見出し画像

【キマワリxレシラム】決めろ、サンフラワーイエローオーバードライブ!【ポケカ】

また最強のデッキを組んでしまいました。
ご無沙汰してます。星乃々々です。

最近ファミリーマートさんで発売している
「ごま油香る!ネギ塩コンビーフ丼」が美味すぎて毎日食べています。
外食ができない昨今、美味いコンビニ飯に飢えているのでオススメがあれば教えてください。
コンビニに行くとついでに連撃マスターを1パックだけ買ってしまうのを辞めたい。

今回のテーマは「キマワリxレシラム」ということで、
勘のいい方はお察しかもしれませんがポケカ版厨ポケ狩り講座でございます。

レベルボール対応で面白いカードないかな〜と手元のカードを整理していたら、また強そうなカードに出会ってしまったので組みました。

そろそろ「あなぬけのヒモ」や「がくしゅうそうち」を使用したおもしろデッキを考えたいですが、レベルボールの魔力から抜け出せない。

さて、まずは恒例のカード紹介です。
今回は考察も含むためデッキリストは後ろに回します。

メインカード

画像1

『キマワリ』
○○ 「太陽神の威光(サンパワー)」
その光届くところ、空気無くとも炎は猛り木々は生い茂る。新たに生まれし命すらも、本能がその光に感謝する。
HP90 = レベルボール対応。
逃げエネ1 = Uターンボード対応。
無色2要求 = ツインエネルギー対応。
†最強†

画像2

『ヒマナッツ』
顔が腹立つ。
ちゃちゃまるに似てる。

今回はこのキマワリの技、サンパワーを使用して戦うデッキを組みます。
炎タイプと草タイプ。環境で言うと赤MMやレシリザ、モクナシなどが挙げられます。
いずれも溶接工やボルケニオン、ゴリラやチェリムといった優秀なエネ加速手段が存在するため、サンパワーを活かす上でこの辺りと差別化するのは必須となります。

キマワリと相性の良いメインアタッカー考察

相性の良いメインアタッカーの定義

1.エネ要求値が高い。
  高くなければ意味がない。
2.220点以上の火力が出る。(ポケモンVがワンパンできる。)
  サンパワーを使用する関係上、殴れるのは2ターンに1度。
  ワンパンできないと厳しい。

『リザードンVmax/リザードンV』
300点。高耐久。
ザマゼンタを越えづらい点と、1進化なので準備に時間がかかる点はブルー型にすることで解消できそう。進化前も220点出せるので優秀。
■ キマワリが技を打つ=キョダイゴクエンが打てるのは先行3ターン目以降であり、通常型のリザードンVmaxより遅い。
■ 高耐久であるが故に相手の攻撃を一回耐える可能性が高く、再度殴るためにはキマワリとスイッチを繰り返す必要がある。
■ 先2ターン目以降である=オルタージェネシス下である可能性が高い。キマワリ→エネのついてないリザードンVmaxを倒されてしまうだけでゲームが終わってしまう。
以上の理由から今回は不採用。

『レシラム&リザードン』
230点出るものの環境で230を出したい相手がいない。(ザマゼンタVは炎弱点のため)
キマワリと組ませることだけを考えるなら220点出せてサイド2要求のリザードンVのほうが使い勝手は良さそう。
どのみちボルケニオンの方が相性がいい。

『リザードン&テールナー』
シャイニーフレアは優秀だが、VmaxだけでなくV相手でも2パン要求となり、キマワリとスイッチしながら戦うのはなかなか厳しい。

『アメイジングレシラム』
技「真実を求む白き英雄の焔(アメイジングブレイズ)」を持ち、非ルールの種ポケモンでありながら270点という高火力を叩き出せる。
欠点はクソみたいなエネ要求。
自分に60点返ってくるので燃費も悪い。
つまりキマワリと組ませる上での欠点はゼロ。

画像3

ということで今回のアタッカーは「アメイジングレシラム」に決定しました。
残念ながら草タイプでメインを張れるようなポケモンは存在しなかった。

ではさっそく、レシラムを環境と比較していきましょう。

対デッキタイプで見るキマワリxレシラム

■ Vmax
 ┗270点で倒せない。全員炎弱点になれ。
■ V
 ┗速さで負けなければワンパンが可能。
■ GX
 ┗例外を除きワンパン可能。
■ 非ルール
 ┗キマワリを挟む関係上、サイドレースで勝てない。

