見出し画像

【「景岳全書」婦人科を読む】3.婦人規下 3-1.産育類 産要三十五(本文①)

【本文①】

凡孕婦臨月, 忽然腹痛, 或作或止, 或一二日, 或三五日, 胎水少来, 但腹痛不密者, 名曰弄胎, 非当産也。 又有一月前, 或半月前, 忽然腹痛如欲産而不産者, 名曰試月, 亦非産也。 凡此腹痛, 無論胎水来與不来, 俱不妨事, 但当寬心候時可也。 若果欲生, 則痛極連腰, 乃将産也。 蓋腎繫於腰, 胞繫於腎故耳。 又試捏産母手中指本節, 跳動即当産也。 此時児逼産門, 穀道挺迸, 水血俱下, 方可坐草試湯, 瓜熟蒂懸, 此乃正産之候也。

この続きをみるには

この続き: 1,165文字

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。