見出し画像

北アルプス 表銀座からの・・・

ラリーグラス

こんにちは。スタッフ岡田です。

数年間、我慢してましたが、今年は北アルプスへ行ってきました!
今回は、中房温泉から表銀座を歩いて槍ヶ岳~裏銀座を歩いて高瀬ダムに下山しようかな。
友人と二人で、五泊六日のテント泊・ロングルートを計画しました。
さてさて、無事に歩けるのでしょうか・・・


1日目

初日は移動日です。新幹線・特急・大糸線・バスを乗り継いで、夕方、中房温泉に到着。

立ち寄り湯


快適なテント場


登山届は必ず出しましょう


明日に備えて、早寝します。



2日目


どしゃ降りです。
夜から降り出した雨が、テントをたたいています。
小振りになるのを待ったのですが、一向に弱まらないのでテントを畳んで出発です。

合戦尾根を歩く友人

歩いてるうちに雨は止み、段々と晴れてきました!
それにしても・・ぐちゃぐちゃに濡れたテントってこんなに重かったかなぁ?

合戦小屋 荷揚げのケーブルで、名物のスイカも運ばれます
奥に見えるのは、大天井岳

今日は大天荘まで行かなくては!まだまだ、長き道のりです。


燕山荘に到着
燕岳

燕山荘に荷物を置かせてもらい、燕岳山頂までピストン。
朝の雨が嘘のように、晴れました!

イルカ岩


先を急ぎます。大天井まで、3時間ほどかかりそうです。
この後、天気は崩れてしまい、強風と霧雨のなか、やっと大天荘のテン場に到着。
悴む手で濡れたテントを立てて、終了。



3日目


一晩中強風で、よく眠れず・・・
でも、今朝は良い天気です。

ご来光
大天井岳山頂 槍ヶ岳だー
槍・穂


良い日になりそうです。ワクワク。。


快晴


絶景を眺めつつ、休憩中


穂高


すこしづつ、近づいてます



階段の連続

左奥の大天井岳より、ずっと稜線を歩いてきました。



鉄の三段ハシゴ


この辺りが、東鎌尾根の核心部になるのでしょう。
高度感、あります。

歩いてきたねー


北鎌尾根 かっこいい


近くなったぁー


殺生ヒュッテのテント場に到着。

槍ヶ岳を眺めるには最高のテン場


風もなく、穏やかです。
よく眠れそう・・・


4日目



昨夜も夜半ごろから・・強風が吹き荒れまして。
テントポールが折れるのではないかと。またも、よく眠れず・・・

槍ヶ岳山頂を目指して、強風の中出発。
穂先は出発時には見えていたのですが、次第にガスの中に隠れてしまいました。

山頂小屋前より 何も見えない・・・


強風と濃霧の為、山頂は危険と判断し、登頂は諦めました。
裏銀座に向かう為、西鎌尾根に下りようとしていたら!!

信じられない、目を疑うようなハプニングが起こりました・・・




お見事!


友人の靴の底がはげました・・・
あぁ~、終わってしまった・・・・・・

泣く泣く・・今後の予定をすべてキャンセルして、最短の槍沢経由で上高地に下りることに。

応急処置 ダクトテープぐるぐる 持って行っててよかった 


下山開始


トボトボと・・槍沢を下ります。
途中からは、雨。しかも、どしゃ降り。
急に・・荷物の重さをズッシリと感じます。
これは何?
何かの苦行なのか?


槍沢ロッジ どしゃ降り


上高地まで降りても最終のバスに間に合いそうになかった為、電話で確認して、横尾山荘に泊まらせてもらうことにしました。

着いた  ずぶ濡れです
話さず静かにプチ宴会 

横尾山荘はお風呂もあり、非常に快適でした。



5日目


最終日。
さあ、帰りましょう。
良い天気です。

徳澤園の近く
散策道



上高地に下りてきました。
ケガもなく、友人のダクトテープ靴が、何とか持ちこたえてくれ良かった。

不完全燃焼ではありますが・・・こんな事もありますね。
また次回のお楽しみ・・・


お疲れ様でした!




おまけ


今回の食料たち ビフォア


アフター 



今回は、予備日も含めて6日分の食料だったのですが。
軽量化は、今後の課題ですね。






Home Page : http://raliguras.com
Online Shop : https://raliguras.shop
Instagram : @raliguras
Twitter : @raliguras



 







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ラリーグラス
福岡天神地区の大名にある1976年創業の登山・スキー・アウトドアの専門店です。 旧ブログ(http://raliguras.seesaa.net)からこっちへお引越ししました。引き続きどうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m