともしばし。iPadからちまちま整理してみたいと思いました!

Keynoteが使いやすくなった!

今までは、PCで作ってiPadで持ち運び説明することが多かったのですが、Keynoteを使ってプレゼンシートを編集しやすくなってる〜!
これならPCでテンプレートを作って、iPadで内容を盛り込んでいくことも夢じゃなさそうです!

最近使う機会が減っていることが残念……2020年は活動しよう

おわりに

iPadをお持ちなら、ぜひ、キーボード&トラックパッド(またはマウス)との接続をお試しくださいね♪

iPad で Bluetooth 対応のマウスやトラックパッドを使う

#ipad活用 #ipadOS #magictrackpad2

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「いいね」「サポート」とっても励みになります♪

励みになります♪
10
iPadとイラストが大好物。脳も使わないと筋肉みたいに衰えるのだとわかり、アウトプットにいそしんでいます。 https://blog.rcorco.com/

この記事が入っているマガジン

iPad愛好会
iPad愛好会
  • 3本

iPadをお絵かき以外のアレコレに使おうと苦心するマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。