見出し画像

原因は自分にある。新曲「以呂波」と激動の1年を7人で振り返る(写真61枚)

ピアノロックを基調としたサウンドや哲学的なリリックを武器に、ボーイズグループシーンを躍進する「原因は自分にある。(以下:げんじぶ)」。2021年1月には1stアルバム『多世界解釈』を世に放ち、“げんじぶらしさ”を確立した。

そんな彼らが、ユニット結成2周年となる2021年7月7日に配信シングル「以呂波 feat. fox capture plan」をリリースした。今作のテーマは、げんじぶ×ジャズで魅せる“ハイブリッド・ジャズロック”。

結成3年目に突入する彼らに、この1年を振り返ってもらうと共に新曲について語ってもらった。6月中旬に実施した、げんじぶ7人のインタビューをお届けする。

文=坂井彩花 写真=鈴木 渉 編集=森田真規​

新境地であり振り返りの「以呂波 feat. fox capture plan」

──7月7日にリリースされる「以呂波 feat. fox capture plan」は、どのような楽曲ですか。

武藤潤 時は流れていくし、いろんなものが変化していくけど、変わらないものもあるんじゃないのっていう曲です。

大倉空人 『多世界解釈』を経て、やっぱりこのニュアンスだったか……と(笑)。

長野凌大 原因は自分にある。にとって、新境地であり振り返りというか。

画像1

武藤 潤(むとう・じゅん)2001年8月18日生まれ、東京都出身

画像2

大倉空人(おおくら・たかと)2002年4月12日生まれ、神奈川県出身

画像3

長野凌大(ながの・りょうた)2003年7月16日生まれ、静岡県出身

──衣装も原点回帰している感じがありますよね。

長野 僕の衣装だけなんですけど、「BATTLE STREET」のときに銭湯で撮った最初のアー写と同じヒラヒラが腕についていて、勝手に昔のことを思い出していました。

杢代和人 でも、こんなにきれいな曲調の楽曲は初めてだよね。僕らの曲って、暗く重いピアノロックみたいな感じが多かったから。

小泉光咲 前作の「犬と猫とミルクにシュガー」は、げんじぶ×HIPHOPだったけど、今回は、げんじぶ×ジャズ。

吉澤要人 げんじぶとジャズが混ざり合った結果がすごく予想外だし、脱線しつつもうまくまとまっていると思います。僕は大好きなテイスト。

小泉 “和”を感じる曲でもあるよね。イメージの絵にカルタが入ってるから、理解力のない僕でも“和”ってわかる(笑)。

杢代 日本をイメージさせる和風な歌詞で、きれいなピアノのメロディーに合わせて踊る僕たちって、今までにはなかった気がする。

武藤 神社の鳥居をイメージした振りとかもあるんだよね。

杢代 お辞儀だったり、お祈りだったり、衣装を際立たせるように舞ったり。金閣寺や銀閣寺みたいな寺の廊下をイメージしながら踊ってます。

武藤 パフォーマンスからは、鎌倉時代にタイムスリップしたような世界観を感じてもらえるはず!

画像4

杢代和人(もくだい・かずと)2004年5月20日生まれ、東京都出身

画像5

小泉光咲(こいずみ・こうさく)2003年3月11日生まれ、宮城県出身

──フィーチャリングしたfox capture planは、ご存じでしたか。

吉澤 調べてみたら「わーお!」って(笑)。

長野 僕も最初はピンとこなかったんですけど、Apple Musicを見返したら曲が入ってました。知らない間に聴いてたみたいです(笑)。fox capture planさんのMVを拝見したら、げんじぶとシンクロする要素も多くて、すごく相性がいい気がしました。

桜木雅哉 なんと今回の曲は、生楽器の演奏で作ったらしくて。

長野 打ち込みで作られたトラックに歌を乗せることが多かった僕らにとって、演奏している人のグルーブを感じながら歌うのは新しい挑戦でした。

桜木 歌う感覚が、全然違うんですよ。結果的に、普段の曲よりライブ感ある仕上がりになったんじゃないかな。今回は歌声だけじゃなく、ピアノやギターももっと聴いてほしいですね。

画像6

吉澤要人(よしざわ・かなめ)2003年7月12日生まれ、東京都出身

画像7

桜木雅哉(さくらぎ・まさや)2006年3月19日生まれ、東京都出身

──ずばり、曲の聴きどころはどこでしょうか。

吉澤 歌い出しの<肝心要のハイリスク>ですね。実は僕の名前って、肝心要が由来になっているんですよ。肝心要の吉澤要人。“ハイリスク”って言われちゃってるけどね(笑)。出だしから自分の名前と名前の由来まで言えるパートなので、大切に歌いたいし、大切に聴いてほしいと思います。

大倉 僕的には、和人と雅哉のラップかな。自分も試しに歌ってみたんですけど、リズムの取り方や音のハメ方が難しくて。「In the Nude」では僕と要人がラップをしてたけど、和人と雅哉が挑戦することによって「この子たち、ラップできるんだ」って新たな可能性が広がっています。難しいフロウをめちゃくちゃカッコよく決める、ふたりの魅力が詰まっています。

武藤 あと歌詞にも注目です。「犬と猫とミルクにシュガー」では“奈良時代”って出てくるんですけど、「以呂波」のイメージは鎌倉・平安時代。

大倉 実は、どんどん令和に近づいてるっていう……。

武藤 次につながるヒントが散りばめられているので、ぜひチェックしてみてください!

画像8

原因は自分にある。
2018年8月にEBiDAN研究生によるプロジェクト「BATTLE BOYS」内のユニット「BATTLE STREET」として活動をスタート。2019年7月7日に独立ユニットとして活動していくことを発表し、同年8月に「原因は自分にある。」に改名した。2021年1月に1stアルバム『多世界解釈』をリリースした。

目まぐるしく過ぎていった2年間

──2021年7月7日でユニット結成2周年、3年目に突入しますね。

大倉 すごいよ。2年も経った実感がないもん。自粛期間の影響もあると思うけど、それにしてもペースが早いな……。

杢代 本当にあっという間。

長野 目まぐるしく状況が変わっていったから、時の流れが早く感じたのかもしれないね。

──この1年は、いかがでしたか。

武藤 車の免許を取りました! あまり外出はできないんですけど、運転できるようになって、遠いと思っていた場所が意外と近くてびっくりしてます(笑)。

画像9

──吉澤さんはドラマ『FAKE MOTION - たったひとつの願い -』(日本テレビ)で、準主役のようなご活躍でしたよね。

杢代 ほぼ主役だったよね!

この続きをみるには

この続き: 2,182文字 / 画像52枚

原因は自分にある。新曲「以呂波」と激動の1年を7人で振り返る(写真61枚)

QJWeb(クイック・ジャパン ウェブ)

300円

雑誌『クイック・ジャパン』のウェブメディア。お笑い、音楽、映画、演劇、マンガ、アイドル、本、ラジオなどなど...オリジナル記事を毎日お届け。 https://qjweb.jp/ 公式LINEオープン!厳選したおすすめ記事をお送りします→http://lin.ee/BKZuAgk