ラリーグラス
「MSR エリクサー2」と、スタッフ田村の変わらないキャンプスタイル。
見出し画像

「MSR エリクサー2」と、スタッフ田村の変わらないキャンプスタイル。

ラリーグラス

こんにちは。
スタッフ田村です。

先日、とある川原でキャンプをしてきました。

画像1

MSRのエリクサー2を久しぶりに張りました。
長年愛用しているテントです。

しばらくキャンプ場を利用してのキャンプはできておりません。
個人的に、パックラフトを入手したこともありまして、今回はこんな場所でした。

画像2
画像3

目の前は川。


エリクサー2は、MSRのバックパッキングテントの中で、最も居住性が高いモデル。
2人用のモデルなので、1人で使うとすっごい広々。
生地は、分厚い68Dでしっかり。
快適だし、安心感あります。

画像4

その分、重量が2,770gありますので、軽さ優先のテントではありません。
昨今、1,000g前後の超軽量なモデルがたくさん出ていますからね。

画像5

とは言え、
バックパックに詰めて歩くのは不可能か、というと決してそんなことありません。
私もエリクサー2と共にたくさん旅をしました。

初めての北アルプス(槍・穂高縦走)の際も、エリクサーでしたし。

画像6
槍ヶ岳山荘のテント場。
画像7
小梨平。


脊梁山地では、雪の中一晩を過ごしたこともあります。

画像8
国見岳からちょっと標高を下げたコル。


私が使用しているのはフライシートがグレーですが、他にもグリーンとタンがあります。

左がグリーン、右がタン。
画像10

タンカラーは、日本限定のカラー。
とても良い色です。


ちなみにインナーテントは共通です。
赤×白が映えます。

夏場はインナーのみで寝ちゃいましょう。
メッシュパネルを多用しているので、風が抜けるので気持ちが良いんです。

国東半島峯道ロングトレイルの途中。
霊仙寺前の空き地。夏。


オートキャンプの場合は、タープやシェルター類の中に入れて使うのも良いです。

2019年のアウトドアデイジャパン。
ニーモのヘキサライトにinしている。



というわけで、
様々な使い方ができるエリクサー2ですが、MSRのテント・ラインナップの中では、価格も抑えめなので、比較的お買い求めやすいのではないかと。

2人用の他モデルと比較してみましょう。

■ハバハバシールド2 ¥68,200(税込)
+フットプリント別売 ¥5,720(税込)

■フリーライト2 ¥59,400(税込)
+フットプリント別売 ¥5,720(税込)

■アクセス2 ¥93,500(税込)
+フットプリント別売 ¥5,720(税込)

エリクサー2 ¥42,900(税込)
フットプリント付属

>>> MSR エリクサー2


山、川、海、キャンプ場、空き地、公園、野外フェス。
様々なアウトドアシーンで、たくさん遊びたいよ~という方は是非お試しください。
きっとお気に入りのテントになるはずです。


それではまた!^^


Home Page : http://raliguras.com
Online Shop : https://raliguras.shop
Instagram : @raliguras
Twitter : @raliguras


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラリーグラス
福岡天神地区の大名にある1976年創業の登山・スキー・アウトドアの専門店です。 旧ブログ(http://raliguras.seesaa.net)からこっちへお引越ししました。引き続きどうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m