彼女の見ている世界は、私とは違う世界だった
見出し画像

彼女の見ている世界は、私とは違う世界だった

miyabi|設計業務お休み中の一級建築士

「さっきさ、並んでる時、ミュージアムショップのお姉さんと話してたじゃん、小柄で素敵な女性だったよね」
「私ってさ、見た目の感じのサイズ感、あのお姉さんぐらいの大きさ??」

先日友人と一緒に兵庫陶芸美術館に行った。友人は、背が高くてシュっとしている。宝塚歌劇団の男役っぽい感じ。

そーいえば、私の周りには背の高い友人が多い。

私は小柄なんだけど、背の高い友人と過ごしていると、自分の背は低いという認識が薄れ、彼女たちと同じくらいシュっとしていると勘違いしている。

彼女たちと一緒に写った写真を見ると「あれぇ、私ってこんなに小さかったんだ」「あの子、こんなに背が高かったんだ」と再認識する。

「えー、あのお姉さんのサイズ感なんて覚えてないよ」「そんなこと興味ないし、見てない」「あの場で言ってくれないと比較できないよー」

なんとなんと、彼女は見てないですって⁉ 
友人とあのお姉さんのサイズ感をしっかりと見ていたのは私だけ⁈

同じ空間、同じ時間を過ごしていても、人によって見ているものは全然違う。身長だけじゃない、きっと色んな場面でこんな事起きているはずだ。
まさにパラレルワールド。

自分自身だってそうだろう。同じ場所で同じ日常を過ごしているつもりでも、その時その時で見ているもの、見えているものは、たぶん全然違う。

だったら、好きなもの、楽しいもの、ワクワクするもの、こんなものが沢山見える毎日を過ごしたい、
って、最近すごく思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
miyabi|設計業務お休み中の一級建築士

最後まで読んで頂きありがとうございます! また覗きにきてください スキ♡を押していただけると書くことへの励みになります コメントをいただけると私の小さな目が輝きます♡

今日はいい事あるよ!
miyabi|設計業務お休み中の一級建築士
苺設計代表。建築設計事務所を退社後2019年5月設立。レンタルスペース mansikka マンシッカオーナー、セミナー講師、住宅計画相談をつつ、オーバー50だけど次のワクワク模索中。色んな人の生き方を聞くの好き。地に足ついたスピリチュアル・遺跡巡り・フィンランド・洋ナシも好き。