見出し画像

大上勝行 経絡治療セミナー 2023 in Los Angeles(英語通訳/講義アーカイブあり)

NISHIZUKA LABO


皆様へ

やっとライブ(対面)でセミナーができそうです。

オンラインも含めた過去五回の講義では、経絡治療の総論から各基本証について解説しました。

仕切り直しとなった第六回は、臨床編初回として、診断についてやりたいと思います。今まで学んだ基礎的な知識をもとに、どのように臨床を組み立てていくかを解説いたします。

実技はモデルを使って、実際にどのように情報収集して、それらを解析するかを実演いたします。その際には、希望者にベッドサイドに立っていただき、脈診や腹診を指導いたします。

このたびの感染症騒ぎで、今まで当たり前にできていたセミナーや臨床が、ままならないこともあることを学びました。ひとつひとつの機会を大切にしたいと思っています。

大上勝行


詳細はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。