【The Individualist 第3号】高齢者は憎いか/グローバル化時代の生存戦略/タカシを目指せ?


シンガポール最強ナンパ師×PuANDAのマガジンThe Individualist第3号。

前回の対談の続きで、ついてに完結編です。

相変わらずナンパの話は一切していません。(笑)


■高齢者は憎いか?

パンダ「次のテーマは、「65歳以上に敵意があるか」。

シンガ「これ、どう思います? 65歳以上のやつ。むかつかないですか。

パンダ「総体で見るとね、悪に見えますけどね。シンガさんはどう思うんですか。言ってください、言いたいこと。

シンガ「できるかどうか分からないですけど、最終的にこいつら全部、転覆させたいんですよ。

パンダ「なにかされたんですか?(笑) 両親とか、65歳くらいじゃないんですか。

シンガ「親とかまさにドンピシャなんですけど。でも、相対的に見て65歳以上のやつが得する仕組みになり過ぎている。

パンダ「なり過ぎていますね。それはそうです。

シンガ「これは誰に聞いてもみんなそう言うし、例えば知人の社労士が言っていたのは、この国は65歳以上に金が集まる仕組みにがっつりなっていると。

この続きをみるには

この続き: 6,074文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

シンガポール最強ナンパ師とPuANDAによる、資本主義社会を生き抜くためのマガジン。

または、記事単体で購入する

【The Individualist 第3号】高齢者は憎いか/グローバル化時代の生存戦略/タカシを目指せ?

PuANDA

990円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!これからもいい記事をかけるように頑張ります!
5
子供の頃から裏技を探すのが好きです。ナンパに思われないナンパ「ステナン」と、サラリーマンだからできる副業について/「週刊 恋愛サロン」編集長|日々のフィールドワークを通じて、日本の恋愛・婚活市場の調査を行っています。https://twitter.com/shoichirosm

こちらでもピックアップされています

The Individualist
The Individualist
  • 4本
  • ¥1,990

シンガポール最強ナンパ師とPuANDAによる、資本主義社会を生き抜くためのマガジン。

コメント (1)
面白い
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。