三焦の蔵象.002

【経絡治療の蔵象学】Pt.4 三焦の蔵象 1/4

1. はじめに

 「三焦」は非常に難解な概念で、普通に古典を読んでも分かりにくく、何となくは分かるんだけど、はっきりしない物の1つだと思います。何故分かりにくいのかというと、この「三焦」という概念を腑に落ちるように理解するには、東洋医学の様々な思想、思考が分かっている必要があるからです。今回は、東洋思想についても少し触れながら、東洋的な物の見方、考え方を総動員して「三焦」を解説します。

 「三焦」という概念は、もっとも東洋医学らしい概念であり、非常にすばらしい考え方です。逆に、この「三焦」が理解できなければ東洋医学を本当の意味で理解することはできない、と言っても過言ではありません。少し難しいお話に聞こえるかもしれませんが、何度も読み返して繰り返し考えてみてください。

では、解説に入っていきます。

この続きをみるには

この続き: 1,864文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
「三焦の蔵象」解説に加え、経穴の使い方として、「液門」「外関」は取穴・手技を動画で詳しく解説しています。

「週刊にしずかラボ」で連載された、山口誓己先生の「経絡治療の蔵象学」を単元毎にまとめました。Part.4は、「三焦の蔵象」について詳しく解…

または、記事単体で購入する

【経絡治療の蔵象学】Pt.4 三焦の蔵象 1/4

NISHIZUKA LABO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

スキありがとうございます!
2
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com