ぴゅあナース@日々の出来事

横浜市の訪問看護ステーション 日々の出来事をみんなが勝手に呟きます

ぴゅあナース@日々の出来事

横浜市の訪問看護ステーション 日々の出来事をみんなが勝手に呟きます

    最近の記事

    認知症のご利用者様への介入事例

    スキ
    1
      • 会社の理念

        今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 皆さんの会社には理念ってありますか? また、あったとして、従業員に浸透していますか? ステーションの理念が強みにつながり、 従業員のモチベーションに繋がったら 最強になれるような気がします。 このステーションだから働きたい そんな風に思える理念 ね?最強だと思いませんか?

        スキ
        2
        • 自宅で最期を

          今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 訪問看護ステーションには 「自宅で最期を迎えるために看護師さんに来てほしい」 というご要望も寄せられます。 無理な延命治療をせず、でも痛みだけは取り除いてほしい そんなご利用者様に寄り添って ご家族のご希望や、想いに寄り添って 最期の時まで自分らしく過ごせるようお手伝いするのです

          スキ
          3
          • 特技

            今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 ご利用者様には、色々な特技をお持ちの方がいらっしゃいます。 昔、本を出版したことがある 元料理人 切り絵が得意 裁縫、編み物が得意 等々 得意分野の話は皆さん嬉しそうに多弁になります。 そこから信頼関係が生まれることもあります。 在宅では、信頼関係を築くことが 良いケアを行うことに直結する場合も多く その方の生活背景を知り、共感することが重要になります。 痒い所に手が届く看護を目指して 細

            スキ
            1
            • 訪問看護のルール

              今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 訪問看護は介護保険や医療保険を使ったサービス 法改正などで、料金が変わったり、できることが変わります 今年の法改正で大きく変わったポイントは3つ ・看護師の利用料が微増 ・療法士の利用料が大幅に減算 ・退院日の訪問ができるようになりました 早速、退院日の訪問依頼がありました。 必要なサービスを必要な人に届けたい。 そう思うのです。

              スキ
              5
              • また来てね

                今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 訪問看護は、自宅で医療ケアの必要なご利用者様のもとに伺い 必要なケアを提供するサービスです。 多くの場合は、曜日と時間を決めて訪問し、 サービスを提供しています。 ぴゅあでは、1日5件の訪問をします。 毎週、1時間のケアにお付き合いいただくので、 色々なお話を聴く時間もたっぷりあります。 趣味のことや、若い時のこと。 ときには、時間が過ぎてもおしゃべりが止まらない、なんてこともあります そんな訪

                • サービスの使い分け

                  今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 ぴゅあは、訪問看護ステーション 看護師や療法士が、自宅で療養中のご利用者様にケアを提供する事業です 他にも在宅サービスは数多く存在しており ・ヘルパー ・訪問入浴 ・往診医 ・訪問歯科 ・訪問マッサージ 等々… ご自分が何をしてほしいのか、 何に困っているのかで、どんなサービスが最適かを選べます。 ケアマネジャーさんや、病院のソーシャルワーカー 地域包括支援センターなどで相談に乗ってくれま

                  • 環境整備

                    今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 訪問看護は、療養生活を送るご利用者様のもとへ 看護師や療法士が訪問し、医療ケアを提供するもの 服薬管理や、カテーテル管理、 様々な医療行為を行うのですが、 なかには、足の踏み場がないくらい 雑多なものに囲まれて生活しているご利用者様もいます そんな時は、ケアマネジャー様と相談して、 ヘルパーさんにお願いしたり、 役所と相談して部屋をきれいに保つためのサービスを導入します 生活習慣として雑多な部屋

                    • マスクにグローブ

                      今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 なかなか落ち着かないコロナ禍ですが、 訪問看護は自粛できません ご利用者様の生活に直結する医療サービス 感染対策を十分にしたうえで 毎日、定時にご利用者様のお宅に行きます。 手洗い、うがい、マスク、フェイスシールド 必要に応じて、使い捨てエプロンを着用します 自分が移らないために 自分が移さないために 出来ることを当たり前にやる 医療職としての責務です。

                      スキ
                      1
                      • 普通に暮らす

                        今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 「普通に暮らしたい」 そういって、自宅での生活を希望されたご利用者様 「普通」って何だろう? 好きなものを食べること 好きな時に出かけて、好きな時に眠る 好きな人と笑って、自分らしく生きる 簡単なことのようですが、 病気によって「普通」が難しい人たちがいることも現実 私たちは、そんな「普通の暮らし」を支えるために ご利用者様のお宅に訪問してサポートをするのです。 今日も、明日も、 「普通の暮

                        • 責任感

                          今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 私たち訪問看護ステーションは、 毎日、ご利用者様のもとへ伺いケアを行います。 コロナ禍からもうすぐ1年、 新しいステーションの運営方法で 集団感染や、相互感染の回避に向けて 徹底していることがあります。 ・集団で集まることを禁止 ・ミーティングはzoom ・事務所の窓は開けっぱなし ・定期的な消毒 ・公共交通機関を使わず、社用車を利用する もちろん うがい、手洗い、マスク、 そしてご利用

                          • お風呂に入りたい

                            今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 訪問看護は、 自宅で療養するご利用者様のもとに伺い 療養上のサポートをする仕事です。 病院とは違い、生活することがメインなので、 ご利用者様本人の希望や意向を大切にします。 この度、ご依頼を受けたご利用者様の希望は 「自宅でゆっくりお風呂に入りたい」というもの 病院では、身体を拭くだけでお風呂に入れなかった。 湯船につかりたい、とおっしゃるのです。 心臓疾患があっても、血圧が高くても、 看護師

                            • 明けましておめでとうございます。

                              2021年の仕事が始まりました。 利用者様の生活に「休み」はないから、 24時間体制で年末年始も活動はしていましたが、 改めて、今年の始まりです。 新たな年を躍進の年として 皆様のお役に立てるよう精進してまいります。

                              • 出来ることを考える

                                今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 私たち、訪問看護を利用されるのは、 日常生活に医療ケアが必要な方々。 様々な理由で、日常生活に不便を感じています。 その不便なことを、少しでも解決するために 在宅サービスを活用して生活しているのです。 とはいっても、訪問看護サービスも万能ではありません。 時間に制約があったり、サービス内容も主治医の指示書のもとで提供されます。 だからこそ、 ケアマネジャー様や、ヘルパーの方、訪問入浴やデイサービス

                                スキ
                                1
                                • 乾燥注意

                                  今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです 月並みですが、 空気が乾燥してきました 寝ている間にのどが痛くなったりしませんか? 静電気に悩まされていませんか? 湿度計がある場合、40~60%になるようにコントロールしてみてください 加湿器を使えるのであれば、ぜひ加湿してください。 加湿器がない場合、洗濯物を室内に干せば それが加湿に繋がります。 こまめに水分補給も忘れずに

                                  • アレルギー

                                    今日も元気に活動中 ぴゅあナースリハビリステーションです。 だんだん肌寒くなってきました。 乾燥と、寒さの季節が近づいてきています。 アレルギー体質の方は寒暖差や乾燥が大敵 加湿器や保湿クリームなどを上手に使って 肌を守ってほしいと思います。 自己管理が難しい高齢者の方には、 看護師が皮膚ケアを行うことも可能です。 お悩みの場合、お近くの訪問看護ステーションに 相談するのもいいかもしれませんね。