おや…?
雲行きが怪しくなってきました。

対デッキ別に見るキマワリxレシラム

■ 連撃ウーラオス
 ┗変身前のプリキュアに攻撃するな。

■ 一撃ウーラオス
 ┗お願いだからヘルガーを使って勝手に60点削ってくれ。おいストーン闘を貼るな。

■ ムゲンダイナ(ドガスダイナ)
 ┗HP高いし早い。「1、2、…4体しかいないけどまぁいいかw ドレッドエンド120点でw」

■ ドラパルト
 ┗HP高いし早い。ヒマナッツをベンチ狙撃!?人の心がないのか…。

■ ザシアン系
 ┗早すぎ。先行を取るな。HxHのゴンがザシアン使ったら最強では?

■ 三神
 ┗10点足りない。オルタージェネシスGX「そろそろ狩るか…♠︎」

■ 赤MM
 ┗270でいてくれて…ありがとう‼︎ まさか溶接工手張りでヒマナッツ如きに後1ダブルブレイズGXを打たないですよね?

■ マッドパーティ
 ┗コスパの鬼。大手牛丼チェーン並み。

環境ほぼ全部キツイじゃん…。

どうやらレシラムだけでは環境デッキに勝てなさそうなことがわかりました。
せっかくなので、サンパワーの強襲性を活かして何体かサブアタッカーを採用しようと思います。

採用したサブアタッカー

サブアタッカーの定義

1.レシラムで勝てない相手に勝つプランが組める。
2.130〜程度の打点を持ち、非ルールに対してアタッカーの役割も果たせる。

画像4

『フシギバナ&ツタージャ』
GX技で全体に50ダメージを飛ばすことができる。
270+50で320ラインのVmaxに届くようになる。
マッドパーティ相手にホルビーを複数体しばくことが可能。
上技もなかなかの火力。

画像5

『コータスV』
希望の星。
ドラパルトやムゲンダイナといった手貼りがメインのデッキに対してエネ破壊を行うことで有利を取る。

画像6

『キュウコンV』
「きゅうびへんげ」のワンチャン性能に賭ける。
下技もそこそこの火力。
ゴン・・・お前だったのか・・・。

サンパワーを活かして有利なポケモンを押し付けるサンパワーバレット
ちょっとだけいけそうな気がしてきました。
それではこの子達を軸にデッキを組んでいきましょう。

デッキリスト

画像7

その他カードの紹介

『コロトック』『ワタシラガ』
草タイプのシステムポケモンはサンパワーの恩恵も受けるため相性がいいです。
まいあがるはまだしもシザークロスはほぼ打つことない。

『ボスの指令』『あなぬけのヒモ』
相手のアタッカーと殴り合わないといけないなんて誰が決めたんだ。

『Uターンボード』
キマワリに貼って生きて帰ってくることを祈ります。
キマワリがスイッチできる状態にあることがこのデッキの最重要ポイント。

『レベルボール』
冒頭でも話に出しましたが、キマワリをサーチできるのがとても偉い。

『オーロラエネルギー』
基本的にはフシギバナの特性を使う用です。あまり使うことはない。

立ち回り

基本的には先2でサンパワーを打ちたいので、先行を取ります。
殴り合える相手には積極的にレシラムを押し付けていって、殴り合いで勝てない相手にはコータスを使ったりボスを使ったりしてテンポを掴みます。
アタッカーを置いておくのも大事ですが、2体目のキマワリを早めに立てるようにしてガス欠を防ぎましょう。
フシギバナ&ツタージャは負け筋にも繋がるので極力使用時に展開したいです。いらない相手には出さないようにしましょう。
稀にツインエネルギーが余ることがありますが、逃げエネに使用できるのでレシラムにつけておくのが無難です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キマワリとレシラムをメインに据えながらも、コータスやキュウコンといった癖のあるアタッカーもバレット気味に使えてしまう楽しいデッキになったと思っています。勝てるかどうかは置いておいて。だいたいいい勝負はできます。
今後炎タイプや草タイプのアタッカーが出るたびに強化も期待できますね。
あなただけのサンパワーバレットをぜひ組んでみてください。

なにかご質問やご連絡があればTwitterまでお願いします。
それでは。

いつも心に太陽を!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
『ほしの のの』 げーむ ぷろぐらま やってます。 うたう と ぽけもん が すき 。きがる に ふぉろー して ください。 // Creators make people. Entertainers lead the world.