見出し画像

得意なことで社員を笑顔に。周南市のクリスマス。

山口県周南市にある就労継続支援施設よろこびでは、社内限定でクリスマスケーキを販売した。

従業員限定販売のクリスマスケーキ

担当する利用者はお菓子作りが得意だという。中でも、ケーキを作るのが一番得意。それを証明するかのようにテキパキと自分が主体となって作業を行った。
以前にも、お弁当事業でデザートのシフォンケーキやマカロンを作ってお昼の時間を彩ってくれた。社内でも評判で、午前中の疲れを癒してくれる。

社内限定販売のクリスマスケーキ

ケーキはスポンジから手作り

スポンジは事前に焼いておいたものを冷凍保存した。
スタッフと一緒に均等になるように切り分けた。

スポンジから手作り

スポンジにはシロップを浸み込ませ、最後まで甘味を感じられるようになっている。

シロップが浸み込んだケーキ

デコレーションの生クリームも牛乳や砂糖の配合を確認しながら作る。回転皿にのせ、ヘラで手際よく表面にクリームをつけていった。デコレーションのサンタクロースや箱も自分で選び、買ってきた。

生クリームを器用にデコレーション

完成したクリスマスケーキを社内に持っていくと、歓声が沸き起こった。

完成したクリスマスケーキ

就労継続支援施設とは?

障害者の方々がよりお仕事を長く続けられるように訓練する施設である。
就労継続支援施設は下記の2種類に分かれる

○就労継続支援A型
○就労継続支援B型

障害福祉サービスの内容 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

就業継続支援施設よろこび

2008年に特定非営利活動法人周南障害者・高齢者支援センターとして設立。その後よろこびの里等を経て、今の就労継続支援施設よろこびとなった。

よろこび - 株式会社カン喜|国産冷凍カキフライ|国産冷凍カキグラタン (buchi-uma.com)

仕事内容

・農業部門作物での弁当・惣菜製造、販売
・パートナー契約を結んだジェリーズポップコーン製造・販売
・道の駅ソレーネにてかきフライ等のテナント販売など

これからも周南市の福祉施設について伝えていきたい

今回は障害者の方々がお仕事を継続できるような支援サービスをしている施設の取材をした。
と言っても実は筆者が働いているグループ会社だ。
11歳の頃から周南市(旧徳山市)に住んでいたが、福祉施設に目を向けることはなかった。だからより県内や県外の人にこういった福祉施設があることを今一度目を向けていただきたいと考えた。
これが私が周南市市民ライターになった理由となった。
周南市の魅力は他にもたくさんあるんで、どんどん伝えていきたいと思っている。

周南市市民ライター2期生
ぷっちー

#この街が好き
#周南市
#周南市市民ライター
#就労継続支援施設よろこび

この記事が参加している募集

この街がすき

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?