小腸膀胱の蔵象.002

【経絡治療の蔵象学】Pt.7 小腸膀胱の蔵象 2/4

7. 小便の生理

7-1. はじめに

*湿邪の多い日本では滲泄させる治療が大切

 「小腸」「膀胱」は小便を出すことに深く関わっています。そして私たちは日本で生活して、日本で鍼灸をして、日本人を中心に治療するわけですから、この小便をいかにして出すかが非常に重要で、治療の中心になってきます。

 なぜなら「脾胃の蔵象」においてすでに解説しましたが、日本は島国なんですね。「東・西・南・北」の四方を海に囲まれているので、どの方面から吹く風も必ず海の湿気を含んでいます。さらに日本は山脈が連なり山々に囲まれた地形になっており、それが降雨した水の蒸発を妨げます。そのため非常に湿気が多く「湿」の絡んだ病証が非常に多くなっています。日本人の難病や慢性病のほとんどにこの「湿」が絡んでいます。

 したがって、この「湿」をいかにしてとっていくかが日本人のあらゆる病気を見る上で重要になってきます。「湿」の治療は滲泄させるのが基本です。滲泄の「滲」とは「染み出す」、つまり「微に発汗させなさい」「体の中の余分な水を少し発汗させなさい」ということです。「泄」っていうのは「小便で出しなさい」「体の中の余分な水は小便を中心に出すんですよ」ということです。「小腸」「膀胱」は小便を出すことに強く関与していますので、小便がどのように出ていくのかを以下説明していきたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 3,861文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
「小腸・膀胱の蔵象」に加え、「申脈」「後溪」の取穴・手技を動画で詳しく解説しています。

「週刊にしずかラボ」で連載された、山口誓己先生の「経絡治療の蔵象学」を単元毎にまとめました。Part.7は、「小腸・膀胱の蔵象」について詳…

または、記事単体で購入する

【経絡治療の蔵象学】Pt.7 小腸膀胱の蔵象 2/4

NISHIZUKA LABO

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
NISHIZUKA LABO

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

やったー!
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com